新玉ねぎをたくさん使っておいしく大変身!

新玉ねぎのおいしい季節ですね!

たくさん頂いたり、ついつい買いすぎてしまったり、という時もあると思います。

新玉ねぎは特に傷みやすいので、早めに消費したいものです。

たくさん消費しないとまずい!

なんて時に最適な、玉ねぎをったっぷい使ったメニューを集めました。

沢山買っても大丈夫!新玉ねぎの大量消費術!

新玉ねぎの丸ごとレンチン

電子レンジでチンするだけでできる、簡単レシピ!

玉ねぎの甘みが、電子レンジでチンすることで、より引き立ちます。

【材料】

新玉ねぎ(普通の玉ねぎでもOK)

好みの調味料

【作り方】

① 皮を剥いた玉ねぎに切れ目を入れてお皿に入れラップをしレンジでチン!
※大玉だと、600Wで4分くらい

② 味付けは、マヨねーず、ポン酢、醤油、麺つゆなどお好みで♪

新玉ねぎのマリネサラダ

さっと茹でた材料を、マリネ液につけて味をなじませるだけの簡単レシピ!

あとひと品なにか欲しい、というときにぴったりです。

お好きな野菜などを更に加えてアレンジも出きますよ。

【材料】

玉ねぎ 1個

エノキ 1/2袋

エリンギ 1パック

☆赤唐辛子 1本

☆ニンニクみじん切り 1/4片分

☆レモン汁 1/2個分

塩・コショウ 少々

オリーブオイル  大さじ2

【作り方】

① 玉ネギは縦5mm厚さに切る。

② エリンギは半分の長さに切り、縦6~8つに裂く。

② エノキは袋ごと根元を切り落とし、食べやすい大きさに分ける。

③ ボウルに☆の調味料を合わせておく。

④ たっぷりの熱湯に塩少々を加え、玉ネギ、キノコ類をサッとゆでる。

⑤ 熱いうちに、合わせた☆のマリネ液に漬け、味がなじんだら出来上がり。

玉ねぎのスープ

たまねぎの他にも、好みの野菜を加えてアレンジできます。

【材料】

玉ねぎ 1/4個

しめじ 1/4パック

キクラゲ 3g

固形スープの素 1個

水 350ml

酒大さじ 1.5

しょうゆ 小さじ1.5

コショウ 少々

【作り方】

① 玉ネギは縦薄切りにする。

② しめじジは石づきを切り落とし、小房に分ける。

③ キクラゲは水で柔らかくもどし、細切りにする。

④ 鍋に水、固形スープの素を入れ、煮たったら具材を入れる。

⑤ 玉ねぎが半透明になったら、酒、しょうゆ、を加えコショウで味を調える。

玉ねぎのポタージュスープ

たまねぎを丸ごと1個使ったポタージュです。

豆腐を使っているので、ポタージュとはいえ意外とヘルシーです。

【材料】

玉ねぎ 1個

豆腐 150g

☆水 200ml

☆顆粒スープの素 小さじ2

牛乳 100ml

塩・コショウ 少々

バター 10g

サラダ油 小さじ2

【作り方】

① 玉ネギは横に薄切りにする。

② 鍋にサラダ油とバターを熱し、玉ネギをしんなりするまで炒める。

③ ②の鍋に☆の材料を加え、煮たったら火を弱めて蓋をして6~7分煮る。

④ ミキサーに豆腐と②を入れてかくはんし、一度網を通して鍋に戻す。

⑤ 牛乳を加えて火にかけ、煮たつ直前に塩・コショウで味を調えて出来上がり。

※フライドオニオンがあれば、最後に散らすと食感もよくおすすめです。

玉ねぎ丸ごとコンソメスープ

玉ねぎを丸ごと使ったインパクト大のスープです。

【材料】

玉ねぎ 1個

チキンコンソメ 1個

水 500cc

黒胡椒 適量

パセリのみじん切り お好みで

【作り方】

① 玉ねぎは皮をむいて、根の部分をくり抜く

② 鍋に、玉ねぎ、水、コンソメを入れ、落し蓋をして煮込む。(中火で30分)

③ スープの味をみて薄いようだったらもう少し込み煮込みます。

④ 黒コショウで味を調えてたら出来上がり。

⑤ 器に盛ったら、好みでパセリをのせましょう。

新玉ねぎの上手な保存方法

新玉ねぎは普通の玉ねぎよりも甘みがあって美味しいですね。

しかしその分、糖分や水分が多いため保存期間が短いのが難点です。

そんな新玉ねぎが長持ちする保存方法をご紹介します。

せっかくのおいしい食材ですから、長くおいしく楽しみたいですね♪

常温での保存方法

風通しのいい場所で保存するのがベストです。

・カゴに入れて風通しのいい場所に置く

・ネットに入れて風通しのいい場所につるしておく

・ストッキングの足の部分にためねぎを入れてつるしておく

いずれも日光の当たらない涼しい場所で保存しましょう。

ちなみに、キッチン周辺は湿気が多いのであまりお勧めできません。

冷蔵庫での保存方法

① 新聞紙を一度くしゃくしゃにしてしわを作ったもので玉ねぎを包む。

② そのまま冷蔵庫で保管する。

※ビニールに入れると湿気で傷みやすくなるので、ビニールには入れません。

まとめ

新玉ねぎの、大量消費レシピや保存方法をご紹介しました。

これなら、たくさんあっても困りません。

簡単なレシピばかりを集めてみましたので、是非お試しあれ!

旬のおいしい野菜を、存分に楽しみましょう♪

スポンサードリンク