実は簡単!浴衣は自宅で洗濯できる!

最近は浴衣の値段も安くなって、気軽に楽しめるようになりましたね!

夏祭や花火大会を浴衣で楽しんだ後、お手入れはどうしていますか?

デリケートで扱いにくそうな浴衣ですが、最近は自宅で洗濯できる浴衣も沢山あるんです。

注意点さえ守って洗えば、案外簡単です。

クリーニング代の節約にもなりますし、自分で洗えば愛着もわきますよね^^

浴衣が自宅で洗濯できるか確認する方法

まずは、浴衣が洗濯OKかどうか確認しましょう。

洗濯表示を確認する

浴衣にも洋服と同じように”洗濯表示”があります。

洗濯表示を見て、洗濯機マークや手洗いのマークが記載してあれば洗濯OKという事です。

オーダーでしたてた浴衣など表示がないものもありますが、その場合は慎重に判断しましょう。

基本的に”綿”で出来ているものは洗えると考えて大丈夫です。

色落ちのチェックをする

染料によって、色落ちする場合があります。

洗濯OKの素材でも色落ちしやすいものもあるので、事前にチェックしておきましょう。

【色落ちのチェック方法】

白いタオルに水を付けて、色のある部分を軽くトントンとたたきます。

タオルに色が付く場合は色移りしてしまう可能性があるので、プロのクリーニングに任せた方が安心です。

自宅での洗濯NGの浴衣は?

麻の浴衣…自宅で洗濯すると縮みが激しいのでやめておきましょう。

絞り浴衣…素人が洗うと、絞りが浅くなってしまいます。

その他にも、特殊だと思われる生地の物はクリーニングに出した方がいいですね。

ちなみに、クリーニングに出すと1000円~1500円くらいが相場です。

浴衣の洗濯方法

下処理を行う

洗う時に忘れてはいけない注意点が”襟のしつけ”です。

浴衣の襟は3重になっているので、洗ってる間にグチャグチャによれてしまう事があります。

3重構造が崩れると直すのが難しいので、しつけは必須です。

襟を数ヶ所、ざっくりでいいので大きく縫っておきましょう。

浴衣の洗濯方法(手洗い編)

① たらいやバケツに水と中性洗剤洗剤を入れておく。

② ネットに入れた浴衣をしばらく漬け置きしてから優しく押し洗いをする。

③ 何度か水を変えながら、押し洗いの要領ですすぐ。

④ 洗濯機に入れ軽く脱水をする。(30秒~1分)

浴衣の洗濯方法(洗濯機編)

洗濯ネットに入れ、”手洗いコース””ドライコース”など一番優しいコースで洗って下さい。

ノリをする場合

洗濯→脱水後、洗濯ノリが入った水に浴衣を入れて軽く押しつける。

浴衣全体に浸透したら、軽く脱水をします。

浴衣の干し方

着物用ハンガーがあれば一番なのですが、持ってる人は少ないですよね。

そんな時は、浴衣の袖の部分を物歩石竿に通して干します。

浴衣をかけたらよくシワを伸ばしましょう。

また、浴衣は直射日光で干すと色あせてしまうので、必ず陰干ししましょう。

アイロンがけ

浴衣をうまく干せていればアイロンは不要です。

シワがあったりもっとハリが欲しい場合は、アイロンをかけましょう。

【アイロンがけのポイント】

・化学繊維の者は中低温に設定する。

・綿は霧吹きでしっとりするくらい水分を与えてアイロンをかける。

・浴衣の裏側からアイロンをかける。(もしくは当て布をする)

・アイロン後はすぐにハンガーにかけて湿気をとばす。

浴衣の帯もお手入してますか?

浴衣帯は洗濯できるの?

最近は洗える帯もあるようですが、浴衣帯は基本的には洗わなくて大丈夫です。

着た後は汗などで湿っているので、乾いたタオルなどで汗や汚れを叩くようにふき取ります。

そして、しっかりシワを伸ばして干して乾かしてしまいます。

とはいえ、何シーズンも使っていると汗染みなど気になってくると思います。

そうなったらお手入れが必要ですね。

帯も素材によって自宅で洗濯は出来ます。

ポリエステルや化繊、木綿の帯でひとえのものは家で洗濯しても大丈夫です。

もちろん、洗濯表示がついていたらそれにしたがって洗います。

浴衣同様特殊な素材であれば、クリーニングに出した方が安心です。

浴衣帯の洗い方

浴衣帯は基本的に手洗いがおすすめです。

折りたたんだ状態で、水洗いするか、薄めの中性洗剤でやさしく押す様に洗います。

すすいだ後は、軽くバスタオルで水気を取ってから、伸ばしながら広げて干します。

洗濯機の場合は手洗いコースなど優しいコースで洗ってください。

また、浴衣と同様に、色落ちが心配な場合は事前にタオルでチェックしてみてください。

浴衣帯のお手入頻度は?

浴衣帯はシーズンの最後に1度洗うだけで大丈夫です。

しかし、汚れや臭いなど気になってきたら自宅で洗濯orクリーニングしてみたほうがいいですね。

まとめ

浴衣の洗濯方法についていかがでしたか?

綺麗にお手入して、夏の間に沢山長く楽しみたいですよね^^

自分でお手入れすれば、クリーニング代の節約にもなりますし、着物に親しみも持てます。

是非自分で洗濯してみましょう♪

 

 

スポンサードリンク