甘酒人気がヤバイ!知らなきゃ損!驚愕の甘酒パワー

最近、甘酒人気が凄いって知ってましたか?

ジワジワ来てはいたんですが、NHKあさイチを始めとする色んなテレビで放送されて火が付いたようです。

話題の理由は、「甘酒パワーが凄すぎるから」。

お正月やひな祭りに飲む”癖のある甘いお酒”というイメージの甘酒…。

それに、こんなパワーが隠されていたなんて!!

どんな効能・効果があるのか?

どうすればその効果を効率よく摂取出来るのか?

ご紹介したいと思います♪

 

甘酒豆知識。2種類あるって知ってましたか?

効能・効果を知る前に、甘酒の豆知知識を少々。

なんと、甘酒には種類があったんです!

「酒粕」と「米麹」

原料が「酒粕」か「米麹」かで甘酒は2種類に分かれます。

違いはこんな感じ↓

【酒粕】 【米こうじ】
アルコール 少々含む 無し
味付 砂糖で甘味をつける 無し(米と米麹の自然の甘さ)
カロリー 高い(砂糖を加えるため) 低い
NGタイプ 妊婦さん、子供、運転する前、お酒が飲めない人、未成年、糖尿病の人 無し(誰でもOK!糖尿病の人は過剰摂取注意)

どちらも栄養価が高いことに変わりありません。

ただ、アルコール成分が入ってなくて自然な甘さを楽しめる「米麹」の方が最近は人気なようです!

なので、ここでは米麹タイプの甘酒についてお話して行きたいと思います(*^^)v

 

「飲む点滴」と言われて注目されている理由

もの凄く栄養がたっぷり含まれている甘酒。

なんと「飲む点滴」とも言われている程なんです!

さらに美容効果も高いので「飲む美容液」という通り名も・・・。

これはすごい!!!

そんな驚きの甘酒成分はこんな感じです↓

甘酒の効能一覧

①美肌&美白効果

甘ザケに含まれる「ビタミンB2」は肌の機能を活性化する働きがあります。

その為、保湿やハリ・弾力を取り戻す効果があるんだそうです。

また、原料の麹にはコウジ酸が豊富!

コウジ酸はメラニン生成を抑える効果がある為、シミ予防や美白に効果的です♪

②ダイエット効果

甘ざけに含まれる「ブドウ糖」には満腹感を得やすくする効果があります。

栄養分も豊富なので、食事の量を減らせるうえに栄養分の摂取も可能なのでダイエットにピッタリです♪

また、甘酒に含まれるビタミンB群は脂肪を燃焼させやすくする効果もあります!

③便秘解消効果

甘酒は「菌」の宝庫。

ヨーグルトのように毎日摂りつづけていると、腸内フローラが活性化して便通もスムーズになります♪

お腹の調子を整える「オリゴ糖」、腸内環境を改善する「食物繊維」もバランス良く配合。

便秘が解消されて、美肌効果にもつながりますね♪

④疲労回復&免疫力アップ

たんぱく質を作る「アミノ酸」の含有量が甘酒はとても高いんです。

この量が点滴に匹敵するほどなので、飲む点滴と言われているんですね。

毎日少量ずつ飲むことで、疲れが残りにくくなり、疲労回復効果も高くなります♪

また、麹で発酵した甘酒は腸に住んでいる善玉菌を増やしてくれます。

腸内環境が整うと免疫力がアップして病原菌の侵入を防いで風邪などの病気になりにくくなります♪

⑤リラックス効果

甘酒には、ストレスを軽減させる「パントテン酸」や「GABA」というアミノ酸の一種も含まれています。

これらは日々のストレスや疲れを癒す効果があると言われているんです♪

⑥アンチエイジング効果

甘酒を発酵させてくれる麹が出す100種類以上の酵素が含まれています。

その為、甘酒を飲むと日々使う消化酵素を節約できる事に!

そうなると、余った酵素を代謝へ回す事ができ、細胞の入れ替えや修復をスムーズに行う事が出来るようになりアンチエイジング効果が!

甘酒には若返り効果もあるんですね♪

女性に嬉しい効果が盛りだくさん!

すごいですね~!

特に女性が喜びそうな効能・効果が一杯ですヽ(^o^)丿

こうやってみると、完全に健康食品ですね!!!!

なんと、江戸時代には夏バテ予防として親しまれていた甘酒。

これは現代でも取りいれなければ!!

 

甘酒を飲む時間は?どのくらいの量が丁度良い?

スーパー栄養ドリンク「甘酒」。

この栄養素を余すことなく飲む方法を調べてみました。

いつ飲む?

ダイエット効果を望むなら?

”朝”が効果的!
朝飲むことで基礎代謝を上げることが出来ます。
温めて飲むと更に効果がアップだそうです。

リラックス効果、疲労回復を望むなら?

”寝る前”が効果的!
交感神経の興奮を穏やかにしてくれる効果がある甘酒。
寝る前に飲むことで、ストレスを撃退する効果が期待出来ます。

美肌効果、アンチエイジング効果を望むなら?

”寝る前”が効果的!
夜、寝ている間のお肌の生まれ変わりを促進させるのに有効です。
甘酒を飲んだ翌朝はお肌が全然違う!という声が沢山あります。

量はどのくらい?

「1日にコップ1杯が目安」

どんなに美味しくて栄養価が高くても、飲み過ぎは厳禁!!
糖分過多を避ける為にも、摂り過ぎは注意しましょう。

温度は?

甘酒といえば温かい飲み物というイメージがあります。

でも、最近は冷たい甘酒も売られていますよね。

どちらが体に良いかと言えば、どちらも同じ甘酒なので効能は「同じ」だそうです。

ただ、甘酒に含まれる酵素やビタミンは熱に弱い性質があります。

なので、加熱しすぎは要注意です!!

最高でも60℃くらいまでにおさえると良いそうですよ♪

 

めっちゃ簡単!甘酒のお手軽アレンジ方法

クセがあって苦手…という人も多い甘酒。

ですが、米麹タイプは酒粕タイプよりも飲みやすいのが特徴です。

それでもまだ苦手…という人は簡単アレンジでひと手間加えてみてはいかがでしょうか!?

豆乳甘酒

女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンも一緒に摂取出来ます♪

<材料>
甘酒:豆乳→1:1

<作り方>
甘酒と豆乳をマグカップに入れて、電子レンジ(500w)で約1分加熱

ココア甘酒

食物繊維やポリフェノールが多いココア。
一緒に飲めば、エイジングケアや冷え・便秘改善に役立ちます♪

<材料>
甘酒…100ml
ココア(無加糖)…小さじ1/2~1

<作り方>
甘酒にココアを入れて、よく混ぜてから電事レンジ(500w)で約1分加熱

カルピス甘酒

子供が大好きなカルピスを投入!
一瞬オエッて感じる人もいるかもしれませんが、カルピスの酸味が意外とマッチするんですよ♪

<材料>
甘酒・・・100ml
カルピス(原液)…小さじ2

<作り方>
冷たい甘酒にカルピスを入れて混ぜるだけ

 

まとめ

いかがですか!?

秘められた脅威の甘酒パワー!

凄いですよね♪

最近は海外セレブからも注目されており、「ジャパニーズヨーグルト」という愛称もあるそうです。

今まで気にもしてなかった甘酒。

これを機会に甘酒習慣初めてみませんか(*^^)v

 

 

スポンサードリンク