カロリーゼロなのに甘いのが不思議でした。

健康ブームやダイエットブームと共に流行り出したカロリーゼロの飲料水。

カロリーが”ゼロ”なわけですから、特にダイエットしている人にはピッタリというイメージがあります。

だって、ジュースやスポーツドリンクに砂糖ってかなり含まれているらしいですから気になって仕方ないですもんね。

その点、カロリーゼロだったら砂糖を気にしないで良いから安心じゃないですか!

ただ、飲んでみると…。

ゼロカロリー飲料ってめちゃくちゃ甘い!!

普通のジュースと変わりません。

なんでカロリーゼロなのに、この甘さが出せるんだろう…?

気になりますよね!

というわけで調べてみました(^^)

ゼロカロリー飲料が甘い理由

では、砂糖を使っていないにもかかわらず、ゼロカロリーが甘いのはどうしてでしょうか?

その正体は「人工甘味料」でした。

食品には存在しない甘味を人工的に作り出した物になります。

ゼロカロリードリンクの原材料名を見ると必ず「甘味料」って書いてあると思います。

それが、この人工甘味料です。

アスパルテーム、アセスルファムカリウム、スクラロースといった物が一般的。

これらは、砂糖の100倍以上もの甘さがあるのに、カロリーはわずか1/100程度しかありません。

その為、少ない量でも砂糖を使った飲料よりも少ないカロリーで甘味を引き出す事が出来るんですね。

ただ人工的に作った甘味料・・・。

それを聞いただけでも、ちょっと抵抗があるな~(^^;)

ダイエットに向かないのはナゼ?

あれあれ?

ちょっと待ってください。

前項までを見ていると、ゼロカロリーはダイエット向きなイメージがありますよね。

でも実は、その真逆なんです。

その理由をご紹介します!

”太らないから大丈夫”は大間違え!

一見するとダイエット食品みたいですよね。

ですが、あくまでもカロリーが砂糖より低いというだけ。

「太らない」という事では無いんです。

普通のジュースだったら砂糖を気にして制限するのに、カロリーゼロだからとガブガブ飲んでしまう…。

そんな事していませんか?

カロリーゼロとはいえ、ジュースはジュース。

沢山飲めば太ってしまうのは当たり前です!!

太りやすい体質になる!

しかも、人工甘味料は太りやすい体質も作り出してしまう恐れがあります。

通常のカロリーはエネルギー変換されます。

ところが、人工甘味料はカロリーがほぼ無いので、エネルギー変換が出来ません。

その為、体がエネルギーを求めてしまいます。

これにより食欲増進が行われて過食に走ってしまうケースも…。

これが太る原因です。

さらにさらに!

人工甘味料が通常の砂糖と異なる点は、血糖値が上昇しないにも関わらずインスリンは上昇すること。

その為、低血糖を起こして空腹になります。

さらに過食に走る…というわけですね。

インスリンが上昇した状態が頻繁に続けば、体はインスリンの分泌を行わなくて良いと誤認してしまいます。

するとインスリン分泌が行われないので、摂取したカロリーがエネルギー代謝されず、結果的に太りやすい体質の出来上がりなんです…泣。

ゼロカロリー飲料を飲み続けると、ダイエットから程遠い体になってしまうかも!?

太る以外にも危険な可能性が・・・。

中毒性に要注意!

人口甘味料は脳の快楽中枢に影響を与える中毒性が高いんです!

その為、沢山飲み続けるとやめられなくなっちゃいます。

カロリーオフだし大丈夫大丈夫と飲み続けていくうちに太りやすくなるのはもちろん、体にだって良くないですよね。

少なからず最近は砂糖よりも太りやすくて健康に悪影響を与える毒物であると言われている人口甘味料。

ダイエットはもちろん、体のためにも沢山飲まない方が良さそうですね。

さらに、うつ病の原因、腎機能の低下、心筋梗塞のリスクも高まるといわれています。

そう聞くと砂糖が入ったものの方が安全な気もしてきますね・・・。

舌を鈍らせる

沢山甘いものを摂取していると、人間の舌は甘味を感じにくくなります。

砂糖より甘さが強い人口甘味料。

沢山摂取すれば、甘さがだんだんと分からなくなってしまうんです。

甘さを感じにくくなれば、もっと甘いものを求めるようになります。

高カロリーなお菓子やデザートをますます欲してしまう可能性も・・・。

やはり太る原因につながっていきますね。

ダイエットするならゼロカロリーは向かない!

いかがでしょうか?

カロリーゼロ飲料がダイエットに良いというイメージは間違えだったみたいです。

やっぱり砂糖なしであの甘さ・・・。

裏があったんだなぁ。

色々と調べてみた結果、「痩せたい人はゼロカロリー飲料はやめたほうが良い!」という結果に行き着きました。

痩せたいなら水やお茶を飲むのが一番!

ダイエットしている人、しようと思っている人は注意してくださいね!

たまに飲む分は良さそうですが、過剰摂取しすぎないように気をつけましょう!