備えが命を救う!台風が来る前に、家庭でやっておきたいこと

あなたの家庭は台風対策出来ていますか?

8月から9月にかけて、日本列島に接近し、時には大きな被害をもたらす台風。

今年は特に発生数が多くなるという予想もされています。

昨今の異常気象を考えると、発生個数や上陸個数もそうですが、1つ1つの大きさや被害についても悩まされるようになりました。

自然災害は避けて通ることはできません。

だからこそ、日頃から十分に対策をしてもしもの時に備えておきたいですよね。

台風が来る前に家庭で備えておきたいこと

台風の対策や備えといっても、実際どんな風に準備しておくべきなのか判断が難しいところですよね。

そこで、台風の被害を最小限に抑える為、家庭でできる対策をご紹介したいと思います。

雨戸のがたつきをチェック!

台風が背金すると、広範囲で強風や暴風による被害が発生します。

特に早めに対策をしたいのが”雨戸のがたつきのチェック”です。

チェックを怠ってしまうと、肝心な時に雨戸が閉められずパニック!なんてことにもなりかねません。

雨戸は、暴風で飛んできた物で窓が破損するのを防ぐ大事なアイテムです。

メンテナンスを怠らず、常に使用できる状態にしておくと安心です。

また、雨戸のない窓は、物が飛んできて破損する恐れがあるため、フィルムなどを貼って中から補強しておく対策をとりましょう。

 

ベランダや家の外回りをチェック!

雨戸のチェックと同時に忘れずしておきたいのが家の外回りの安全対策です。

庭やベランダ、窓の周囲にある植木鉢、物干し竿などを外に出したままにしておくと、強風に飛ばされる恐れがありとても危険です。

不要な物は風の影響を受けない場所へと移動させておくなどの対策が必要です。

風雨が強まってくると屋外での作業は危険なので、台風が接近する前に、家の周りをきっちり片付けましょう。

非常食や防災用品の準備をチェック!

台風の被害によって、一時的に自宅で孤立してしまう場合があります。

また、そこまで被害が大きくなくても、断水や停電などでライフラインが一時的に寸断され家から出られないことがあります。

そんな時のために、非常用の水や食料、懐中電灯、ろうそく等の灯りを日頃から袋などにまとめて準備しておく対策がとても重要になります。

最近は、防災用のセットが販売してありますよね。

災害時に必要なものが厳選されてセットにしてあるので、1セット思っておくと便利ですね。

 

車の安全対策を!

台風時、家と同様に気にかかるのが車の事ですよね。

特に、車を屋外に駐車している方は、洪水の他、風の対策も重要になってきます。

できれば屋内の駐車場や貸しガレージなどに一時的に車を避難させるのが、危険を回避するのに最も有効な対策となります。

車を避難させる場合は、水没の可能性のある地下の駐車場は避けたほうが無難です。

そして、万一、台風の強風で車の窓ガラスが破損したり、洪水にあって水没し、廃車になってしまった場合のために、、車両保険に入っておく対策を取ると保険が適用されます。

浸水しないように土嚢(どのう)を準備しておく

玄関や窓から水が入ってこないように土嚢を準備しておくと便利です。

ただし、通常の土嚢だと中に土が入っているため、重く大きいことから移動させるのも保管するのも大変です。

最近では水に浸けるだけで袋の中の吸水ポリマーが膨らんで「土嚢替わり」になる防災グッズも販売されています。

袋なので、使わないときには折りたたんで収納できるので保管するのにも場所を取らず、便利です。

 

まとめ

台風時の備えについてまとめてみましたがいかがでしたか?

台風の被害を回避するため、対策しておくべきことは沢山ありますよね。

だけど、なんといっても一番大切なのは自分の命です!

ここ数年、自然災害での被害はすごく大きくなっています。

犠牲になる方も後を絶ちませんので、自分だけは大丈夫なんて高をくくらず、危機意識を持って対策や行動する事が大切です。

スポンサードリンク