その体調不良・・・スマホが原因かも!?

「最近、原因は分からないけど体調が悪いな・・・。」

そんな悩みを抱えている方。

それはもしかすると、スマートフォンが原因かもしれません!!

知らず知らずのうちに熱中していじってしまうスマホ。

寝る前にも使っていませんか!?

何気な~くやっているその行為。

かなり怖い結果を招いているかもしれないんです。

それ、テクノストレス不眠かも!?

新種の睡眠障害

私も毎日かなりスマホをいじっています。

寝る前ももちろんです。

ただ、最近急に首の筋が痛くなってきて、そのうち左肩、左腕まで広がってきました。

そのせいで気分が悪~くなるんです。

おかしいな~って思っていたら「テクノストレス不眠」じゃないかって結果に辿りつきました。

テクノストレス不眠とは?

PCやスマホなどのツールを使う事によって発症する新種の睡眠障害のこと。

ブルーライトが脳に過剰な刺激を与えて、脳の疲労につながって不眠症につながります。

ここ10年ほどで急増している症状で、若い世代に多いんですって。

特徴としては、症状が遅れて現れること。

2~3年後くらいに症状が現れる可能性があるので、原因追求しにくいんだそうです。

あなたの体調不良も、このテクノストレス不眠が原因かもしれません。

寝る前のスマホいじりはNG!

PCから出るブルーライトは身体に良くないって聞きますよね。

そのブルーライトはスマホからも出ています。

寝る前にブルーライトを浴びてしまうとどうなるのか?

1件のメールをチェックするだけでも、脳みそがエスプレッソ2杯分は飲んだ時の覚醒状態になるんだそうです。

それは、目がパッチリ覚めて寝れなくなるよね~。

ブルーライトは寝付きを悪くする作用がある代物。

そんな物を発しているスマホを寝る前に扱うのが良くないのも頷けますね。

寝る前スマホが多い人は、テクノストレス不眠を引き起こしている可能性大!です。

不眠症以外にも色んな症状が!!

このテクノストレス不眠は、不眠症以外にも色んな症状を引き起こす可能性があります。

まずは「スマホ首」

スマホを使う時に画面をのぞきこむように前かがみになることが原因で起こる症状。

首が前に倒れることで、首に集まっている重要な血管が圧迫されて血流が悪くなります。

これによって、さまざまな不調を引き起こす可能性が生まれるそうです。

また、自律神経のバランスが崩れるので、自律神経失調症も誘発します。

進行すれば、うつ病やパニック発作にもつながる可能性が!!

ひえ~!!

他にも頭痛、耳鳴り、眼の奥の痛み、めまい、吐き気なども引き起こる可能性があります。

不眠っていうだけでも体調を崩しやすいのに、こういった症状も出るとは・・・ツライですね。

しかも、これらの症状が複数同時に現れるのも大きな特徴。

これは一大事です!!

テクノストレス不眠の対策方法!

現代病とも言えるテクノストレス不眠。

どうやったら予防・改善ができるのか?

単純に考えればスマホを使わなくするのが一番!!なんですけど…。

なかなか現代社会でそんな事は出来ませんよね。

下記にあげる対策方法、出来る範囲で徐々にチャレンジして行ってみましょう!!

スマホを使う時間を少なくする

「使わない!」は無理なので、使う時間を短くして行きましょう。

振り返ってみると、絶対に「あの時はスマホ使わなくても良かったな…」という時間があるはず!

そんな時間を少しずつでも無くしていきたいですね。

だらだらとスマホを使うのではなく、使う時間・使わない時間のメリハリをつける事が大事なんだそうです。

寝る前2時間以降はスマホを使わない

夜は脳を休める時間なので、スマホを使って刺激を与えるのは良くありません。

床につく2時間前以降はスマホはいじらないようにしましょう。

最近は、布団に入ってもスマホをいじる人が多いそうです。

まぁ、私もそうなんですが…汗

スマホをいじるのはやめて、軽いストレッチをして血流を良くしたり、音楽を聴いてリラックスしたり。

身体を休める準備に切り替えてあげましょう。

身体のリズムを整える

運動したり、日光を浴びたりして体のリズムを整える事も大切です。

大人になると、外出する機会が減るので運動や太陽光を浴びる時間ってどんどん減って行きますもんね。

スマホをいじっていた時間のうち、ちょっとだけでもウォーキングや散歩にあててみてはいかがでしょうか?

PC、ゲームやテレビも要注意!

スマホだけではなく、PCやゲーム、テレビにも要注意です。

結局はスマホと同じような症状に陥る可能性があります。

特にIT企業などPCがメインになるお仕事の人は日中PCに触れている事になります。

なのに、帰宅してもスマホやゲーム、テレビを見ているんだったら常時ブルーライト攻撃を受けてしまいますね。

ブルーライトカットメガネなどもありますが、あくまで補助的なモノ。

やはり出来るだけこういった機器に触れる機会を減らす努力を行った方がよさそうです。

まとめ

いかがですか!?

普段何気なく使っているスマートフォンなどの機器。

こんなに恐ろしい落とし穴があったんですね~。

私も家にいる時は、アプリゲームやYOUTUBEに夢中になってスマホばかり見てました。

首の痛みはそこから来ている可能性が高いな~。

しばらく、スマホ断ちをして様子を見てみようと思います。

何事も”ほどほどに”使う事が大切ですね。

 

 

スポンサードリンク