飲んで改善!冷え性が選ぶべき身体を温めるための飲み物とは?

その飲み物本当に体を温めてる?

「手足の先が冷たい」

「たくさん着込でも冷えがおさまらない」

そんなときに欲しくなるのが温かい飲み物ですよね。

体にじんわりと入っていく温かい感覚、マグカップから伝わる温かさ、特に寒い季節は何倍も飲みたくなってしまうものです。

でも、温かい飲み物なら何でも身体が温まるというわけではありません。

一見、体を温めるような飲み物が逆に体を冷やしてしまっているかもしれませんよ!

体を温めるもの、体を冷やすもの、それらを知ることが冷え性を解消する第一歩です!

体を芯から温めてくれる飲み物を紹介していきます。

知っておくと便利!体を温めるものと冷やすものの見分け方

体を温めるものと冷やすものの見分け方

どんなものが体を温め、何が体を冷やすのか、見分け方のコツを知っておくと便利です!

育ったのが地面の上か?地面の下か?

畑で育っている様子を想像してみてください。

・地上で育ったもの→体を冷やす

・地中で育ったもの→体を温める

例えば地上で育つキュウリやトマトは体を冷やす作用があります。

逆に土の中で育つじゃがいもやにんじんは体を温めてくれます。

産地は暑いところか?寒いところか?

国や地域、産地の気候によっても見分けることが出来るんです。

・暑い地域で育ったもの→体を冷やす

・寒い地域で育ったもの→体を温める

南国などの暑い地域の人々は自然と体の熱を下げてくれるものを摂り、逆に寒い国の人々は身体を温めてくれるようなものを摂ります。

理にかなった、人々の知恵です。

季節によって異なる旬の食べ物も季節に人の体が求めているものを補ってくれるものが多いです。

例えば、

・瑞々しい夏野菜は熱を下げる働きがある

・寒い季節に育つ根菜類は体を温める働きがある

というように、季節にあわせた効能を持ち合わせています。

旬のものはそのとき美味しいというだけでなく、人の体にとっても健康効果をもたらしてくれるということなんです。

発酵しているか?していないか?

味噌、納豆、などの発酵食品など製造の過程で発酵しているものには、体の代謝を高めてくれる酵素が多く含まれています。

体内で熱を効率的に生み出してくれますよ!

酸っぱいか?塩辛いか?

身体を温めるかどうかは、味で見分けることも出来ます。

・酸っぱいもの→体を冷やす

・塩辛いもの→体を温める

お酢など酸っぱいものや化学調味料は体を冷やし、逆に醤油、塩など塩辛いものは体を温めてくれる作用がます。

だからといって塩辛いものばかり食べては塩分過多になってしまいます。

適度に摂取することが大事です。

色は濃いか?薄いか?

色によっても見分けることが出来ますよ。

・寒色系のもの(白、緑、紫など)→体を冷やす

・暖色系のもの(赤、オレンジ、黄色など)→体を温める

分け方が、寒色、暖色とざっくりですが、このように分けると覚えやすいですよね。

寒色系のものならキュウリ、茄子、白砂糖などがあります。

暖色系のものならニンジン、お肉の赤身などでしょうか。

※トマトは赤くても体を冷やす野菜です。このような例外もあります。

体を芯からポカポカにしてくれる飲み物

前に紹介した体を温めるものを踏まえ、体を芯から温める飲み物を紹介していきます。

紅茶

茶葉に含まれるタンニンを酸化させ、酸化酵素を活発にさせたお茶を発酵茶と言います。

発酵させているお茶は体を温める作用がありますよ!

発酵茶の代表は紅茶です。

そのままのホットティーも良いですが、レモンティーやシナモンティーもおすすめです。

・レモンティー…レモンには新陳代謝を活発にさせる作用がありますよ。

・シナモンティー…シナモンには血液をサラサラにする効果や血管修復効果があります。

血管も血液そのものも良い状態に整えてくれたり、さらにはむくみの解消や抗酸化作用、リラックス効果まであるというから驚きですよね。

 

ウーロン茶

おなじみのウーロン茶も発酵したお茶です。

「脂肪の吸収を抑えてくれる」というイメージがありますが、それはウーロン茶に含まれるポリフェノールの作用によるものです。

冷え性ならもちろん、肥満予防したい人や中性脂肪が気になる人にもウーロン茶はおすすめです。

ホットウーロンにするとリラックス効果も同時に得られますよ。

 

プーアル茶

ウーロン茶と同様、中国茶のひとつであるプーアル茶も発酵茶です。

発酵度が高く、体への刺激が少ないお茶で、腸内環境を改善してくれる働きがあり、デトックス効果やダイエット効果が期待できます。

ほうじ茶

冷えも気になるけど、カフェイン量も気になる…という人は、カフェイン少な目のほうじ茶がおすすめめです。

番茶を強火で焙煎してできるほうじ茶は、焙煎による香りが豊かです。

冷え取り効果に加えて、ほうじ茶の香り成分には血行促進作用があるんですよ。

 

たんぽぽ茶

地中で育ったたんぽぽの根の部分を使っているたんぽぽ茶にも身体を温める効果があります。

ノンカフェインなので、妊婦さんや授乳中のママでも安心して飲めますよ。

 

ごぼう茶

食物繊維が豊富で、体を温める根菜である”ごぼう”。

そんなごぼうを含んだごぼう茶は、アンチエイジング効果や高血圧予防などの健康効果まで期待できます。

これもノンカフェインです。

 

しょうが湯

しょうがに含まれる成分が、発汗を促したり血行促進をしたり、冷え性改善の強い味方になってくれます。

また、風邪のひき始めにも効果があります。

シンプルに、お湯にすりおろしたしょうがを入れて飲んでみましょう♪

しょうがのメリットをダイレクトに体に取り入れることが出来ます。

紅茶にしょうがをプラスするのもおすすめです。

蜂蜜や黒糖などで甘さをプラスすると飲みやすくなりますよ。

生のしょうがを使うのが一番ですが、使いやすいジンジャーパウダーなんかもおすすめです。

 

ホットココア

ココアには、食物繊維、ポリフェノール、ミネラルが豊富に含まれていて、最近はしょうがと並んで冷え性改善に効果的な飲み物と注目されています。

ココアは、ゆっくりと上昇した体温が長時間続くので冷えにくいのです。

ホットドリンクを飲んでも、すぐ冷えを感じてしまう…という人はホットココアを選ぶと良いですね。

 

まとめ

身体を温める飲み物をピックアップしてみました。

案外、身近な飲み物が多く取り入れやすいですよね!

体調面でも美容面に関しても、冷えは避けたいポイントです。

ご紹介したドリンクで、これからの寒い季節、体の中からポカポカにして、冷えを寄せ付けない体にしてきたいものですね!

スポンサードリンク