食べてダイエット!玄米が効果的って本当?

玄米が白米より栄養価が高いことは、何となくご存知の人も多いと思います。

そんな玄米が、実はダイエット食材としても非常に優秀であることも注目されています。

玄米ダイエットは、健康を増進しながら痩せることができる!という、理想的なダイエット法なんです!

なぜ玄米がダイエットに効果的なのか?どんなやり方が正しいのか?ご紹介します。

玄米がダイエットに効果的な理由

玄米にダイエット効果が期待できるのには、こんな理由があります。

GI値が低い

食材には太りやすい食材と太りにくい食材がありますが、その目安になるのがGI値です。

白米のGI値が「85」なのに対し、玄米のGI値は「56」です。

白米と玄米のカロリーはほとんど変わりませんが、このGI値の大きさの違いが太りやすいと太りにくいの違いを作り出しているんです。

かむ回数が増える

玄米は白米に比べて食物繊維なども豊富な為、噛み応えがあり、自然と噛む回数が増えていきます。

噛む回数が増えるとそれだけ満腹中枢が刺激されることになり、食べ過ぎ防止につながります。

特に早食いなどがクセになっている人には効果的なダイエット方法なんです。

また、よく噛むことで「ノルアドレナリン」というホルモンが働き、内臓脂肪が減少することもわかっています。

便秘改善

玄米には白米の約5倍もの食物繊維が含まれています。

胃や腸の中で食物繊維が水分を含むと大きく膨らみ、便の量が増えると同時に、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動が促され便通が良くなります。

また、便秘が解消することで代謝も良くなり、結果的にダイエットにも良い効果が期待できます。

腹持ちがいい

玄米には多くの食物繊維が含まれていることで、噛みごたえがあります。

自然とかむ回数が多くなり、食事がゆっくりになり、食べ過ぎ防止にも役立ちます。

それだけでなく、腹持ちもよいので、間食をしなくても我慢できるようになってきます。

ビタミンB群が豊富

玄米にはビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンB1は糖質の代謝を、ビタミンB2は脂質の代謝を、それぞれ促します。

これらがダイエット効果につながるんです。

和食メインになってくる

玄米食を続けていくと、食事内容も変わっていくようになります。

玄米だと、洋食の味付けがあまり合わないので、自然と和食中心のメニューへと変化していきます。

、玄米そのものに旨味があるため、強い味付けのおかずがなくてもご飯を楽しむことができるでしょう。

玄米を主食に変えることで、自然と食事全体の摂取カロリーも抑えられるため、無理なくダイエットしていくことができる!というわけです。

玄米ダイエットの正しいやり方

玄米ダイエットの基本のやり方は、すごく簡単!

今まで食べていた白米を玄米に置き換えるだけです。

おかずについては、特に決まりはありません。

玄米を食べれば痩せる!

とは言え、ただやみくもに玄米を食べても痩せることはできません。

これまで食べてきた美味しい白米を急に玄米に変えても、食べ慣れていないためイヤになって挫折してしまうこともあります。

そうならないよう、少しずつ玄米を取り入れていくのが長く続けるコツです。

玄米を食べる回数を少しずつ増やす

玄米ダイエットは、今まで食べていた白米を玄米に置き換えるのが基本ですが、急にすべての食事を玄米に代えると胃腸に負担もかかります。

まず、1日1食から始めてみましょう。

しばらく食べ慣れてきたら回数を増やしましょう。

もちろん、1食よりも3食を玄米にした方が効果も上がります。

白米とブレンドして食べる

いきなり全ての主食を玄米にすると、独特の香りや食感が苦手だという人も少なからずあります。

食事は毎日のことなので、まずはその苦手意識を払拭していくのが大事です。

苦手な人は、最初のうちは白米と玄米をブレンドしてみましょう。

こうすることで、玄米の独特な風味を和らげることができます。

はじめは玄米は1割程度でも構いません。

だんだんと割合を増やして、慣れてきたら玄米100%にしていきましょう。

少しの量で噛み応えが変わってきますので、よく噛んで食べれば、それだけでも十分ダイエット効果がありますよ!

玄米をおいしく炊くコツ

玄米を炊いたら「パサパサする」「芯が固い」なんて経験ありませんか?

玄米は普通の白米とは違って、慣れていないと炊くのを失敗しやすいです。

しかし、ちょっとしたコツでおいしく炊くことができます。

しっかり吸水させる

玄米は、しっかり吸水させることでおいしく炊けます。

(夏場:2~3時間/冬場:6時間以上)

水に浸すのがすこし面倒ですが、寝ている間や仕事に行っている間に吸水時間を設けるなどすれば苦になりませんよ。

塩を入れる

塩を入れて炊くことで、お米が水分を吸収しやすくなります。

また、ナトリウムでカリウムが中和されて独特の苦みが消え、美味しく炊きあがります。

一合に対し一つまみの塩を入れて炊いてみましょう。

圧力鍋や土鍋で炊く

炊飯器の玄米モードでも炊けるのですが、もっとおいしく炊くなら圧力なべや土鍋の方がおすすめです。

少し手間はかかりのですが、モチモチ触感でおいしく炊きあがりますよ。

まとめ

玄米ダイエットは、普段食べている白米を玄米に置き換えるだけのシンプルなダイエット法です。

玄米さえあれば出来ます。

苦痛な食事制限をしなくていいので、ストレス無くダイエットできるのはうれしいですね!

ダイエット効果だけでなく、美容や健康にもいい玄米は、是非普段の食事に取り入れたい食材です。

玄米を取り入れ、身体の中から健康に美しく変身していきましょう♪

スポンサードリンク