知っておけばご利益も増す!?初詣の常識やマナーを予習しよう!

初詣の常識を予習しよう!

年始の恒例行事といえば「初詣」ですね。

ですがどういった由来があって、どこに、どんな風に参拝するのかということを深く考えたことがない方が多いのではないでしょうか?

いざ行って、「ああ今年も下調べしてない!お礼は?手は鳴らして良いのか?」と焦りませんか?

そわそわしながら参拝の順番が回ってきてしまい、ろくにお願い事もしないまま終えてしまったなんて経験がおありの方も多いと思います。

今年は、今まで知らなかった初詣事情をしっかり予習して、自信をもって新年の幕開けをしましょう!

初詣の意味知ってる?

初詣の意味知ってる?

年の初めに初詣に向かう意味とは?

初詣には、一年のお願い事や昨年の感謝を神様に伝えに行くという意味があります。

昨年の感謝とありますが、昨年お願い事をした神社じゃなく、今年は違う神社に行きたいとうい方もいるでしょう。

でもそんな場合も大丈夫!

初詣は、昨年と同じ神社やお寺に行かなくてもOKなんです。

場所よりも神様に対する”感謝の心”が大事なのです。

初詣自体の意味

新年になって初めて神社やお寺に参拝することを「初詣」といいます。

この行為は、昔一家の長が新年を平穏に暮らせるように氏神様に祈祷したことが由来といわれています。

「詣」というのは「自分の意思で行く」という意味があるそうです。

自分の家族を守りたいという気持ちが”初詣”を生んだのかもしれませんね。

正しい参拝の方法

正しい参拝の方法

初詣は神社とお寺、どちらに参拝に行っても問題はありません。

ですがどちらに行くかでお参りするときの正しい参拝方法は異なってきますのでしっかり覚えてから参拝に向かいましょう。

神社での産廃方法

1 手水舎で身を清める

2 鈴を鳴らす

3 お賽銭を静かに入れる

4 神前に2回、深くお辞儀をする

5 右手を少し下げて拍手を2回する

6 祈願をする

7 1回、深くお辞儀をする

お寺での参拝方法

1 手水舎で身を清める

2 お線香を上げる

3 鈴を鳴らす

4 お賽銭を入れる

5 胸の前で静かに合掌する

6 祈願をする

7 1回、軽くお辞儀をする

神社は「二礼二拍手一礼」として知られますが、お寺では拍手はしてはいけません。

また、お寺に参拝する際には数珠を持っていくというのが基本です。

意外と正しい参拝方法を知らない場合もあるので、この機会にきちんと覚えておきましょうね。

ちょっと知りたい初詣に関するQ&A

喪中は初詣に行ったらダメ?

「喪中の人は行くべきではない」という風に耳にしたことがある方も多いと思います。

しかし必ずしも行ってはいけない訳ではないということをご存知でしょうか?

神社は死を「穢れ」だと考えるので、忌中に神社の鳥居をくぐることは避けるべきと言われています。

でも喪中の場合は鳥居をくぐってはいけないという考えはありません。

なので、喪中の場合神社への参拝はOKです。

また、お寺は死を穢れだとは考えません。

なので忌中であっても喪中であっても参拝に行くことはできます。

「喪中の人は初詣に行ってはいけない」ということはないので安心してお参りしてくださいね。

お賽銭はいくらにするべき?

お賽銭は「神様からいただいた幸福に感謝する気持ちを捧げるためのお供えもの」です。

なので、金額はいくらでも良いです。

しかし、縁起がいい金額というのもあるので、参考にしてみてください。

5円:ご縁がありますように

10円(5円2枚):重ね重ねご縁がありますように

15円:十分ご縁がありますように

20円:よいご縁がありますように

25円:二重にご縁がありますように

30円:調和のとれたご縁がありますように

35円:再三ご縁がありますように

40円:末広にご縁がありますように

45円:始終ご縁がありますように

50円:五重の縁がありますように

105円:十分にご縁がありますように

115円:いいご縁がありますように

1万円:1万円は「円万」ということから、「円満に通ず」という意味です。

鳥居をくぐるときにコートは脱べき?

鳥居にはくぐることで穢れを祓うという意味があります。

なので、本来はくぐるときは帽子やコートも脱ぎたいところです。

しかし、1月の寒さのなか脱がない人がほとんどです。

また、鳥居をくぐるときは左足から踏み出すのが作法です。

初詣はいつまでに行くべき?

現在の初詣のスタイルが定着したのは明治時代以降で、厳密に何日までに行かなければダメという決まりはありません。

実際に1月に参拝する人々の動向をみると、成人の日の連休や旧暦の正月(1月下旬)までに済ませるべきと考えている人が多い印象だそうです。

まとめ

初詣の常識やマナーについてまとめてみました。

初詣には毎年何となく向かっていたかもしれません。

しかし、の意味をきちんと理解することで、ご利益もまた変わってくるかもしれませんね。

冬の寒さに負けず、神様に1年を無事に過ごせた感謝を伝え、今年の豊富を誓いに神社へ足を運んでみましょう!

スポンサードリンク