あなたの爪、割れやすくなってませんか?

ネイルアートなど、爪のおしゃれが流行っていますね。

だけどその一方、「せっかくキレイに爪が割れしまった。」なんて人も多くなってきたようです。

爪が割れてしまうと、健康の面はもちろん、洋服に引っかかったり、オシャレの点でも気になりますよね。

なぜ、あなたの爪はわれやすいのでしょうか?

爪が割れてしまう原因と、爪を丈夫にする対策方法をご紹介していきます。

爪が割れやすくなる原因とは?

爪が割れる原因には、様々なことが考えられます。

自分に当てはまりそうな原因がないか、チェックしてみてください。

洗剤や除光液などによる刺激と乾燥

身体の最先端で指先を守っている爪は、常に外からの刺激にさらされています。

毎日、家事で食器を洗うこともそのひとつ。

洗剤が刺激となって、爪の表面に細かな割れが生じることがあります。

悪化すると、割れてしまうことも。。。

また、マニキュアの除光液も爪への刺激になります。

除光液によって爪の表面の水分が奪われ、乾燥し割れやすくなります。

偏った食生活

偏った食生活も爪が割れる原因になります。

皮膚と同じタンパク質でつくられている爪は、そのタンパク質を十分に摂らないと、爪自体が弱ってしまいます。

ビタミンAも爪を健康に保つための大事な栄養素です。

ビタミンAが不足すると、乾燥によって爪が割れやすくなります。

また、ビタミンB2も爪を新しく生まれ変わらせる為の栄養素です。

不足すると、爪からツヤがなくなり爪の成長を妨げます。

偏食はもちろんですが、ダイエットなどで栄養が不足してしまうのも、爪に栄養が行き届かず割れやすくなってしまいます。

冷え性

手足の先端が冷えたままだと、血液がうまく循環せず、爪まで栄養が行き届きません。

食事などでバランスよく栄養を取り入れたとしても、全身に行き届かなければ意味がありませんよね。

冬に爪が割れやすいと思ったら、冷え性を疑ってみてください。

爪の割れ、こんな病気の可能性も!?

爪甲縦裂症(そうこうじゅうれつしょう)

爪が割れる原因には、「爪甲縦裂症」という病気も考えられます。

爪の根元になんらかの疾患があり、表面が薄くはがれてしまったり、縦に割れてしまいます。

加齢や湿疹、甲状腺機能障害、マニキュアなどの影響で起こります。

爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)

「爪甲剥離症」とは、爪の先端が割れたりはがれたりしてしまう状態のことです。

爪の先端が薄く層のように剥がれてしまう、「二枚爪(にまいづめ)」もこの一種です。

爪白癬(つめはくせん)

爪白癬はいわゆる「爪水虫」のことです。

爪と皮膚の間に白癬菌が増殖し住みついた状態です。

爪白癬にかかると、爪の表面が白くなって濁ったり、黄色っぽくなり、爪の質がもろくなります。

爪が割れやすい人がやるべき対策方法

爪が弱く割れやすい場合は、どんな対処をすればいいのでしょうか?

爪の乾燥を防ぐ

台所用洗剤や除光液の刺激やにより、乾燥することが爪割れの大きな原因です。

食器洗いをしないわけにはいかないので、洗う時には手袋をすると良いですね。

ネイルの頻度を頻度を減らして、爪を休ませる期間も作ってあげましょう。

また、美容液やクリームなどで、爪や爪の周りをしっかり保湿することも大切です。

冬は乾燥のひどい時期には、お肌とともに爪もカサカサしてしまいますよね。

そんな時は、いつも以上にしっかり爪も保湿ケアしましょう。

爪のマッサージをする

冷え性など、指先の血行不良により、爪まで栄養が行き届かないということも爪割れの原因に繋がります。

指や爪のマッサージをして血行を良くしておきましょう。

爪のマッサージには、冷え性以外にも不眠症や免疫力アップやダイエットにも効果が見込まれているそうです。

試してみる価値はあるかもしれませんね!

爪用のオイルや美容液などを使ってマッサージするとリラックス効果も高まるのでおすすめですよ。

バランスのいい食事をする

爪の主成分であるタンパク質、爪の乾燥を防ぐビタミンA、爪の成長を促すビタミンB2をしっかり摂るようにしましょう。

その他、アミノ酸やカルシウム、亜鉛なども不足すると爪がもろくなってしまいます。

これらをバランスよく摂ることで、爪割れだけでなく、さまざまな爪トラブルを防いでくれます。

≪爪にいい食材≫

・カルシウム ヨーグルト、チーズ、モロヘイヤ

・鉄 レバー、ひじき、さば・アーモンド

・亜鉛 牡蠣、ゴマ、卵黄

・マグネシウム 納豆、ピーナッツ

・ビタミンC いちご、ブロッコリー、ジャガイモ

・ビタミンB2 レバー、牛乳、さんま

・ビタミンB6 とうもろこし、豆類、魚類

睡眠をきちんととる

睡眠をしっかりとれば、成長ホルモンが沢山分泌できます。

お肌も同様ですが、成長ホルモンが分泌されるほど、傷んだ爪の修復が進みます。

睡眠不足が慢性化すると、爪が弱くなり修復も遅れます。

お肌のためにも、爪のためにも、睡眠はきっちりとりましょう。

病院を受診する

爪割れの原因は病気も考えられます。

爪割れがなかなか治らない、悪化するという場合には注意が必要です。

爪は皮膚と同じなので、爪割れを診てもらう場合には皮膚科を受診します。

しかし皮膚科の治療で改善されない時には、最悪の場合、全身疾患などの疑いも出てくるので、総合病院を受診してみることをおすすめします。

まとめ

爪が割れやすい原因と対策方法についてご紹介しました。

あなたに心当たりのある原因は見つかりましたか?

爪割れ対策は、即効性がなく、ゆっくり効果が表れるものがほとんどです。

割れてしまってから慌てるのではなく、普段から爪に気を配ってあげることがとても大切です。

原因を探ってコツコツとケアをし、指先美人になりましょう♪

スポンサードリンク