生理不順を治す方法|自分の体調と向き合う事がカギ!

生理不順に悩んでいませんか?

女性の多くは生理不順(月経不順)に悩んだ事があるようです。

ですが、繊細な悩みなので病院に相談出来なかった…という人がほとんど。

生理についての悩みって…人に相談しにくいですもんね。

ここでは、生理不順になりやすい原因や生理不順を治す方法についてご紹介します!

悩んでいる方の参考になれば幸いです☆

生理不順を起こしやすい原因とは?

生理不順の原因としては様々な物が考えられます。

生理不順は体のSOSですから、しっかり原因をつきとめて対処したいですね。

1.ホルモンバランスの乱れ

脳の視床下部、脳下垂体、卵巣という3つの期間が関係しあってホルモンは分泌されています。

生理は女性ホルモンによってコントロールされていますから、上記のうちどれか一つにでもトラブルが発生すれば、すぐに生理に影響が出てしまいます。

2.ストレス

ストレス

「生理はストレスのバロメーター」を言われるほど、精神的なストレスがホルモン分泌に影響を与えるんです。

生理不順の根本的な原因は”ストレス”だと言っても過言では無いくらいなんですよ。

強いストレスを一時的に感じただけでも、周期が変わってしまう事もあるくらいです。

3.その他

無理なダイエットや食事制限、運動のし過ぎ、太りすぎ。

これらもホルモンバランスを崩す要因になる為、生理不順を招く恐れがあります。

生理不順を治す方法

生理不順の改善の為には、まずは自分と向き合う事が大事!!

月経のリズムを整える為の、5つのセルフケアをご紹介します☆

出来ていなかった箇所は早々に改善しましょう!

1.バランスの良い食事

1ヶ月に5kg体重が落ちると、月経がなくなるケースが増えます。

食事を抜いたり、一品だけを集中的に食べたり、特定の食材を避けたりするようなダイエットはやめて、きちんとバランスのとれた食事を心がけましょう。

なるべく、脂肪分の多い食材、味の濃いメニュー、間食などは控えるのが理想です。

2.適度な運動をする

太りすぎや運動不足の改善も必要です。

だからといって、運動のし過ぎも良くありません。

適度に健康的な運動を行いましょう。

手軽に始めるならジョギングやウォーキングがおすすめ。

一駅手前で降りて歩く、遠くのコンビニに歩いて買い物に行く、エレベーターを使わず階段を使う。

などなど、小さな積み重ねで運動量を増やして行きましょう。

3.良質な睡眠を心がける

良質な睡眠を心がける

十分な睡眠は、心と体の休養に必要不可欠です。

忙しくても睡眠時間は出来るだけ確保しましょう。

良質な睡眠をとるには「就寝3時間前には夕食を済ませる」「温かい飲み物で眠気を促す」ことが効果的。

また、最適な睡眠時間は7時間が目安だと言われています。

4.お風呂でリラックス

入浴はストレス解消にとっても効果的。

夏なら38℃、冬なら40℃前後のゆるめのお湯にゆっくり浸かりましょう。

副交感神経が優位になり、リラックスできます。

快眠も得やすくなるので、体にも心にも効果的なんですね。

5.基礎体温を計って周期を把握

月経の周期をきちんと把握しておくことも有効です。

基礎体温をグラフ化すると、変化がチェックしやすくなり、月経周期だけでなく排卵やホルモン分泌の異変にも早めに気づけます。

ちなみに、基礎体温は約2週間ごとに高温期と低温期を繰り返し、低温期の頃に月経がはじまります。

こういった自分の身体のリズムを知っておけば対処が早く出来るようになる…という事ですね!

心配な場合は婦人科健診を!!

心配な場合は婦人科健診

自宅で出来るセルフケア方法をご紹介しました。

けれど、どうしても不安…。

健康的な生活を心がけてもなかなか改善されない…。

そんな場合は勇気を出して婦人科健診を受診してみた方が良いでしょう。

もしかすると病気の可能性もあるかもしれません。

女性の身体は繊細ですから。

もう1度自分自身を見つめ直して大事に扱ってあげてくださいね。

スポンサードリンク