自然のサプリメント”ドライフルーツ”には栄養がいっぱい!

コンビニやスーパーなどでいろいろな種類を目にするようになった”ドライフルーツ”。

ドライフルーツは、生のフルーツを乾燥させることで、栄養がギュッと濃く凝縮されています。

そのルーツは、木になった果物が熟成して自然に乾燥し、甘みが増したものと言われます。

ドライフルーツはまさに、自然が生んだサプリメントです。

美肌を目指す女子にも大人気の、ドライフルーツが秘めた効果についてご紹介します。

生の果物よりドライフルーツが優れている点

ドライフルーツには、生の果物より優れている点がたくさんあります。

少量で効率的に栄養素を摂取できる

ドライフルーツには、鉄分、食物繊維、カルシウム、カリウムなど、他にもたくさんの栄養素がギュッと凝縮されています。

同じ体積で比較すると、生の果物の3~10倍にもなります。

これは果物の水分を蒸発させてもほとんどの栄養素が残り、小さく凝縮されるためです。

ビタミン類に関しては乾燥の過程で消滅してしまうものもありますが、他の栄養素は生の果物よりむしろ豊富な場合が多いです。

身体を冷やさない

ほとんどの果物には、80~90%の水分が含まれます。

水分の摂り過ぎは女性の大敵”冷え”のもとです。

生のフルーツは総じて身体を冷やしがちです。

ドライフルーツならその心配はありません!

乾燥させたドライフルーツは水分が少なく身体を冷やす効果もないため、冷え性の方でも食べやすいのです。

腹持ちがよく、ダイエットにぴったり

ある程度の固さがあることで噛む回数が増え、腹持ちがよくなります。

またたくさん噛むことで脳の満腹中枢が刺激され、”お腹がいっぱい”という信号が発信されて食べ過ぎを防いでくれます。

ダイエット中に小腹が空いた際には、チョコやクッキーよりお腹にたまり、栄養も詰まったドライフルーツがオススメです。

皮や種まで全部食べられる

普段は食べない皮や種も、ドライフルーツなら食べられることが多いですよね。

実は果物や野菜の多くは皮や種に最も栄養を含んでいます。

皮や種も一緒に美味しく頂けるドライフルーツはとっても効率的です。

目的別!ドライフルーツの嬉しい効果

つやつやの白いお肌になりたい

【マンゴー、イチゴ、ドライトマト、アプリコット、パパイヤ、キウイ、柑橘系ピール】

美肌を目指すならビタミンAの豊富なものを選びましょう。

新陳代謝を促進し、デトックスにも効果があります。

特にマンゴーは、ドライした時に失われがちなビタミンCをも豊富に含んでいます。

また野菜も果物も「色が濃い食材ほど栄養価が高い」と言われ、中でも黄色い食材は美肌に効くとされています。

マンゴーもちろん、柑橘系の(ピール)皮もビタミンを豊富に含むため、オレンジピールのドライフルーツもオススメです。

アンチエイジングを目指したい

【クランベリー、アプリコット、プルーン、レーズン、イチジク、マンゴー、干し柿】

アンチエイジングには抗酸化物質が必須です。

上記のドライフルーツに多く含まれ、お肌や内蔵に悪影響のある活性酵素を抑えます。

老化を防止して見た目も身体も若々しく保つ効果がありますよ。

特にオススメなのがクランベリーです。

中まで真っ赤なあの色は天然色素アントシアニンによるもの。

アントシアニンは強力な抗酸化作用を持つポリフェノールの一種です。

血行を良くし、むくみ、肌荒れを防ぎ、身体のサビを落としてくれます。

ナッツ類の、アーモンドやくるみもプラスすると更に効果的ですよ!

貧血を改善したい

【プルーン、レーズン、リンゴ、キウイ、マンゴー】

プルーンやレーズンには鉄分が多く含まれます。

また、リンゴやキウイで一緒にビタミンCも摂りましょう。

ビタミンCには鉄分の吸収を助ける作用があります。

通常、乾燥の過程で失われがちなビタミンCですが、しかしリンゴやキウイは乾燥させてもビタミンCが消えにくいのです。

果物自体のかさが減る分むしろ効率的に摂取することができるのです。

一方、造血ビタミンと呼ばれるビタミンBの一種「葉酸」を多く含むのが、マンゴーです。

貧血改善にはマンゴーも効果的です。

しつこい便秘を解消したい

【バナナ、リンゴ、プルーン、チェリー、イチジク、アプリコット、マンゴー】

便秘解消といえば食物繊維ですね。

ドライフルーツは食物繊維を豊富に含むものが多いですが、中でも上記のフルーツはピカイチの実力者たちです。

水溶性・不溶性両方の食物繊維が豊富なバナナは、糖分・脂肪の吸収を抑制し、便のかさを増やしてスムーズな排便を促します。

プルーンは水溶性食物繊維が豊富なほか、便秘改善薬にも使用されるソルビトールという成分を多く含みます。

更に、腸内環境を整えるビフィズス菌を増加させるフラクトオリゴ糖は、様々なフルーツに含まれます。

このためドライフルーツ全般に整腸作用が期待できるんです。

ヨーグルトと一緒に食べれば効果倍増!

便秘解消効果は抜群ですが、食べ過ぎると下痢を引き起こす可能性があります。

食べ過ぎには、くれぐれもご注意を!

疲労を回復したい

【パイナップル、梅干し、リンゴ、キウイ】

疲労回復には、クエン酸が効果的!

ドライフルーツの中ではパイナップルや梅干しに多く含まれます。

ビタミンCはストレスを和らげ、リラックス効果をもたらします。

リンゴやキウイなら乾燥させてもビタミンCが壊れにくいので、ドライフルーツで相当量を手軽に摂取できます。

眼精疲労を和らげたい・視力を回復させたい

【ブルーベリー、プルーン、レーズン】

ブルーベリーなどのベリー類の、紫色の皮に含まれるのはアントシアニン。

眼精疲労を回復し、視力を改善させる効果があります。

またクランベリーの赤い色もアントシアニンによるものです。

中まで真っ赤なクランベリーも眼精疲労にぴったりなんですよ。

これらのドライフルーツはお菓子にも混ぜ込みやすいのも人気の秘密でしょうね。

ダイエット効果をアップしたい!

【アプリコット、イチジク、バナナ】

ダイエットの味方とも言えるドライフルーツが、アプリコットとイチジクです。

糖質が少なく、エネルギー代謝を促進させるビタミンB群が豊富です。

食物繊維豊富なドライバナナと組み合わせましょう。

ただしドライフルーツはエネルギーチャージに適した食べ物で、見た目よりも高カロリーです。

食べ過ぎに充分注意し、食べた当日エネルギーとして消費するには午前中に摂るのがよいでしょう。

まとめ

ドライフルーツの効果についてご紹介してみましたがいかがでしたか?

美肌以外にも嬉しい効果だらけですよね!

しかしどんなに身体に良い食べ物でも、食べ過ぎればかえって毒になってしまいます。

ドライフルーツももちろん同じで、生と同量では食べ過ぎなんです。

1日に食べる適量は、大さじ2~3杯程度です。

上手に取り入れながら、健康美人を目指しましょう!

スポンサードリンク