洗濯機を選ぶ際、自分にあった洗濯機はどれを選べばいいのかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

「安くて容量も大きかったから買ったけど、音がうるさい」

「乾燥機付きを買ったけど使わない」

「容量が小さくて洗濯回数が増えてしまった」

なんて失敗の声も多いものです。

一度買うと長く付き合うことになる洗濯機。

値段も安くないし、洗濯機選びは絶対に失敗はしたくないですよね。

一人暮らしからファミリーまで、目的や用途別に合わせたあなたにピッタリの洗濯機の選び方をご紹介します。

自分にあった洗濯機のサイズの選び方は?

洗濯機は本体のサイズに比例して洗濯できる容量も当然多くなります。

そして同じ量の洗濯物を洗う場合でも、洗濯層が大きい機種のほうが仕上がりはよくなる傾向にあります。

「大は小を兼ねる」まさにその通りです。

本体のサイズが同じ洗濯機の機種であれば、対応できる容量の大きい機種を選ぶのが失敗しないポイントです。

一日の洗濯量からサイズを選ぼう

洗濯機の基本的な選び方は、一日どれくらいの洗濯物が出るかを目安に考えましょう。

毎日洗濯する人もいれば、1週間溜め込んでまとめ洗いをするなど、人によっても洗濯をする頻度はバラバラですよね。

しかし、世帯平均の調査によると1回の洗濯で一人分の洗濯量は約1.5kgと言われています。

(※ちなみに1.5kg→Tシャツ10枚くらい。)

この量を元に、サイズを選ぶと簡単です。

1人~2人暮らしの家庭に最適な容量とは?

一日の平均を目安に考えると、夫婦のみなど2人暮らしの場合、1回の洗濯量は約3.0kgくらいということになります。

しかし、設置スペースがあるからといって無駄に大きい洗濯機を選んでしまうのはNGです。

洗濯容量に見合わず、電気代や水道代が高くついてしまうこともある為です。

ちなみに、洗濯機が最も効率よく運転できる容量は定格容量の8割程度といわれています。

ということは、単身や夫婦のみの世帯には4.2kg~5kg位の容量がある洗濯機を選べば十分ということになりますね。

4人家族程の一般家庭に適した容量とは?

4人家族ほどの一般家庭では1回の洗濯量は約6.0kgほどになります。

まだお子様が小さい家庭などはサイズも小さくなるので当然洗濯量も少なくなりますが、

これを基準に選んでいけば簡単です。

ということは、一般的な家庭では7kg~8kgの容量がある洗濯機を選べばいいということになります。

ライフスタイルで洗濯物の量も変わるので、そのあたりも考えつつ、サイズを考えるといいですね。

乾燥可能な容量を基準に選ぶ

洗濯機の多くの機種は洗濯可能な容量と乾燥可能な容量は異なります。

もし乾燥機能を重視して使用したい場合、一度に乾燥できる容量を基準に選ぶことも洗濯機選びのコツです。

縦型とドラム式洗濯機の違いやメリット・デメリットは?

自分に最適な洗濯機のサイズはわかったところで、もう一つの悩みどころが出てくると思います。

洗濯機を選ぶ際に「縦型」と「ドラム式」のどちらを選んだらいいのか悩む人も多いんです。

特徴やメリットデメリットをまとめてみました。

ドラム式の特徴やメリット・デメリット

ドラム式洗濯機は、ドラム缶を回転させることによって上から下へと落とすことによって叩き洗いをする。

【メリット】

・洗濯層に水を張らない分、縦型の約70%の水量で洗濯できる

・乾燥機能が優れている

・節水効果が高い

・シワになりにくい

【デメリット】

・洗浄力が弱い

・構造が複雑なため故障やエラーが起きやすい

・乾燥機能を使うと電気代高い

・サイズが大きい

・乾燥時の音がうるさい

縦型洗濯機の特徴やメリット・デメリット

【縦型洗濯機の特徴】

洗濯層に溜めた水の中で水流をおこしこすり洗いをする

【メリット】

・洗濯層に水を張る分洗浄能力が高い

・小さいサイズもある

・価格も安め

【デメリット】

・乾燥機能が劣る

・水量を多く使うため節水効果が低い

・電気代を多く使う

・シワになりやすい

洗濯機選びに注意すべきポイント

ここまでくれば自分に合った洗濯機はある程度しぼりこめたのではないでしょうか?

しかし、欲しい商品が見つかったからといって安易に決めてしまうと後悔することになります。

絶対に失敗しないためにも、洗濯機選びの際に絶対に注意しなくてはいけないポイントがあります。

洗濯機置き場までの搬入スペースの確認

洗濯機を選ぶ際に絶対に最初に確認しなければいけないことの1つが、洗濯機置き場まで運べるスペースが確保できているか?です。

洗濯機置き場までの搬入ルートに狭い場所があったり、扉を外さないと置き場まで設置できないケースもあります。

特にビックドラムなど大型のドラム式洗濯機を選ぶ際は、注意が必要です。

「買ったのはいいけど入らなかった」なんてことがないように、しっかり寸法を測り設置可能かよく確認しておきましょう。

洗濯機のサイズを確認する

設置する際に洗濯機置き場に洗濯機が収まらない、収まったけど取り付けができないということがないようにサイズは必ず確認しましょう。

・洗濯機のサイズ

・洗濯機置き場のサイズ

この2点をしっかり計ってから選ぶようにしましょう。

よくマンションに設置されている”防水パン”は、だいたいどのタイプの洗濯機でも取り付けることは出来ますが、例外があるようです。

ごく稀ですが、ビックドラムのなど機種は防水パンの位置によっては取り付けができないことがあるようです。

もしビックドラムを検討していたら、しっかり確認しておくべきです。

蛇口の高さ、位置を確認する

ドラム式洗濯機を選んだ際に良くあることですが、

・蛇口の高さが低くて洗濯機に蛇口が接触してしまう

・洗濯機と蛇口との距離が近すぎて給水ホースがうまく取り付けできない

こんな例は、良く起こるそうですよ。

買ってからそんな事が起こらないよう洗濯機の高さと蛇口の高さもしっかり確認しておきましょう。

扉の開閉方向を確認する

ドラム式洗濯機の場合、正面から開閉することになるので、右開きか左開きかを確認しておく必要があります。

家の造りによっても使い勝手が悪くなることもあります。

いざ使う時に、洗濯物が取り出しづらい、扉が開かない、なんてことにならないよう気をつけましょう。

まとめ

失敗しない洗濯機の選び方についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

洗濯機は、一生に何度も買い替える機会はありませんが、だからこそ失敗したくない買い物です。

安いから!と安易に選んでしまっては失敗して、逆に高くついてしまうこともあります。

長く付き合う洗濯機ですから、慎重に自分に合うものを選びましょう。

スポンサードリンク