梅雨時期でも安心!室内でできる有酸素運動

薄着になってきて、体系が気になる時期になりましたね。

これからの季節は、ダイエットを試みる方も多いのではないでしょうか?

でも、食事によるダイエットは、即効性があっても長続きしない人がほとんどでしょう。

健康的に、かつ、持続性のあるダイエットなら、やはり運動に勝るものはありません。

体脂肪を効果的に燃焼させる運動といったら「有酸素運動」ですよね。

とは言え、ジムに行く時間がない、帰宅が遅いので外を走れない、雨が降ったらできない。

など外で運動することが難しい場合も多いです。

でもご安心を!

有酸素運動の種類によっては自宅の室内でできるものがあるんですよ。

今回は、雨が降っても自宅で簡単にできる有酸素運動をご紹介します。

室内でできる有酸素運動

梅雨でも安心!自宅でできる有酸素運動をご紹介します。

どれもとても簡単な運動なので、できるものからチャレンジしてみてくださいね。

踏み台昇降(ステッパー)

最初にご紹介するのは、踏み台昇降(ステッパー)です。

狭いスペースできて超簡単です。

子供の頃、小学校の体力テストで踏み台昇降をして、脈拍を計った経験がある方も多いんじゃないでしょうか?

その踏み台昇降は、有酸素運動になるんですよ!

消費カロリーは、30分で約150kcalです。

【踏み台昇降のやり方】

段差があるところを一段上っては降りるを繰り返すだけ。

自宅の狭い室内でもできますし、もちろん天候に左右されません。

テレビを見ながでもできますのでオススメなんですよ。

今では踏み台昇降用の台がホームセンターなどで売られています。

もちろん専用の台を買わなくても、階段などの自宅の段差を使ってもOK!

踏み台昇降は、老若男女、誰でもできる有酸素運動です。

とても簡単なので、チャレンジしてみてください。

もも上げ運動

単調な運動ですが、その場で「もも上げ」をするだけでも有酸素運動になります。

もも上げ運動は、やり方次第で「ぽっこりお腹」を解消することができます。

もも上げ運動で膝を股関節より高く持ち上げると、インナーマッスルである「腸腰筋」を鍛えることができるからなんです。

また腸腰筋のようなインナーマッスルを鍛えると、基礎代謝を上がりやすくなり、より脂肪を燃やすことできるんですよ。

インナーマッスルを鍛えることは、ダイエット法の1つにもなっています。

もも上げ運動の消費カロリーは、30分で約150kcalになります。

 

【もも上げのやり方】

背筋を伸ばして、その場でゆっくり足踏みをしながら、膝を股関節より高く持ち上げるだけです。

股関節より高い位置に手を前に差し出して、その手のひらに膝が当たるように膝を持ち上げるとやりやすいですよ。

テレビを見ながらでもできるので、ぜひチャレンジしてみてください。

フラフープ

子供の頃に遊んだフラフープも有酸素運動になります。

フラフープを回しているとお腹や腰回りの筋肉を使い、さらにフラフープがお腹を刺激するので、お腹の引き締めにも効果も期待できます。

フラフープの消費カロリーは30分で約300Kcalになるといわれています。

早歩きのウォーキングを30分行っても、200kcalは消費できないそうです。

それを考えると、フラフープの消費カロリーの高さがうかがえますね!

最近では、フラフープは100円ショップでも売られているぐらい、手軽に手に入るので、すぐにでも始められますね。

フラフープをまわすには少し場所をとりますが、踏み台昇降と同じように天候に左右されませんし、テレビを見ながらできまるのでオススメです。

お風呂に入る

意外かもしれませんが、お風呂に入ることは有酸素運動をするのと同じ効果が得られるといわれています。

例えば、40℃以下の温めのお湯に浸かっていると、ウォーキングをしているのと同じ効果が得られるんだそうです。

消費カロリーは30分で100kcalになります。

ただし、長くお湯に浸かっていると体への負担になりますので、20~30分程にしておくのがちょうど良いでしょう。

さらにお風呂を有酸素運動として効果を上げるなら、5~10分お湯に浸かったら一度湯船から出て、またお湯に浸かる、というのを繰り返すいいです。

普段シャワーだけで済ませがちな人は、雨が降った日ぐらいは、自宅でお風呂に入りながらリフレッシュして、ついでに脂肪を燃やすのも良いかもしれませんね。

家事

毎日欠かすことができない家事。実はこれも立派な有酸素運動なんです。

「部屋」「お風呂」「キッチン」「トイレ」などの掃除は、とても疲れますよね

また、洗濯物を干したり取り込んだり、買い物に行くのもエネルギーを使います。

こうした家事を続けているだけでも、脂肪燃焼してエネルギーに変わるので、ダイエットになるんですよ。

一般的な家事の消費カロリーは、こんな感じです。

・お掃除(約70kcal/30分)

・料理作り(約60kcal/30分)

・皿洗い(約50kcal/30分)

・洗濯(約55kcal/30分)

・アイロンがけ(約50cal/30分)

他の有酸素運動と比べると低いですよね。

しかし、掃除をする回数や場所を増やすと、それだけ脂肪が燃焼しますし、自宅もきれいになって一石二鳥ですね。

知らないと苦情が!室内で運動する方法と対策

室内で運動するとやはり気になるのが「騒音問題」です。

静かに運動するために、以下のことに注意しましょう。

靴ははかない

室内で靴をはいて動き回ると音が響きわったってうるさくなります。

室内で音をたてないようにするには靴を履かずにやりましょう。

ヨガソックスを履く、または裸足

裸足でもいいですが、裸足ではやり難い場合は、ヨガソックスというグリップ性に優れたソックスを履くのもおすすめです。

ダイエットへのモチベーションもあがるし、値段も1000円くらいで買えるので、まずは試しててはいかがでしょうか?

寒い冬の季節でもヨガソックスがあると暖かいので、運動しやすいですよ。

ヨガマットの上で運動する

少しでも足音を消せるように、ヨガマットなどの上で運動しましょう。

厚さも10mm以上あるといいです。

着地はサラッと「つま先から」

室内でする有酸素運動はサラッとつま先から着地しましょう。

激しくしないと運動効果がないと思ってしまう人もいますが、関係ありません。

つま先からサラッと着地することで、音をたてないだけではなくインナーマッスルも鍛えられるので、スラーっとした筋肉にすることができますよ。

まとめ

室内でできる有酸素運動をご紹介しました。

梅雨のような雨のシーズンだと外で運動できない日も多くあります。

でも紹介したように家の中でもできる有酸素運動はたくさんあります。

有酸素運動でダイエットをするには、少しでも運動をする機会を増やすことが大切です。

雨の日はもちろん、ちょっとした時間に有酸素運動をしてダイエットを成功させましょう。

テレビを見ながらでもできるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

スポンサードリンク