ほうじ茶ってどんなお茶?意外と知らない緑茶との違いや効能について

話題の「ほうじ茶」ってどんなお茶?

食事の時など、何気なく飲んでいる日本茶。

ペットボトル入りで販売してあるので、気軽に飲める飲み物でもありますよね。

ひとくちに日本茶と言っても、その種類は様々です。

日本茶でよく飲まれる代表格は、緑茶、ほうじ茶あたりでしょうか。

でも、ほうじ茶と緑茶、実は一体何が違うのか知っていますか?

最近、「ほうじ茶」を使ったドリンクやスイーツを見かけるようになってきて、ほうじ茶

について気になっている人も多いのではないでしょうか?

今回は、緑茶とほうじ茶の違いや効能についてご紹介します。

ほうじ茶と緑茶の違いは?

ほうじ茶と緑茶の違いは?

製造工程が違う

緑茶とほうじ茶の製造工程には、違いがあります。

簡単に言うと、

緑茶…茶葉を「蒸す」「揉む」「乾燥させる」

ほうじ茶…茶葉を「蒸す」「揉む」「乾燥させる」「焙(ほう)じる」

ほうじ茶には、緑茶の工程の後に焙煎する工程があります。

つまり、“緑茶”を高温で焙煎したものが“ほうじ茶”です。

この工程でほうじ茶特有の香りが生まれます。

成分が違う

緑茶とほうじ茶では、含まれている成分にも違いがあります。

緑茶にはお茶の代表的な成分であるカフェイン、タンニン(カテキン)が豊富に含まれます。

ほうじ茶には、これらの成分の含有量が緑茶に比べると少なく、うまみ成分のテアニン、リラックス効果が期待できるピラジン等が含まれています。

味や香りが違う

緑茶は、独特の渋みと程よい苦み、そして爽やかな香りが特徴的です。

これは、渋みのもととなるタンニン(カテキン)、苦みのもととなるカフェインが緑茶には豊富に含まれているため、緑茶の独特な味わいが生まれます。

その点ほうじ茶は、渋みや苦みが少なく、すっきりとした味わいで香ばしい香りが特徴的です。

タンニン(カテキン)、カフェインの含有量が少ないほうじ茶は、渋みや苦みが抑えられ、さらに高温で焙煎する製造工程を踏むことで香ばしい香りが生まれている、ということですね

緑茶とほうじ茶の効果やメリットとデメリット

緑茶のメリットとデメリット

≪メリット≫

・ダイエット効果が期待できる

脂肪の吸収を抑えるタンニン、脂肪燃焼をサポートするカフェインが多く含まれるためダイエット効果が期待できます。

・虫歯、口臭、風邪の予防

抗菌・消臭作用のある緑茶は虫歯予防や、口臭予防の効果もあります。

風邪やインフルエンザの予防として、緑茶を飲む以外にも、水の代わりに緑茶で「うがい」をしてもその効果が期待ます。

風邪やインフルエンザが流行する時期、暖房が効きすぎた場所で仕事をしていると、のどが乾燥します。

そんな時の水分補給として緑茶を飲むと、のどを潤してくれるだけでなく、風邪菌の増殖を防ぐ効果も期待できます。

更に、合間に緑茶で「うがい」をすれば風邪・インフルエンザの予防はバッチリですね。

緑茶をマイボトルに入れて持ち歩くと、節約にもなっていいですよ!

 

≪デメリット≫

・カフェインの副作用

カフェインには覚醒作用があるため、中枢神経が刺激され、寝つきが悪くなったり、眠りの質が下がったりと不眠を引き起こしてしまう可能性があります。

妊娠中の方のカフェイン摂取は、胎児へ悪影響を及ぼす可能性もあるようなので、特に注意が必要です。

・脱水症状を引き起こす可能性も

緑茶を飲みすぎた場合、カフェインの利尿作用によって体内の水分が失われます。

水分を摂取しているにも関わらず脱水症状になる可能性もあるので飲みすぎには注意です。

・貧血を引き起こす可能性

緑茶を飲みすぎた場合、カフェインやカテキンの過剰摂取によって鉄分の吸収が抑制され、貧血になる可能性があります。

ほうじ茶のメリットとデメリット

≪メリット≫

・リラックス効果が期待できる
ほうじ茶には、血流をよくし、さらにリラックス効果も期待できる“ピラジン”という香り成分が豊富に含まれています。

茶葉を焙煎するときの熱によってピラジンは増えるので、より多くのピラジンがほうじ茶には含まれているんです。

さらに、ほうじ茶に含まれる“テアニン”といううまみ成分は、人間がリラックスしている状態の時に脳が分泌する「α波」を増やす効果があるとも言われています。

ホッと一息つきたいときにはピッタリな飲み物なんです。

・緑茶よりもカフェインが少ない

緑茶よりもカフェインが少ない為、特に、妊娠中の方は、胎児への影響を考えて、ほうじ茶を選んで飲まれるようです。

≪デメリット≫

・少ないとはいえカフェインが含まれる

緑茶に比べるとカフェインが少ないことは事実です。

少しといえども、ほうじ茶にカフェインが含まれていることは事実です。

なので、飲みすぎるとカフェインの副作用が出てくることもあります。

ほうじちゃのおすすめの飲み方

朝に一杯

ほうじ茶は飲みたいときに飲んでいいのですが、健康的な効果を期待するのなら朝に飲むのがおすすめです。

寝起きのぼんやりしている体を、程よいカフェインが目覚めさせてくれます。

口内もすっきりするので、出かける前のエチケットにもおすすめです。

寝る前に一杯

身体を温めたりリラックス効果をいかしたいなら、寝る前の一杯がおすすめです。

緑茶はカフェインが含まれるので目が覚めてしまいますが、ほうじ茶はカフェイン含有量が少ないため、寝る前でも大丈夫です。

心地よい香りのリラックス効果もあるので、優しい眠りへ導いてくれます。

ティーパックタイプだと手軽に飲めるのでおすすめですよ。

 

まとめ

ほうじ茶と緑茶の違いについてまとめてみましたがいかがでしたか?

身近なようで意外と知らないほうじ茶や緑茶のこと。

今回のことで更に身近に感じてもらえたでしょうか。

違いや効果を知ったうえで飲むと、日本茶ライフももっと楽しくなりそうですね♪

スポンサードリンク