視力回復は自宅でできる!

私は視力が悪く、眼鏡やコンタクトレンズがないと生活が出来ません…。

でも、眼鏡もコンタクトもお手入れが面倒だったり着け心地が悪かったりして決して、結構煩わしいんですよね^^;

少しでも視力を良くしたいと多くの人が思っていると思います。

そこで、自宅で手軽にできる簡単視力回復トレーニング方法を調べてみました。

目の周りの温めて血行を良くしよう

目を酷使している起こる視力の低下は、目の周りの血行を良くすることで解消できます。

この方法のいいところは、短時間ででき即効性があることです。

一時的な効果になりますが、継続することで視力低下の進行を止める効果を規定できます。

蒸しタオルで温める

①タオルを濡らし軽く絞る

②電子レンジで1分ほど温める

③まぶたの上に5分ほどのせる

方法はこれだけです。

蒸しタオルは、手にもって少し熱いかな…と感じるくらいがいいです。

好みでアロマオイルを加えると、リラックス効果も高まっておすすめです。

※目に炎症があるときは避けましょう。

手の体温で温める

①手をこすり合わせて温める

②手のひらで目を覆う

道具がいらないお手軽な方法です。

手のひらがまぶたに触れていなくてもOKです。

手で覆った時の空間が温まることで、目の周辺の血行が良くなります。

毛様体筋を鍛える

毛様体筋を鍛えると視力が回復する

モノが見えるのは、毛様体筋により眼の中にある水晶体が厚くなったり薄くなったりするからです。

毛様体筋がコリ固まっていると、この調整がうまくできません。

これが近視の状態なんです。

ということは、毛様体筋を鍛えて調節する力を取り戻せば視力が戻るとになります。

寄り目で毛様体筋をストレッチ

①人差し指1本を両目で見る。

②目の前までゆっくり近づける。

③ピントが合わなくなったら、視線を外す。

このストレッチで、毛様体筋の血流がよくなって、レンズのピントを合わせる機能が整います。

1日、10回×2セットが目安です。

老眼鏡をかけて毛様体筋を鍛える

①老眼鏡をかける。

②その状態でしばらく遠くを見る。

③目の周りにしびれや疲れを感じたら終了。

老眼鏡のおすすめの度数は、+2くらいのものです。

最近は100均にも売ってあるので、手軽に準備できますね。

1日5分を目安にトレーニングしましょう。

外眼筋を鍛えるトレーニング方法

外眼筋をトレーニングすれば視力はよくなる

眼球をあちこちの方向に動かすための筋肉が「外眼筋」です。

外眼筋が強くなれば、目の周りの血行が良くなります。

そうすることで、得られる効果は…

・目が疲れにくくなる

・近視が改善される

・眼病予防効果がある

なんともうれしい効果ですね!

そのためには、外眼筋の緊張をほぐし鍛えることが必要です。

テレビで紹介され話題になった方法がありました!

たった5分!外眼筋のトレーニング方法

①目をぎゅっと強くつぶり、目を開けて10秒上を見る。

②①の方法で向く方向を下・右・左で行う。

③無限大の字を指で3回書き、それを目で追う。

④人差し指を奥から手前へ動かして目を追う(3回繰り返す)

このトレーニングは5分で終わります。

しかし、この運動やってみると結構疲れます。

日ごろ、それだけ外眼筋を使っていないという事ですね。

このトレーニングを行ったあとすぐに、視力が上がるというから驚きです。

しかし、この方法も即効性はあるけど持続性は弱いです。

毎日継続して行うことで、視力回復が望めます。

ちなみにの方法、メジャーリーグでも行っているそうですよ!

それだけ、効果が期待できるってことですよね!

いろんなツールを利用するものアリ

最近は、視力回復の本やスマホアプリもたくさん登場していますね。

トレーニング方法を動画で紹介してあるサイトもあります。

参考にできるツールを利用するのも近道かもしれませんね!

食べ物で視力回復が期待できる!?

視力回復トレーニングをしつつ、日常の食事にも気を配るとさらに効果が期待できます。

視力回復には抗酸化作用の高い食べ物を

視力低下や老眼などの原因の一つが「活性酸素」だといわれているそうです。

活性酸素から守ってくれるのが、抗酸化作用のある食材です。

活性酸素をおさえて、目を守ってくれる食材を積極的に食べましょう。

目を守る栄養素と食材

【ビタミンA】

ビタミンAは粘膜を強くする作用があります。

目に潤いを与えてくれる効果があるので、ビタミンAが不足すると涙の量が減って、視力低下の原因になります。

かぼちゃ、ニラ、ニンジン、モロヘイヤ、青じそ、小松菜、レバー、うなぎ、すいかなどに多く含まれます。

【ビタミンC】

ビタミンCが不足すると、白内障、老眼になりやすくなります。

眼病予防のためにも、積極的にビタミンCは積極的に摂りましょう。

柑橘類、キウイ、いちご、柿、さつまいも、キャベツなどに多く含まれます。

【ビタミンE】

強力な抗酸化作用があります。

アーモンド、玄米、みかん、ニラ、ブロッコリー、ブリなどに多く含まれます。

【ルテイン】

ルテインは抗酸化作用が高く視力回復に効く!と話題の栄養素です。

近眼、老眼、疲れ目、ドライアイ、白内障になるリスクが少なくなります。

ほうれんそう、ブロッコリー、とうもろこし、グリーンピース、葉レタスなどに多く含まれます。

【アントシアニン】

アントシアニンは増えすぎた活性酸素を除去してくれるので、近視、老眼、白内障にも有効です。

ビルベリー、ブルーベリー、カシス、ブドウ、黒豆などに多く含まれます。

【亜鉛・セレン】

ミネラルは白血球を活性酸素から守ってくれます。

牡蠣、海藻、ホタテ、桜えび、長ネギ、大豆、チーズなどに多く含まれます。

まとめ

視力回復に有効な方法をまとめてみましたが、いかがでしたか?

トレーニング方法にしても、食事の意識にしても、継続して行うことが必要です。

継続は力なり!

地道にコツコツと頑張ることが、視力回復の一番の秘訣だと思います!

 

 

スポンサードリンク