夏バテはなぜ起こる?暑い夏を乗り越えるには!

暑い日が続きますね^^;

食欲がなかったり、疲れが取れなかったり、夏バテ特有の症状になってはいませんか?

夏だから仕方がない…と放っておく方もいるかもしれませんが、できれば夏バテ知らずの元気なカラダで過ごしたいですよね。

そこで、今回は夏バテの原因と、その予防・解消法をご紹介します。

暑さだけじゃない!夏バテになる原因とは?

「夏バテ」という言葉は、医学用語ではありません。

高温多湿な日本の夏にカラダが対応しきれなかった結果「だるくて疲れやすい、食欲がない」といった症状が起こる、夏のカラダの不調の総称を「夏バテ」と呼んでいます。

では、夏に体が対応できなくなるのでしょうか?

人間のカラダは自律神経によって一定の体温になるよう保たれています。

高温多湿の環境の中で体温を一定に保とうと自律神経がフル稼働することで疲労し、自律神経の乱れを引き起こすことが原因と言われています。

また、室内の空調による冷えや、暑い屋外との温度差も自律神経を乱れやすくしています。

夏バテを解消するためには、心と体のコンディションを整えることが大事です。

では、どのようにすれば良いのでしょうか?

夏バテを予防&回復させるには?

エアコンの設定温度をうまく調節する

エアコンのきいた室内と蒸し暑い外を往復すると、身体はその変化についていけません。

5度以上の温度差に対して、身体の温度調節機構はうまく働かないと覚えておくといいでしょう。

エアコンの設定温度は省エネの面からも、28度ほどがおすすめと言われてます。

こまめに上着を脱ぎ着して調整する

エアコンの設定温度を調整、と言われても公共機関のエアコンはどうしようもないし、オフィスの冷房もなかなか自分ひとりでは変えられない……というのも事実です。

そんな時は、さっと羽織れる上着を一枚持って、こまめに脱ぎ着しましょう。

不足しがちな水分をしっかり補給する

夏は汗をかく機会が多いのですが、汗をかくのがイヤだからと水分を控える方がいます。

しかし、汗をかくことはカラダの温度調節のためにもとても重要なんです。

1日のうちに何回かにわけて、こまめに水分をとるようにしてください。

また運動する場合、水分は足りなくても取り過ぎても体調不良の原因になってしまいます。

運動時は特にガマンせず、「喉が渇いたら」水分補給するようにしましょう。

エアコンよりも除湿機能や扇風機を活用する

湿度が低いと涼しく感じるので「冷房)より除湿」を心がけるといいでしょう。

さらに風があると体表から熱が奪われて涼しくなるので、扇風機を併用するのもオススメです。

エアコンの向きは、直接体を冷やさないように、風向きは天井に向けるのがポイント!

直接冷たい風が体にあたるようにすると、体の表面の熱が奪われつづけることになってしまうので、体が疲れ夏バテになってしまいます。

同様に扇風機も首を振って当たり続けないようにした方がベストです。

就寝中、夜間のエアコンの設定温度を高くする

夏バテの予防や解消には、睡眠が大きなカギを握っています。

眠れるように、エアコンをタイマーにしている人も多いのではないでしょうか?

エアコンを付けたまま寝ると、体に悪いイメージがある人も多いでしょう。

でも、タイマーが止まって暑くて起きてしまった、なんてことになると睡眠の妨げになり、それが夏バテにつながっていく場合もあります。

身体に負担にならないようにするには、普段より設定温度を1~2℃高すること。

一般的に言われている設定温度は、27~28度です。

部屋の広さや構造などにもよるし、体質もあるので一概にはいえませんので、体感として「ちょっと暑いかな?」くらいの温度にするということを心掛けるといいそうですよ。

快眠のためには頭を冷やす

寝るときは、できるだけ涼しく休みたいものですよね。

エアコンを使えない環境や、苦手な人は、頭を冷やすと良いですよ。

全身を冷やさなくても、頭が冷えるとそれだけで涼しく感じます。

冷えるタイプの枕を使ったり、風邪用の頭を冷やすシートを使うとかなり涼しく感じることができますよ。

暑くても冷たい飲み物のがぶ飲みはNG

暑いと食欲が低下しがちです。

でも、冷たい飲み物を取りすぎると、胃液が薄まり消化機能の低下を招いてしまいます。

オススメはぬるめのミントティーです。

ミントには食欲増進や、胃や腸の消化、働きを高める作用などの効果があるといわれていますし、爽快感もあります。

少量でも良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂る

夏バテ防止や回復には、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂るようにすると効果があります。

たとえ少量でも質の良いものを食べることが重要です。

ビタミンの中でも特に重要なのは糖質の代謝を助けるビタミンBなのでこれを積極的に摂りましょう。

豚肉や精製していない穀類、豆類などに多く含まれます。

刺激の強い食べ物を味方にする

胃腸を刺激すると食欲が増進します。

胃液の分泌を促す食べ物には、辛いものや香辛料、香味野菜などがあります。

辛いものは、発汗によって夏バテを防止したり回復する防止効果も期待できます。

ただし食べすぎは胃腸を痛めるのでほどほどにしましょう。

レモン・お酢などの酸味も食欲増進、疲労回復効果がありますよ!

運動や半身浴で上手に汗をかいて体温調整を

汗をかくのはカラダの温度調節のためにもとても重要です。

しかも、血流も良くなる、老廃物も排出する効果もあります。

暑いからといって身体を動かさないとうまく汗をかくことができなくなります。

涼しい夕方などにちょっと歩いてみるなど、適度な運動をしましょう。

また、夏はさっとシャワーで済ませがちですが、半身浴などでゆっくりぬるめのお風呂につかるのも夏バテには効果的ですよ!

好みのアロマオイルをたらしたりすれば、リラックス効果も高まります。

お風呂後のストレッチも血流促進効果と筋肉をほぐす効果があるのでオススメですよ!

まとめ

夏バテの回復&予防法についてまとめてみましたがいかがでしたか?

案外ちょっとしたことで、予防できたり解消できたりするものです。

せっかくの楽しい夏を元気に過ごせるために、ちょっとした心がけを続けていきましょう。

すっきり元気な姿で、今年の夏を乗り越えましょうね♪

スポンサードリンク