エアコンを使わなくても室温は下げれる?

暑い夏、冷房に慣れてしまうと体調を崩してしまったり、冷えてしまったり、

エアコンが苦手という人も多いでしょう。

また、節電のためにもできるだけエアコンを使わないで部屋を涼しくしたい、と考えている人も多いと思います。

実はエアコンを使わなくても、手軽に部屋の温度を下げる方法があるんです。

エアコンのない時代から工夫されてきた、部屋の中を涼しくする知恵をご紹介します。

生活の知恵で室温を下げる方法

直射日光を遮る

室温を上げないためには、直射日光を遮断することが重要です。

外での日向と日陰の温度差は、3~4℃も差があります。

室内に直射日光が照りつけると熱がこもるので、室温は外より高くなるんです。

そのためには、一日の始まりに、不要な熱を室内に入れないことから始めましょう。

朝日が差し込んでくると徐々に室温は上がってきます。

日光による気温の上昇を減らすためにも、寝ている間、カーテンは閉めておきましょう。

仕事などで日中に家を空ける場合は、日光を通さないようにカーテンを閉めて出かけましょう。

風通しをよくする

日中、自宅にいる場合厚めのカーテンを閉めたままというわけにもいきませんよね。

エアコンを使わないのなら、窓も開けておかないと耐えられませんよね。

でも、窓は一つ開けただけでは空気が流れず、風は入ってこないので熱も逃げません。

窓は複数、空気が通り抜けられるように対になった窓も開けておくのがポイントです。

窓が1か所しかない場合は、玄関のドアを開けておくのも一つの手です。

でも、玄関を開けておくっていろいろ心配ですよね。

内からチェーンをかけて、隙間に何かはさんで少しでも開けておくと風が通りやすくなります。

それも抵抗があるなら、換気扇をつけてみましょう。

すだれを使う

カーテンは日光を遮るのにいい方法ですが、部屋の内側にあるので、吸収した熱を室内にこもらせてしまいます。

そこで、一役かってくれるのが”すだれ”なんです。

すだれは外につるすものなので、受けた熱は室内にはこもりません。

ベランダのコンクリートなども相当な照り返しがあります。

ベランダ自体を日陰にすれば、照り返しによる熱も抑えられるってわけです。

最近では、100均でも打ってありますね。

いくつか買ってつるしてみてください。

グリーンカーテンをつくる

朝顔やゴーヤなどツル性の植物を植えてグリーンカーテンを作るのもおすすめです。

外から見ても、キレイに緑が整えられているとオシャレにも見えます。

ゴーヤだったら収穫して食べれるので一石二鳥です。

ツル系の観葉植物を上から下に垂らしておいてみてもいいですね♪

打ち水をする

路面に水を撒くと、水が蒸発する際に熱を奪うって涼しくなってきます。

昔から行われている、生活の知恵ですね。

マンションやアパートの場合は、ベランダに水を撒いてみましょう。

しかし、打ち水は日が高いうちにやると、逆効果です。

打ち水をするタイミングは、日が暮れはじめて体感温度が下がってきたころが最適です。

電化製品の熱を逃がす

私達の生活に欠かせないテレビやパソコンから発せられる熱は、部屋の温度を上げてしまいます。

テレビやパソコンから発せられる熱を逃がすように、扇風機の風を当ててあげましょう。

それだけで、部屋の温度が下がることがあります。

扇風機をつかって室温を下げる方法

夏場はいくらカーテンを閉めていても、室内温度は上がってきます。

窓を開けているだけでは、耐えられない時もありますよね。

そんなときは扇風機を活用しましょう。

扇風機を置く位置が重要

扇風機は窓際に置きましょう。

窓を開けていても暑さがこもっているなら、窓に向かってまわします。

これは、換気扇と同じ原理で部屋の熱気を外に押し出すのです。

室内の熱気が出たら、窓を背にしてまわしましょう。

外の空気が室温より低いと涼しい風が入ってきますよ。

ペットボトルを使って涼しくする

水を入れて凍らせたペットボトルと、水を張った洗面器に入れて扇風機の前に置きます。

ペットボトルの冷気が扇風機の風にのって循環し、冷やされた水が気化する時に

周りの熱を奪って涼しくなります。

濡れタオルを使って涼しくする

冷蔵庫で冷やしておいた濡れタオルを扇風機の後部にひっかけます。

背面から冷やされた空気が送られてきて、涼しくなります。

前にかけてもいいようですが、風を遮ってしまうので、後ろの方がいいです。

まとめ

室温を下げる方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

外があまりに暑いときは、窓を開けてもあまり効果がないかもしれません。

猛暑でない限りご紹介した方法で、エアコンなしでも過ごせると思います。

エアコンをつける場合でも、上記の方法を併用することで、

エアコンの温度は上げることができるので、節電にもなりますよ。

体調のためにも、節電のためにも、是非お試しあれ♪

スポンサードリンク