最近だるいし疲れやすい…そんな体の不調を招いている原因とは?

最近「疲れがとれない」と悩んでいませんか?

最近だるくて疲れやすい…そんな症状ありませんか?

歳のせいかなぁ?なんて軽く流しがちですが、もしかすると大きな原因が眠っているかもしれないんです。

体の不調は心身両方に大きな負荷を与えます。

まず、仕事のヤル気が起きません。

日常でも色んな事が面倒くさくなって、生活に支障をきたす恐れがあります。

快適で清々しい毎日を送る為にも、「なぜ疲れるのか?」原因を探る必要がありますね!!

病気の可能性は??

病気の可能性は??

一番多い原因は「貧血」

疲れやすさの原因が病気であった場合。

一番多い原因は「貧血」だと言われています。

若い女性に多いと思われがちな貧血ですが、中高年の男性だって患っている可能性があるんです。

むしろ「自分は大丈夫」だと思って、男性の方が見落としているケースが多いそうですよ。

貧血のほとんどが「鉄欠乏性貧血」だと言われています。

鉄欠乏性貧血とは、名前のとおり血液中の鉄分が不足して起こる貧血の事です。

赤血球にあるヘモグロビンは酸素を体の隅々まで運ぶ働きをしていますが、このヘモグロビンが出来る時に鉄分が必要になります。

その鉄分が不足してしまった場合、ヘモグロビンの生成が上手く行かなくなり減少してしまい、結果赤血球そのものが小さくなってしまいます。

それによって、体内への酸素供給量が減り、だるさや疲れやすいという症状が起こるようになるんです。

他にも動悸・息切れや、頭を重く感じたり、胸の痛みをおぼえたりする事もある貧血。

気になる場合は貧血の検査を受けてみると良いですね。

貧血に悩んでいる女性必見です!改善対策にピッタリな食べ物特集☆

その他の原因

貧血の他に考えられる原因は下記の通りです!

発熱、糖尿病、肝障害、心不全、腎障害、甲状腺などがあります。

病気を伴った疲れやだるさは、体が出しているSOSなんですね。

発熱であれば対策のしようもあるのですが、他の病気の場合は自分で見つけ出す事自体が困難になります。

健康診断を受けたり、自分の症状に向き合って気になる部分を検査したりして早期発見を心がけましょう!

病気でなければ「自律神経失調症」の可能性が高い!

病気でなければ「自律神経失調症」の可能性が高い!

自律神経は疲れていませんか?

疲れやダルさが病気からくるものでは無い場合、それは自律神経の疲れが原因かもしれません。

運動した後って疲れますよね。

これって筋肉や内臓系の疲労が原因だと思いがちですが、実は影響は少ないんです。

運動中の呼吸、心拍、血圧、体温など身体の安定性を保とうと調整を行っている自律神経中枢の疲労が主な原因でした。

よほどの筋肉を傷めつけるようなトレーニングを除けば、私達の日常生活での過労は自律神経の疲労が原因だと思って間違いありません。

このように肉体的な疲労はもちろん、精神的な疲労も自律神経を疲弊させます。

会議や営業、商談などの緊張感がある仕事。

人間関係により抱えるストレス。

こういった精神的疲労によっても、自律神経の乱れが起こってしまうんです。

自律神経が乱れるとどうなる?

自律神経が乱れ、疲労がたまると体のだるさや疲れが激しくなります。

また、自律神経が正常でないと睡眠のリズムが作れなくなり、自律神経を回復できずにどんどん疲労がたまる悪循環に陥ります。

さらに最悪な場合、疲れがたまりすぎると血圧が上がって脳卒中を起こしたり、心拍のコントロールを失って心筋梗塞のリスクが高まってしまいます。

これらが”過労死”を招く原因なんですね。

さらにさらに、身体を安定出来ない、頭が重くなる、ろれつが回らない、音が聞き取りづらいなどの症状が現れる可能性も出てきます。

自律神経が乱れるという事は想像以上に恐ろしい事なんです!!

疲労を軽減させるには??

自律神経失調症による疲労を軽減させるには、自律神経を整えてあげる事が大切です。

・疲れた時は20分ほど仮眠する
・自分が好きなことをして気晴らしをする
・安心できる環境で一人になる時間をつくる
・寝る1時間前はスマホを見ない
・寝る時は暗くして良質な睡眠をとる
・お風呂は15分以上浸からない
・過ごしやすい快適な室温調整をする

などなど!

自分にとって心地の良い時間や空間づくりをしてあげる事が重要ですね☆

軽く考えず、きちんと向き合おう!

軽く考えず、きちんと向き合おう!

冒頭でも書きましたが、私達は「年齢のせいで…」と、疲れに対して諦めがち!

あきらめずに「なぜ、疲れやすくなったのか?」ときちんと向き合う事が大切ですね。

疲れやだるさを軽減させる方法が見つかるかもしれないし、病気の早期発見につながるかもしれません。

「疲れた!」と体が発しているSOSをしっかり受け止めて対策してあげましょう!!!

スポンサードリンク