冬に日焼け止めは必要なのか?

夏に比べて日差しが弱まる冬。

秋頃から涼しさもまして、日焼け止めって必要なさそうに感じますよね。

「冬は日焼け止めは必要ないんじゃ・・・」

そう思っていたアナタ!!

それは大間違いです。

冬場は夏のピーク時のおよそ1/3程度の紫外線が降り注いでいると言われています。

そう・・・減りはすれど、紫外線は間違いなく存在しているのです!

どんなに夏場に一生懸命日焼け対策をしても、冬場に無防備だったら台無し!!

紫外線はシミやシワなど肌老化の大きな原因になります。

油断しがちな冬こそ、しっかり日焼け対策を行いましょう♪

冬の日焼け止めに求められることは?

冬に使う日焼け止め。

夏場とは違うものが良いのでしょうか?

もちろん、目的が同じなのでダメ・・・というわけでは無いのですが、出来れば冬用に変えたほうが良さそうです。

SPF数値は低めが理想!

夏場って結構SPFが強い物を使いますよね。

紫外線量が1/3になった冬には、そんなに高いUVカット効果は必要ありません。

SPF数値が高いほどお肌への刺激が強くなります。

特に乾燥でお肌が荒れがちな冬に不必要な刺激は避けたいですね。

冬の日焼け止めには、低めのSPFの物を選びましょう。

”保湿”効果が入っていると◎!

空気の乾燥によってお肌も乾燥する冬。

日焼け止めに「保湿効果」が入ってる物を選ぶのがオススメです。

どんなに紫外線対策しても、お肌がカサカサになってしまっては意味がありません。

どうせ顔に付けるなら、保湿も紫外線対策もしたいですね♪

化粧対策でもOK

冬場はUV効果のある化粧品でもOKだそうです。

BBクリーム、化粧下地、ファンデーションなど、最近はUV効果がある物が多いですよね。

ちょっとの漏れを防ぎたい!という人はUV化粧品と日焼け止めの併用をオススメします。

おすすめ日焼け止め3選

ではでは!

上記を踏まえた上で、私がオススメする冬用日焼け止めをご紹介します♪

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF35/PA+++ ポンプ 140g

紫外線から素肌を優しく守る、みずみずしい化粧水感覚のUVジェル。
ヒアルロン酸+天然植物エキス*(潤い成分)配合。
化粧下地としても使えます。
いつも使っている石けんや洗顔料・全身洗浄料などで手軽に落とせます。

◆SPF35/PA+++
◆無香料・無着色
◆アレルギーテスト済み
◆顔・からだ用

ユースキンS UVミルク SPF25 PA++ 40g

お子様から大人まで家族みんなで使えます。
肌への負担が少ない成分配合と紫外線を防ぐ効果を両立。
無香料、無着色、弱酸性、アルコールフリー、紫外線吸収剤無配合、パッチテスト済の安心成分です。
潤い保湿成分(ヒアルロン酸、アミノ酸系成分、しその葉エキス)配合。
普段使いのせっけんや洗浄料で簡単に落とせます。

◆SPF25/PA++
◆無香料、無着色、弱酸性、アルコールフリー、紫外線吸収剤無配合
◆パッチテスト済み
◆顔・からだ用

ママバター UVケアクリーム SPF25 PA++ 45g

スキンケアも備えた全身に使えるUVケアクリームです。
天然の保湿成分・シアバター5%配合。
石けんで洗い流せ、シリコン不使用の低刺激性なので、肌の弱い方も使用できます。
お子様やセンシティブなお肌の方にもお使いいただけます。
紫外線吸収剤不使用。
ノンシリコンなのにサラサラな仕上がりです。

◆SPF25/PA++
◆シリコン、合成香料、合成着色料、鉱物油、パラベン、紫外線吸収剤不使用
◆顔・からだ用

 

「敏感肌用の優しい日焼け止めの見極め方」

 

一年中、綺麗なお肌を目指して!!

いかがですか?

冬におすすめの日焼け止めをご紹介しました♪

どれも普段使いに丁度良いくらいなので、だいたいはこれらでまかなえると思います。

ただし!

スキー場など雪が積もっている場所は要注意!

雪に日光が反射して、紫外線を沢山浴びることになります。

厚めに塗るか、もう少しUVの強さを上げても良さそうです。ね

うっかり忘れがちな冬場の日焼け止め。

本当はとっても大事だったということが分かって頂けたでしょうか!?

一年中紫外線に油断する事なく、綺麗なお肌を目指していきましょう♪

 

 

スポンサードリンク