女性には特有の口臭があった!

男女問わず、口臭はエチケットとして気になるものですが、女性は30~40代になると口臭がキツくなると言われています。

そして女性の口臭には、女性ならではの原因があるようです。

女性は臭いに敏感ですが、自分の口臭となると気づきにくい分、とても気になるものです。

その原因を知ることで対策もしやすくなりますよね。

そんな、女性の口臭の原因についてまとめてみます。

女性特有の口臭の原因はこれだった!

口臭の原因はストレスから

精神的ストレスは、口臭を引き起こす大きな原因になります。

これは、自律神経が唾液腺に影響を与えるからです。

ストレスを受けると、交感神経が活発に働くことで、唾液の分泌量が抑制されてしまいます。

唾液の分泌が減ると、口中細菌が増殖するため口臭も発生しやすくなるんです。

特に30~40代の女性は、仕事、家事、子育てなど、周りのために多くの時間を費やす毎日を送っています。

自分自身のための時間が少なく、ストレスを溜め込んでしまいやすい年代です。

仕事でも責任ある立場について、やりがいも出てきますが、その分、家庭との両立はハードになってくるでしょう。

職場や家族などの人間関係に悩むことも多く、ストレスの原因は後を絶ちません。

こういう理由から、30~40代の女性は口臭を引き起こす原因を抱えているんです。

生理による口臭

普段口臭がない人でも、生理になると臭いが気になることがあります。

生理中は、女性ホルモンの分泌が低下しし、それに伴い体の抵抗力も低下します。

抵抗力が落ちることで、口の中の最近が増えやすくなって臭いが強くなることがあります。

また、生理前から口臭が強くなることもあります。

これは、排卵前からの体温の上昇が関係しています。

体温が上がることで、お口の中が乾燥する。細菌は口が乾くと一変に増えるので、口臭が発生するようになります。

妊娠による口臭

妊娠すると、エストロゲンという女性ホルモンが、月経時の10~30倍も増えます。

このエストロゲンの量が増えることが原因で、お口の中の唾液の量が減少し口臭が強くなります。

妊娠中にはもう一つの女性ホルモン、プロゲステロンも増加します。

プロゲステロンの影響で、唾液は通常のアルカリ性から酸性へと傾いてしまいます。

酸性になった口の中を、アルカリ性に戻す役割をするのが唾液ですが、妊娠中は唾液量が少ない状態ですので、上手にphのコントロールができません。

口内が酸性になると、虫歯菌や歯周病菌が増えやすくなるため、口臭が強くなってしまいます。

しかし、妊娠してからの口臭は、出産するまでの一時的なもの。

出産してホルモンバランスが元に戻ると口臭も消滅していきます。

女性特有の口臭はどう対策するべき?

イヤな口臭を解消するために、自分自身でできるお手入れ方法をいくつかご紹介します。

ぜひ実践してみてください。

お口の中のお掃除

口臭の原因になるお口の中の汚れは、いくつかの要素が考えられます。

①歯垢(プラーク)

歯の表面や歯間にネバネバした白い物質をみたことがあるかと思いますが、これが歯垢です。

歯垢は放置すると、カルシウムと結びついて約2日ほどで石灰化して歯石になってしまいます。

歯垢や歯石は、歯周病の原因となり、嫌な臭いを発する口臭の元です。

しっかり歯磨きすることはもちろん、定期的に歯医者さんでクリーニングしてもらうことで、口臭を改善できます。

②舌苔(ぜったい)

口臭の強さには、舌がどれだけ汚れているかが大きく左右されます。

舌苔は完全に取り除くことは難しいのです。

しかし、あまりにも多いと口臭が出やすくなるので、舌専用ブラシを使って、定期的にお掃除して舌苔が分厚くならないようにしましょう。

③歯周病の改善

歯間ブラシ、デンタルフロスなどを併用して入念にブラッシングしましょう。

歯周病や歯垢の予防にもなります。

歯と歯の間の歯周ポケットもしっかりブラシが入るよう、気をつけながら磨きましょう。

差し歯や被せ物をしているかたも要注意です。

長期間使い続けることで、中が腐食して歯周病になっている場合があります。

歯周病や虫歯は、硫黄に似た臭いを発生させます。

これらも、歯医者さんの定期チェックを受けることで、口臭を改善することができますよね。

唾液腺のマッサージをする

年齢を重ねるに連れて、喉や唾液腺の周辺の筋肉が衰えてしまうのも、唾液の分泌量が減少する原因の一つです。

3箇所の唾液腺を心地よく刺激することで、唾液の分泌を促す効果があります。

顎の下のちょうど舌の裏あたりに舌下腺があります。

そしてそのまま顎のラインを耳まで上がっていく中間に、顎下腺があります。

もうひとつ、顎のラインの終着点である、耳の前の位置に耳下腺があります。

それぞれから出る唾液の質には違いがあり、サラサラした唾液とネバネバした唾液を分泌しています。

この3つの分泌腺を通るように、顎の下から耳の前にかけて、優しく親指の腹をつかってマッサージしていきましょう。

5~10分ほどで、じんわりと唾液が出てくるのを感じることができるでしょう。

これは即効性があるため、口の中が、パサついているときなど手軽にできます。

知っているととても便利なのでおすすめです。

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスは、唾液と密接な関係があります。

そのため、ホルモンバランスを整えるケアはとても大事です。

特に生理中は、

・十分な睡眠をとる

・いつもよりも栄養をとることを心がける

・好きなことや軽い運動などによって、ストレスをためないようにする

など、気を付けて生活しましょう。

水分を多めにとる

お口の中の粘膜も、体の皮膚の一つです。

肌と同じように、古くなった粘膜はお肌の角質のように剥がれ落ち、その小さなカスも細菌のエサや舌苔の原因になり口臭につながります。

ここでも、やはり改善策は唾液の分泌になりますが、分泌を促す方法の一つとして水分補給は即効性があります。

剥がれ落ちた老廃物を洗い流し、水を飲むことで唾液の量も増え、一気にお口の中の湿度をあげることができます。

細かく水分補給することで、口臭を予防できるので常備しておくと安心でしょう。

まとめ

女性特有の口臭についてまとめてみました。

女性の口臭の原因を探ってみると、実は自律神経ホルモンの影響が大きいことが分かりますよね。

口臭の予防や改善には、この2つのバランスの健康管理がとても重要というわけです。

女性なら、相手に自分の口臭が気にならないよう気を配るのがエチケットです。

しっかり対策して、口の中を清潔に保ちましょう。

スポンサードリンク