車のガラスの凍結は、遅刻するかしないかの大問題!

寒い冬。

朝から出勤しようとバタバタ車に向かうと・・・。

『ガラスが凍結している!!!』

これ、結構なショックですよね。

氷で全然前が見えないから危なくて出発できません。

暖房をフルで当てても、ワイパーを何度動かしても・・・と、溶けない!!

忙しい朝の時間ロス・・・これはツライです(> <)

遅刻するかしないか、大きな分かれ道に立ってしまいます。

そんな!

冬の悩みにお役立ち♪

朝からイライラせずに済むような「車の凍結」の対策方法をご紹介したいと思います♪

ガラスが凍っている時に行う対策方法

では、フロントガラスが凍ってしまった時、即座に出来る対策方法をご紹介します☆

ぬるま湯をかける

ペットボトルや水筒にぬるいお湯を入れてかけるとかなり効果的。

かける前にエンジンをかけて、車内を暖めてフロンとガラスに送風しながら行うとより早く溶けやすくなります。

お風呂の残り湯などを活用すると、お湯を沸かす時間も省けますね!

【注意点】

ただし、この方法には注意があります!

1.熱湯をかけない

早く溶けそうだと熱湯をかける人が多いそうです。

しかし、これは危ない!!

急激な温度変化によってフロントガラスが割れてしまう恐れがあるそうです。

かけるなら40℃以下のぬるま湯にしましょう。

2.寒すぎる地域には逆効果

あまりに寒すぎる地域でこれを行うと、お湯が再凍結して逆効果になる場合があります。

あまりに極寒の地域では通用しなさそうです。

解氷スプレーを使う

ホームセンターやカー用品店ですぐに購入できる解氷スプレーを使うとスッと霜を溶かす事が出来ます。

玄関や車内に常備しておけば、サッと吹きかけるだけなのでかなり便利。

忙しい朝の味方ですね。

【注意点】

中にはベトベトするような物もあり、ガラスが汚れてしまうと毛嫌いする人もいるようです。

あまり頻繁に使いすぎると汚れの原因になる可能性もあるので、頻度や種類に注意した方が良さそうですね。

直接、氷を取る

霜取り用のヘラや、プラスチック製などのカードを使ったりして氷を削ぎ落とす。

また、乾いたタオルで氷を拭き落とす。

などなど、直接氷を取る方法もあります。

間違えなく氷が取れるので確実性は高いです。

【注意点】

こういった直接的な取り方は、フロントガラスを傷つけやすいというリスクがあります。

力を入れすぎず、気をつけながら行いたいですが、そうすると時間がかかりそうですね・・・。

遅刻する~!!と、あせってガシガシこすってしまわないように要注意です。

お酢をかける

家庭用のお酢にはガラスの凍結を溶けやすくする力があります。

スプレー容器にあらかた入れておいて、いざという時に吹きかけると便利ですね。

【注意点】

凍結対策に効果があるといわれているお酢ですが、ガラス以外の部分に付着すると車にダメージを与えてしまう・・・という声もあります。

あまり頻繁に使いすぎると、ワイパーのゴム部分などの劣化が起こりやすくなるかもしれません。

事前に行っておきたい凍結防止方法

前項でフロントガラスが凍っている状態に行う対策方法をご紹介しました。

ただ、どの方法にも注意点が見られますね・・・。

そうなると、一番の最善策は事前に凍結対策をして「凍結しないようにする」事になります!

そんな凍結対策方法はコチラ☆

カバーをかける

霜よけシートや、いらなくなった毛布、段ボールなどをかけておくと霜はつきにくくなります。

ある程度厚みがあって、ドアやワイパーに上手に挟めるようにすると風対策も出来ますね。

帰宅時にカバーをかけるという面倒くささはありますが、朝のバタバタ時に凍結作業をするのと比べれば・・・。

比じゃないくらい簡単ですよね。

撥水コートしておく

晴れた日にフロントガラスの油膜を除去して撥水コートを施しておくと凍結しにくくなります。

霜は、ガラスに僅かについた油分から成長していきます。

撥水コートを施しておけば、油分や埃が付着しにくくなるので、結果的にフロントガラスが凍りにくくなるんです。

撥水コートは雨の場合にも便利なので一石二鳥ですね。

屋根がある場所に駐車する

実は、これが一番確実な霜対策なんだそうです。

屋根がある場所に駐車すると、夜露で車体が濡れる状況が防げます。

そうすると、フロントガラスは凍結する事がなくなるんです。

もし、ガレージなどが無い場合でもヒサシや軒など、建物から少しでも突き出しているような場所があればOK。

車を頭から突っ込む形で駐車すれば、霜をだいぶ軽減する事が出来ます。

建物でなくても木の付近に駐車する事で同様の効果が得られる事があるようですよ。

凍結での冷や冷やを無くして、余裕の出社を!!

いかがですか?

凍結に困った事がある…という方は是非、試してみてくださいね!!

余裕をもって出勤しようとしても、フロントガラスが凍結していたせいで急に時間が無くなって遅刻しそうになるケースってありますよね。

そうなると、運転も荒くなってしまい危険です。

その場での対処もそうですが、日頃から凍結防止を行っておいて損はありません。

凍結でイライラ、冷や冷やすることなく、余裕をもって出社したいですね。

 

 

スポンサードリンク