大嫌いなゴキブリ!どうにかならないの!?

暖かくなると現れる・・・ヤツ!

そう、この世で最も最悪な害虫「ゴキブリ」です。

なぜあんなに黒くてギラギラしているのか!?

なぜあんなにしぶとくて図々しいのか!?

本当に大っ嫌いっっっっ( ̄皿 ̄;)

見るだけで身の毛がよだちます!!!

なんとか、効率的に駆除する方法は無いのか?

どうすればあの厄介な存在を一網打尽に出来るのか!?

調べてみました!

※ゴキブリのリアルな写真はありませんのでご安心ください!(絵はあります)

殺虫剤以外で有効なゴキブリ対策は?

ゴキブリ退治といえば殺虫剤ですよね!

それは家にも職場にも常備しています!

なので、他のゴキブリ撃退方法をピックアップしてみました。

吹きかけると有効な物

・台所用洗剤
・泡ハンドソープ
・マイペット
・熱湯
など

ゴキブリは泡が出るものの方が即効性があるそうです。

殺虫剤が手近になかった場合、こういった日用品にサッと手が伸ばせれば便利ですね♪

また、熱湯にも即効性があるので、ポットのお湯があれば是非使ってみましょう!

完全に動きが止まれば死んだ証拠ですよ!

【注意点】
熱湯を使う場合、ゴキブリに集中しすぎて火傷しないように注意しましょう。

スリッパや新聞紙で叩く

これはまたオーソドックスな退治方法。笑

ですが、目を離すと逃げてしまいそう!というような、いざという時はこの方法が一番確実だったりするんですよね。

ただし、ゴキブリは死ぬ直前に卵を残す習性があるんです。

なので、叩き方には要注意!
強く叩きすぎると、つぶれて卵が飛び散るかもしれません。

即死させたいとはいえ、あまり強く叩きすぎるのは危険ですね!

なので、動きを封じる程度に素早くパコッと一瞬で強く叩くのがポイントになります。

【注意点】
ゴキブリは強く叩きすぎない!

掃除機

出来るだけゴキブリに近づきたくない!

という人には一番有効な方法じゃないでしょうか。

掃除機でゴキブリを吸うと、一時期的に気絶させることが出来るんです。

ただし、気絶しただけなのでしばらくすると復活してしまいます。

ゴキブリが入った紙パックやゴミをすぐに取り出し、ゴミ袋に入れて密封状態で殺虫剤をスプレーしましょう。

ゴミ袋を厳重にふさいで捨てれば安心です!

【注意点】
あせりすぎて掃除機自体に殺虫剤をするのはNG!スプレーが掃除機のモーターに引火してしまう恐れがあります。

コンバットを使う

ゴキブリほいほいという手もありますが、巣や卵ごと駆除してくれるコンバットがオススメ。

自分達で巣に持ち帰って全滅するというアイテムです。

これだったら一網打尽で撃退できるので、あまりに沢山のゴキブリが出没する場合に有効ですね。

通りすがりに餌を持って帰る程度なので、寄せ付ける心配は無いそうです。

ゴキブリの弱点をついた対策も効果的!!

一見、不死身に見えるゴキブリですが、ちゃ~んと弱点があったんです。

退治するならやはり敵の生態を知るのが一番ですね!

寒いのが苦手

ゴキブリは冬眠はしないんですが、寒い時期はある程度動きが鈍くなります。

快適気温は18~34度。

調理台の水出し、水周り、冷蔵庫の裏や電化製品の中などの暖かい場所を好んで集まります。

ゴキブリが出やすい場所は風通しをよくしたり、涼しい環境を整えてみると効果がありそうです!

天敵が苦手

ひょうひょうと我が道を生きてそうなゴキブリですが、天敵がいたんです!

カエル、ネズミ、ムカデ、クモ等。

そうだったんだ~。

さすがに、カエル、ネズミ、ムカデは屋内には居てほしくないので、せめてクモがいたら殺さず暖かく見守りたいですね!

腹が弱い

ゴキブリってお腹が弱点なんだそうです!

なので、殺虫剤などで退治するときは見えてる背中ではなく、お腹を狙うと効果的!

細いノズルが付いているタイプなら、床とゴキブリの間の部分に吹きかけるとバッチリですね♪

ハーブ系が苦手

ハーブのミント、ハッカ類、レモングラス、セロリなどの匂いが嫌いなんだそうです。

これはかなり使えそう!!

ゴキブリに困っていたらハーブ系の香りで部屋を飾ると、手も汚さずに撃退できるし部屋も良い香りに包まれて一石二鳥ですね♪

ゴキブリが行きたくない家作りを!

どうでしょう?

ゴキブリが現れた場合の駆除方法をご紹介しました!

ヤツらの弱点を含めて覚えておくと、いざというとき便利ですね!!

そして、そもそもゴキブリが訪れたくないような家づくりをしておけばゴキブリ退治の手間も省けます!

ゴキブリが行きたくない家とは・・・?

・どこも綺麗!
・餌になる物が見当たらない(落ちてない)!
・空気がさわやか(換気がこまめにされている)!

こんな感じ!

とにかく清潔で、ゴキブリが好む環境を取り除いてあげる事が大切なようです。

ゴキブリを退治した場合、死体だけでなく周辺の床も洗剤をつけた雑巾でしっかり拭くのも大切です。

死ぬ間際に産卵した卵が落ちてる可能性がありますし、ゴキブリの死体を食べに他のゴキブリが寄ってくるんだとか・・・オエ。

最後に!

ゴキブリのお尻には風を感知する器官があるので、後ろから狙うと逃げられやすいです。

触覚に触れないように前方から狙いましょう!

これで、今年の夏はゴキブリ退治もバッチリですね☆