日差しが和らいでも油断禁物!紫外線対策は秋こそ念入りにすべき理由

秋でも油断禁物!秋こそケアは念入りに!

暑さのピークが過ぎ、随分過ごしやすい日が続くようになってきましたね。

陽気も良くなるので楽しみな行楽シーズンが始まります!

でも待ってください!

お出かけが増える9月から10月にかけて、お肌にとって油断しているとあとで後悔する時期です!

日差しが和らいだとはいえ、紫外線対策はとっても大事なんですよ。

夏を過ぎた今の時期が、実は一番ダメージを受けやすいんです。

では夏とは違い、秋はどんな肌ケアをしなくてはいけないのでしょうか?

秋こそ念入りに紫外線対策をすべき理由

秋こそ念入りに紫外線対策をすべき理由

UV-Aの積算量は夏よりも、夏以外のほうが多い

肌のハリ低下やシワの原因になるとも言われているUV-Aの積算量を合計すると、夏(5-8月)に比べて秋から春(9-4月)の方が多いというデータがあるそうです

それはつまり、夏の間だけ日焼け止めを塗っていても、秋から春にかけて塗っていなければ、日焼けをしてしまうことになります。

秋になっても、紫外線量を甘く見ずに日々のUV対策を当たり前に行うことが必要です。

秋の日差しは“顔”を狙っている

秋は夏よりも太陽の位置が傾いているので、日差しが夏のように真上からではなく斜め上から降り注ぎます。

なので、日傘や帽子を使っていても顔への日差しはカバーできていないことも多いのです。

ちょっとしたお出かけに使えるBBクリームや化粧下地タイプのものなど、“顔用”の日焼け止めを毎朝のスキンケア~メイクのステップに組み込みましょう。

日焼けが乾燥に拍車をかける

秋から冬にかけて特に注意したいのは、お肌の乾燥ですよね。

湿気が少なくなって乾燥が気になり始める秋に紫外線を浴びることで、さらに乾燥が進んでしまうこともあります。

紫外線を浴びると約3倍も乾燥しやすくなるというデータもあるそうですよ。

秋の日焼け対策におすすめの日焼け止め

秋の紫外線対策に使いたい日焼け止めのポイントは以下の3点です。

・スキンケアやメイクの一部として使える

・保湿効果がある

・毎日使える軽さ

おすすめの日焼け止めクリームをご紹介します。

ビオレ さらさらUV アクアリッチBBエッセンス SPF50+

SPF50+/PA++++で紫外線をしっかりカットしながら、肌色のくすみや色ムラを補正し、明るくきれいな肌色に整えるBBタイプのUVエッセンスです。

肌になじみやすく自然な肌色に仕上がるので化粧下地としてもこれ1本でも使え、UV-Aもしっかり防ぎます。

 

レステモ UV ミルク

無香料、無着色、無鉱物油、ノンパラベン、ノンアルコール、タール系色素不使用、紫外線吸収剤不使用!という安心の無添加処方。

あの、シルク姉さんも推しているという、ノンケミカルのUVミルクです。

 

ジルスチュアート|リラックス フレグランス UVカットスプレー J

スプレータイプなので、顔や体だけでなく、手の届きにくい背中や髪にも簡単に使えるのが嬉しいアイテムです。

化粧直しの際に、さっとスプレーするだけなので、かなり便利ですよ。

ウォータープルーフタイプで水、汗にも強く、化粧崩れも抑えます。

フレグランス効果で髪に嫌なニオイをつきにくくしてくれる点もおすすめポイント!

 

まとめ

秋の日焼け対策についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

日差しが和らぐと油断してしまいそうな日焼け対策ですが、秋こそ大事!ということがよくわかったのではないでしょうか。

秋からの紫外線対策をいかに念入りにするかで、今後のお肌が決まってくるといっても過言ではありません。

夏、秋に限らず、紫外線対策は、一年通して行いたいですね。

将来の自分のお肌を考えて、念入りに行いましょう!

スポンサードリンク