うちのペットは何歳?気になる犬年齢

我が家は犬を飼っています。

今から14年前、子犬の時にやってきました。

なので、14歳か15歳くらいになります。

最近は黒毛部分に白髪も生えてきて、立ち上がるスピードも激減。

どんどんおじいちゃんになってきています。

犬は人間の何倍も年をとるスピードが速いって言いますよね。

でも、具体的には何歳なんだろう?と、気になったので調べてみました。

すると、とっても分かりやすい比較表を発見!

表を見て・・・愛犬の年齢にビックリしました~!!笑

その表を下記に紹介させてもらうので、是非比較してみてください。

あなたの愛犬は人間でいうと何歳ですか(^^)?

人間に換算した犬年齢表

生まれてからの年数 小型犬 中型犬 大型犬
1ヶ月 1歳 1歳
2ヶ月 3歳 3歳 1歳
3ヶ月 5歳 5歳 2歳
6ヶ月 9歳 9歳 6歳
9ヶ月 13歳 12歳 8歳
1年 17歳 16歳 12歳
1年半 20歳 19歳 16歳
2年 24歳 23歳 19歳
3年 28歳 28歳 26歳
4年 32歳 33歳 33歳
5年 36歳 38歳 40歳
6年 40歳 43歳 47歳
7年 44歳 48歳 54歳
8年 48歳 53歳 61歳
9年 52歳 58歳 68歳
10年 56歳 63歳 75歳
11年 60歳 68歳 82歳
12年 64歳 73歳 89歳
13年 68歳 78歳 96歳
14年 72歳 83歳 103歳
15年 76歳 88歳 110歳
16年 80歳 93歳 117歳
17年 84歳 98歳 124歳
18年 88歳 103歳 131歳
19年 92歳 108歳 138歳
20年 96歳 113歳 145歳

出典:INUJIN -犬の幸せと健康を願った犬のためのウェブマガジン。犬の幸せと健康を願う、犬のためのウェブマガジン。
※あくまで参考値になるそうです。

80代超えでした!笑

我が家の愛犬は14歳か15歳。

中型犬なので、人間で言うと・・・「83~88歳」。

80代超えのおじいちゃんでしたー!

いつのまにやら人生の先輩になっているという・・・(^^;)苦笑

本当に犬は年をとるスピードが桁違いに速いんですね。

人間に比べてスピードは4倍~7倍

犬の年をとるスピードは、人間に比べると4倍~7倍の早さがあるそうです。

・小型犬&中型犬→最初の2年で24歳になり、3年目以降は4歳ずつ年をとる。
・大型犬→最初の1年で12歳まで成長し、2年目以降は7歳ずつ年をとる。

大型犬は小型犬・中型犬に比べてスタートダッシュは遅いものの、後からの追い上げが凄いです。

3年で成人して、8年で還暦越え。

犬の人生って大変だなぁ・・・。

犬の年齢における豆知識

犬の年齢に関する豆知識もご紹介します。

大人になるのは?

「小さくて可愛い~」なんて言っていたのも束の間。

人間の赤ちゃんに比べると、犬は桁違いにどんどん大きくなっていきます。

実は、1年半くらいで犬は「大人」になってしまうんだそうです。

早いっ!!!

人間なんて言葉をしゃべりだしたかどうか・・・ぐらいなのに(^^;)

犬の子供の時期はかなり短いって事ですね。

この大人になるタイミングまでに「しつけ」を行っておくのが有効だそうです。

人間もそうですが、大人になると躾の飲み込みが遅くなっちゃうんですって。

老犬になるのは?

老犬・・・いわゆるシニア犬になる時期は、小型犬・中型犬で10歳、大型犬で7歳頃からといわれています。

ただ、犬種や大きさ、環境などの個人差(個犬差?)はあるようです。

歳をとるスピードが早い分、老化がガタッときちゃう事も少なくありません。

なので、飼い主が飼い犬の人間換算年齢を把握しておくのはとても大切な事なんだそうです。

老化サイン

人間と同じで、犬にも老化のサインがあります。

毎日見ていると変化に気づきにくく見落としがちなので、改めて下記の部分をチェックしてみてください。

①お腹がたるんでいる
②お尻の筋肉が落ちている
③ヒゲや毛に白髪が混じっている
④頬の筋肉がゆるむ
⑤散歩の時の歩くスピードが落ちた
⑥名前を呼んだ時の反応が鈍い
⑦少しの段差でつまづくようになる
⑧目が白く濁る
⑨目やに、耳垢が増える
⑩口臭や体臭がきつくなった
⑪寝ている時間が増えた

こんな感じ!

我が家は①③④⑤⑥⑧⑪が該当しました!

完全なる老化現象(^^;)

こういった老化の兆候が出てきたワンちゃんは、若い頃に比べて体力や免疫力が落ちているので病気になりやすいそうです。

普段の様子に気をつけて、早い段階での病気の発見に気をつけないといけませんね。

動物病院での定期的な健康診断はかなり有効だそうですよ。

餌の回数を変える

犬は年齢によってペットフードを切り替えたほうが良いって知ってましたか?

ペットフードに対象年齢が書かれていたりしますよね。

それに伴って、餌の回数も変えが方が良いんですよ。

・赤ちゃん時
消化機能が未熟なので、生後6ヶ月くらいまでは3~4回に分けて与える。
6ヶ月を過ぎたら2~3回に回数を減らす。

・大人時
1度に1日分の食事を食べる事も出来ますが、朝夕の2回に分けて与えるのがオススメ。

・老犬時
運動量の低下もあって食事量が減ります。
餌の回数は3~4回に分けてあげると、食べやすいし消化もしやすくなって体に良いです。

思っている以上に早い犬年齢。サインを見逃さずに!

いかがですか?

今回調べてみて思ったのは、「犬は思っていた以上のスピードで歳をとる」っていうのと、「老化に飼い主が気をつけておく必要がある」ということです。

犬は思いを言葉にして伝えられない分、身体や体調の変化を見て、私達が気づいてあげないといけないんですね。

我が家のワンコもおじいちゃんですが、毛並みの艶だけは人(犬)一倍美しいんです。

なので、まだまだ元気!

これからも現役で頑張ってもらわなきゃ!!

長生きしてもらう為に、動物病院での定期健診を心がけながら大切にしていこうと思います♪