「かわいい方言」ランキングで熊本弁が2位!!

私が暮らす熊本。

その方言「熊本弁」が、かわいい方言ランキングで2位に輝いたそうです!

わーーい\( ̄▽ ̄)/

これは素晴らしいことですよ~♪♪

私の郷土愛もとまりません!笑

可愛いのはもちろん、熊本弁には面白いものや不思議なものも沢山あります!

そんな熊本弁の魅力を色々ご紹介しちゃいますね♪

是非ご覧ください\( ̄▽ ̄)/

それから、他の方言の順位はどうなんだ!?っていうのも気になりますよね。

それは次でご紹介します↓

 

方言ランキングの詳細はこんな感じです!

ソニー生命が発表していた「47都道府県別 生活意識調査2016」。

その中に「方言のかわいさ自慢」ランキングがありました。

順位はこんな感じ↓

1位 京都府(22%)
2位 福岡県、熊本県(20%)
4位 宮崎県(19%)
5位 広島県、高知県(17%)
7位 長野県(16%)
8位 徳島県(15%)
9位 青森県、山形県(14%)

う~ん・・・惜しくも京都弁に負けちゃいました。

でも、京都弁って上品なのにパンチがあって素敵だなって思います。

なので、仕方ないか~(^▽^;)

福岡の博多弁とは同着ですね。

似てるからでしょうか。

実際に使っていると似ている部分もあれば全然違う部分もあるんですが、他の県の人からすると分からないですよね。

有名で人気のある博多弁と同着、嬉しいです♪

あ!

ちなみに、「美男美女の多さ」自慢というランキングでも熊本県は2位でした!

うふふ。

なんか自分の済む県が良いジャンルのランキングにランクインしていると嬉しいですね。

自分が美女かはさておき・・・笑

 

色んな熊本弁をご紹介♪

それでは、早速熊本弁を色々ご紹介します!

ちなみにトップ画像の「おもしろかけん、見てはいよ!!」の意味は、「面白いから、見てください!!」になります(^^)

「~ばい」

09

あそこに見えるのが阿蘇山ばい!

訳:あそこに見えるのが阿蘇山だよ!
使う頻度:まぁまぁ

一番有名な熊本弁です。
語尾に付けるだけで簡単に熊本弁の雰囲気が出せます。笑
言い切る感じの言葉に使ってみてくださいね♪

「~(だ)けん」

10

今日も雨だけん、洗濯が出来んで困る~・・・。

訳:今日も雨だから、洗濯が出来なくて困る~・・・。
使う頻度:かなり

かなりナチュラルに使ってしまう熊本弁。
~だから、という時に置き換えると誰でも自然に使えますよ♪

「たいぎゃ」or「たいが」

11

たいぎゃ頑張ったけん、仕事が終わったばい!

訳:かなり頑張ったから、仕事が終わったよ!
頻度:良く使う

私は「たいが」派ですね。
「かなりあるよ!」という時には「たいぎゃ、あっばい!」って言ってみましょう!
言われた人はビックリするでしょうね。笑

「ばってん」

12

それは良かばってん、こっちはどがんなっとると!?

訳:それは良いけど、こっちはどうなってるの!?
頻度:まぁまぁ

これもかなり熊本弁として有名ですね。
~けど、と反対の言葉にもっていくときに使います。

「~(し)よる」

10

今は別の仕事ばしよるけん、それは出来ん・・・。

訳:今は別の仕事をしてるから、それは出来ないな・・・。
頻度:かなり

「~してるから」と進行形の時に使います。
めっちゃ使います。笑

 

玄人向けはコチラ!

「ぎゃん」or「こがん」

09

ぎゃん行ってぎゃん行くと良かよ!

訳:あー行って、こー行くと良いよ!
頻度:「ぎゃん」は使わない・・・。

熊本弁が強い人は「ぎゃん」ですが、そうでも無い人は「こがん」が多いですね。
私も「こがん」はたまに言います。

「とっとっと」

12

これ、とっとっと?

訳:これ、とって(置いて)るの?
頻度:意外に使う

「と」をテンポ良く3つ並べただけなのに、熊本ではきちんと通じます。笑

「すーすーす」

10

なんかここ、すーすーす・・・。

訳:なんかここ、すーすーする(寒い)・・・。
頻度:意外に使う

これも「す」を伸ばしただけ。
でも、伝わります。笑

「むしゃんよか」

13

いや~、今日の取引先の人はむしゃんよかった!

訳:いや~、今日の取引先の人はカッコ良かった!
頻度:使ったことない

かっこつけた人を「武者者(むしゃもん)」というところからきてるそうです。
カッコよいと褒めるときに使います。

 

1988年は熊本弁ブーム!?

実は、1988年頃にわかに熊本弁ブームがあったの知ってますか?

ジャンプで1995年~1997年までに連載されていた『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』。

作者のうすた京介さんが熊本県で育ったこともあって、ところどころに熊本弁が登場するんです。

すっごく面白いギャグマンガで私もはまって読んでましたね~!

そしてすごいよ!!マサルさんがアニメ化された1988年には熊本弁ブームが勃発!

東京を中心に熊本弁で話す若者が増えたというニュースを見たんです。

まぁ、それがどのくらい流行っていたのか・・・今となっては分かりませんが・・・。

博多弁に比べると影の薄いイメージがある熊本弁。

ですが、何気に人気があったという事実もあるんですよ♪

 

愛すべき方言を残すために!!

さて!

熊本弁ばかりをリスペクトしてきましたが、色んな地域それぞれに魅力的な方言がありますよね。

ですが、最近は「方言ばなれ」している若者が増えているようです。

なんだか悲しいですね・・・(T_T)

そういえば、私も幼い頃は「ダサい」と思っていた気がします。

でも、方言についてよーく考えると自分の住む場所に伝わる「個性」なんですよね。

大人になったとたん愛おしく感じるから不思議なものです。

方言を残すためには、人生の大先輩であるおじいちゃん、おばあちゃんと沢山お話をするのに限ると思います!

方言以外にもためになるお話が一杯聞けそうですよね!

きっと若者が興味をもって話しかければ、お年寄りの方も喜ばれると思いますよ(^^)

私たちの愛すべき「方言」。

是非、残して行きましょう!!