忘年会の出し物って困りますよね。

早いもので、もうすぐ今年も終わり間近。

そろそろ忘年会シーズンがやってきます。

会社によっては忘年会を盛り上げる為に、新入社員を中心とした余興や出し物の時間が設けられているところも・・・。

あれ、ツライですよね~(― ―;)苦笑

恥ずかしい上に、何をやれば良いかアイデアが浮かばない。

せっかくやってもウケが悪かったらどうしよう。

色んな思いが巡って、なかなか何をやるかが決まりません。

でも、早く出し物を決めて練習しないと!

焦るばかりですね。笑

それに、他の団体や以前の出し物とかぶっちゃうのも嫌ですよね。

そんな方に役立てて頂きたい!

誰でも簡単に出来る上に、ちょっとひねるだけで珍しいと思われる余興ネタを集めてみました☆

忘年会にオススメな余興・出し物特集!

モノマネ

出し物の鉄板といえばモノマネ。

1人でも出来るお手軽な余興ですよね。

ですが、慣れてない人にはかなりの勇気が必要な出し物でもあります(^^;)

【珍しい出し物にするポイント!】

そこでオススメなのが、団体で行う”ものまねクイズ番組”!笑

司会1名、回答者は世間的に知られている有名なキャラクターになりきって回答していきます。

クイズ番組形式で会社に携わるクイズを出題するのですが、回答者はキャラクターに合ったボケを入れていくのです。

例えば??

バカボンパパ→「それでいいのだ」を良く言う
長島監督→「ん~、どうでしょう」を良く言う
ドラえもん→「ぼく、ドラえもん」とすぐ名乗る
レレレのおじさん→「レレレのレ~」とうるさい
ブルゾンちえみ→「35億」としか答えない

などなど。

世間的に耳なじみのある台詞を入れていけば、「また言ってるよ~」と笑いが出ること間違えなし。

多少、司会者のツッコミスキルも求められるような印象がありますが、逆に淡々としたツッコミをしない進行も面白いかもしれません。

会社にちなんだクイズを出しているので全員でクイズを楽しめるメリットもあります。

配役キャラクターの絵や写真を大きくプリントして、首から下げておくと誰が誰かわかるので、似てなくても笑いを誘うことが出来ますね!

ピンポーン!や、ブー!!というクイズ番組用ブザーを準備すると、なお雰囲気が出ますよ。

二人羽織

2人で羽織の中に入って、背後の人が前の人の手の役をする二人羽織。

どうしても恥ずかしい人は後ろに入ればOKですよね。笑

誰にでも分かりやすいし、ほぼ練習せずに挑める出し物になります。

ショートケーキ、お饅頭、ネルネルネールなどのお菓子のように、小さめで終わりが見えやすい物を食すと見ている人に飽きがきません。

また、バックミュージックを付けると更に楽しさがアップします♪

狭い会場であればスマホで流せばOK。

でも、広い会場だとボリュームが足りずに寂しい感じになってしまうので、小さなラジカセを持参したいですね。

前の顔が出ている人が、悲鳴やツッコミなどを大げさに入れると笑いを誘いますよ!

【珍しい出し物にするポイント!】

たとえば、曲の決まったフレーズにきたら食べるのを止めて対応しなきゃいけないってルールうを決めると面白いです。

例えば、ブルーハーツのリンダリンダだったら、「リンダリンダ~」のフレーズが始まったとたん食べ物を置きます。

顔担当の人は激しく歌い、手の役の人はバタバタ動きまくる。

そして、フレーズが終わったら食べに戻る。

ギャップを出せば出すほど、笑いを誘うはずです。

順調に言っているときに急にくる邪魔。

見ている人もリンダリンダが来るタイミングにドキドキしちゃいますよね。笑

曲が終わっても食べ切れなかったら罰ゲーム・・・という展開も面白そうです。

 

大人でも楽しめる罰ゲーム☆簡単かつ面白いやつを集めてみました♪

 

ダンスネタ

昔からの鉄板ネタはもちろん、その年に流行ったものなど。

ダンスネタをすれば会場が盛り上がる事間違えなし!

多少、時間をとっての練習は必要になりますが、終わった後の達成感もある楽しい出し物です。

人気のダンスネタはこんな感じ↓

・UFO(ピンクレディー)
・め組の人(ラッツアンドスター)
・恋するフォーチュンクッキー(AKB48)
・恋(星野源)
・スリラー(マイケル・ジャクソン)
・つけまつける(きゃりーぱみゅぱみゅ)
・行くぜっ!怪盗少女(ももいろクローバーZ)
・Choo Choo TRAIN(EXILE)

【珍しい出し物にするポイント!】

人が分かるフリの部分さえ押さえておけば、合間合間に面白ネタを挟むと楽しいです!

フリ覚えの量も減りますし、笑いをとる事が出来ます!

たとえば、三代目J Soul Brothersで有名になったランニングマンを急に挟んであちこちに移動しまくるとか。

急に組み体操が始まるとか。

「じゃんけん→負けたらビンタ」のコーナーが急に入ってくるとか。笑

面白ネタをひとしきりやった後は、サッと元の曲の雰囲気に戻るのがポイントです。

それぞれの会社の雰囲気にあった面白ネタを入れると喜ばれそうですね♪

【珍しい出し物にするポイント!】

もう一つ!

誰でも知っている定番の曲に簡単な自作の振り付けを付けて踊っても楽しいです。

例えば、サザエさんとか、笑点とか、上を向いて歩こうとか。

その時のポイントは、格好を面白くする事。

私のオススメはお面を付けることです。

曲のキャラクターや歌手のでも良いし、上司やなぜか自分の写真のお面を付けても面白いですね。

表情が固まっているので、動きが小さくてもコミカルで可愛らしくなります。

激しく動いてお面とのギャップを出せば笑いをとれる事うけ合い。

顔も出さずに済むから、かなりの便利アイテムですよ♪

まとめ

いかがですか!?

楽しそう!!と思ったら是非やってみてくださいね♪

こうやって普通の出し物をちょっとひねるだけで、一風変わった余興ネタが出来ちゃいます。

新しくて誰もやってないネタを探すのは大変ですから、定番の物をちょっと変えてみてはいかがでしょう?

余興チームの人達で楽しくアイデアを出し合えば、忘年会がきっかけで仲が深まるかもしれませんよ♪

知っておきたい女性社会人のマナー☆飲み会での神対応6選