辛い”しもやけ”対策!手足が冷える原因と改善する方法

冬に起こる女性の苦悩「しもやけ」!!

じんじんとむずがゆく、時には痛みも伴う「しもやけ」。

我慢できずにイライラして、他の事に手が付かなくなったりしますよね。

冬の一時期だけとはいえ、とても苦痛です。

そんなしもやけですが、薬に頼る前に生活環境を変えたり自宅でセルフケアをする事で対策が出来るようなんです!!

それは助かる!

寒さもピークを迎え、しもやけが益々深刻化していく前に…。

自分の生活を見直して、しもやけとおさらばしましょう!!

ところで、しもやけ・・・って?

しもやけ

その前に…改めて考えるとしもやけって何でしょうか?

しもやけと言えば、”指先が冷えてかゆくなる。”というイメージ。

でも、詳しく聞かれるとよく分かりませんよね。

しもやけとは、本来「凍瘡(とうそう)」という凍傷の一つなんだそうです。

寒さで血行が悪くなり生じる炎症なんですよ。

皮膚が赤くなったり腫れたりして、症状は軽い物から重い物まで幅広くあります。

ひどい場合は水疱を作る事も…。

大人より子供の方が起こりやすく、男性より女性の方が起こりやすいのが特徴なんだそうです。

しもやけが起こる原因は?

しもやけは体質や遺伝も関係するそうです。

でも、一番の原因は「1日の気温差」と「皮膚表面の温度」になります。

最低気温が5℃前後で、昼夜の気温差が大きいと発症しやすくなります。

また、手袋や靴下が蒸れて手足周辺の湿度があがると皮膚表面の温度が下がる為、発症しやすくなります。

とにかく汗をかいたら素早く拭く。

濡れた手袋や靴下は早めに取りかえる。という事が大事ですね。

他にも、ヒールの高い靴や先が細い靴を長時間はいて指先の血行不良をまねくのもしもやけの原因になります。

しもやけの改善方法

自宅で出来るしもやけ対策をご紹介します!

しもやけを改善するには、指先端の”冷え”を解消するのがポイントです☆

ストレッチをする

冷えを感じた時にすぐできる改善方法です。

手足の力を抜いてブラブラさせたり、手足の指を意識的に動かしたりしてみましょう。

簡単に血行促進効果が得られます♪

ぬるめのお風呂に長く入る

ぬるめのお風呂に長く入る

入浴は冷えの解消に効果的な温熱効果があります。

さらに、水圧による血行やリンパの流れの促進、血行促進やリラックス効果も得る事が出来ます♪

38~40℃くらいのぬるめのお湯に浸かるのがポイントです☆

さらに末端の冷え性には、入浴中の足マッサージが有効。

第二の心臓と言われるふくらはぎや、冷えやすい足先や足裏はしっかりほぐしてあげましょう!

有酸素運動をする

有酸素運動をする

筋肉を使うと血行が促進されます。

日常的に体を動かす習慣をつけてみましょう。

有酸素運動に一番効果的なのはウォーキングですが、いきなり難しい…という人は階段を使う、1駅分歩いてみる、など。

軽い運動から始めると無理なく続けられますね。

体を温める食事

体を温める食べ物は、血行を促進する効果があります。

特に冷えを感じる時は冷たい物を摂らずに、温かい物か常温の物を選ぶようにしましょう。

体を内部から温めてくれる食材には「生姜、唐辛子、ココア」や、「にんじん、れんこん、ごぼう」などの根菜があります。

ただ、これらを過剰摂取しても意味がありません。

食事の栄養バランスも意識しながら摂取してくださいね。

足湯をする

足湯をする

根本の冷えを改善する為にも、お湯と冷水の交互につける足湯は効果的です。

足が入る2つの容器にお湯と水を入れ、お湯に2~5分程度、冷水に2~5分程度足を入れるのを5回ほど繰り返します。

最後は水につけて終了です。

足を温める事で血流を促し、足を冷やす事で体を温める機能が活性化されます。

新陳代謝も促進されますよ♪

深刻な場合は病院の受診を!

いかがですか?

自宅で簡単に出来るしもやけ対策をご紹介しました♪

しもやけはもちろん、体にも良い事ばかり☆

是非試してみてくださいね!!

ただ、どうしても症状が深刻な場合は医療機関で受診した方が良いかも!?

薬の処方以外にも、対策のアドバイスももらえるはずですよ。

スポンサードリンク