夏の食中毒に要注意!時間が経ってもお弁当が傷まない工夫やポイント

夏場でも傷みにくいお弁当作りにチャレンジ!

暑い日が続くようになると気になってくるのが、お弁当事情です。

梅雨から秋にかけて、湿度や気温が上がりお弁当が痛みやすくなります。

会社に持っていくお弁当や子供へのお弁当など、食中毒が心配ですよね。

だからと言って毎日買い弁というわけにもいきません。

でも、普段のお弁当作りでちょっと気を付ければ、食中毒を防ぐことが出来るんですよ。

夏場のお弁当が痛まない工夫をご紹介します。

傷みにくいお弁当作りのポイント

傷みにくいお弁当作りのポイント

調理器具やお弁当箱は、清潔に!

食中毒が増えてくる季節だけでなく、1年を通じて清潔には気を付けましょう。

まな板は肉と野菜用を分けて使い、肉や魚を切った包丁は良く洗います。

また、調理前には手をよく洗うのはもちろん、おにぎりを作るときは直接ご飯を触らず、ラップを使い握るのもポイントです。

お弁当箱も清潔にしておきましょう。

特にパッキン部分は汚れが付着しやすいので、丁寧に洗うようにしましょう。

きちんと冷ましてから詰める

ご飯やおかずなど、お弁当に入れるもので温かいものは、全て粗熱をとって冷ましてから入れましょう

時間がない時は、平皿にご飯やおかずをのせ、うちわや扇風機であおぐと早く冷ますことができますよ。

作り置きにも、再度火を通すこと

毎日のお弁当づくりの心強い「作り置き」ですが、お弁当に詰める前に必ず、再度熱を通してからお弁当箱に詰めましょう。

何度も温めたり冷やしたり……を繰り返すと痛みやすくなってしまいます。

小分けにして冷凍しておき、使う分ずつ温めるようにするのがおすすめです。

小分けカップを利用する

おかずの汁気が他のおかずやご飯と混じり合うと、痛みが進行してしまいます。

シリコン製や使い捨てのお弁当用カップを使い、おかずが混じり合わないように仕切りましょう。

保冷剤を使う

お弁当を冷たいままキープできる保冷剤も上手に使いましょう。

保冷バッグも併用するとより冷たさをキープできておすすめですよ。

また、職場などにに冷蔵庫があるときは食べる前での間、入れておくようにしましょう。

最近では、フタを冷凍庫に1晩入れておけば保冷剤がわりになるアイディア商品もありますね。

そういったアイテムを利用するものいいですね。

生野菜は入れない

きゅうりやレタスなど、水気の多い生野菜は、夏場のお弁当にはNGです。

もちろん、卵も半熟はNG!

そのまま入れてしまいがちなハムや竹輪などの加工食品も、夏の時期は必ず火を通してから入れるようにしましょう。

ポテトサラダなど、生野菜やマヨネーズが入っているおかずも傷みやすいので夏場はNGです。

彩に便利なプチトマトは洗ったあとよく水気を拭き取り、ブロッコリーなどのゆで野菜もよく水気を拭いましょう!

夏のお弁当に入れても傷みにくいおかずはどんなもの?

夏のお弁当に入れても傷みにくいおかず

お弁当は、食材や料理方法でグンと傷みにくくなるんですよ。

夏のお弁当に入れても傷みにくい、食材やおかずをご紹介します。

酢が入っているもの

酢には殺菌力や防腐力があるため、食べ物を痛みにくくする効果があります。

炊きたてのご飯は水分を多く含んでいるため、細菌が繁殖しやすくなっています。

そこで、強い抗菌作用を持つ“お酢”を混ぜましょう。

お酢の量としては、ご飯3合に対して小さじ1杯で十分だと言われています。

このぐらいの量であれば、ほとんどお酢の匂いはしないため、酢飯がニガテという人にもオススメです。

また、メインのおかず(肉や魚など)に加えてみたりすることで痛みにくいおかずになります。

酢のものや甘酢痛め、甘酢煮などがおすすめですよ。

梅干しを使ったおかず

梅干しには抗菌効果があると有名ですね。

ただし、梅干しが接触した場所しか抗菌効果がないようです。

梅干しの抗菌効果を得るためには、梅を混ぜたご飯やおにぎり、野菜などの梅和えが効果的です。

他にも、生姜、青じそ、などの食材には殺菌効果があります。

これらの食材は、夏バテ予防にも効果があるので積極的に摂りたい食べ物ばかりですね。

やや濃い目の味付けのおかず

塩には殺菌・抗菌効果があります。

近頃は減塩して調理することが主流になっていますが、お弁当用の食材に関してはなるべく塩分多めにすると良いです。

もちろん、あまりにも塩を入れすぎると塩分過多になってしまいますので、”濃く”ではなくあくまでも濃い目”にすることを心がけましょう。

汁気が少ないもの

細菌は水分が多いほど繁殖しやすくなります。

お弁当箱の中で水分を広げないようにするために、汁けをしっかりとばして炒めたり、お浸しなどの水分の多いおかずは水けをよく切りましょう。

例えば、おひたしの場合はかつお節をかけて水分を吸収させる、煮物の場合は完全に煮詰めて水分を飛ばす、など工夫ができますね。

また、食材に醤油やドレッシングをかける場合は、別の容器に分けて入れ、お弁当を食べる直前にかけるようにしましょう。

お弁当の人気食材のプチトマトも傷みやすいです。

ヘタをとり、キッチンペーパーなどで水気をしっかりとってから入れるようにしましょう。

水分は細菌の繁殖を助ける要因の一つなので、ここは徹底するようにしたいポイントです。

まとめ

夏場のお弁当を傷みにくくする工夫についてご紹介しました。

案外簡単に、ちょっとした工夫やひと手間で、傷みにくいお弁当が出来ちゃいます。

夏場にお弁当を作る人は、是非知っておいて下さいね。

食中毒対策をしっかりと行って、美味しお弁当を作っりましょう♪

スポンサードリンク