初節句のお祝い、兄弟姉妹は必要なの?

そろそろ、昨年生まれたかわいい姪っ子の初節句です。

初節句のお食事会にお呼ばれしたけど、そこで困ったのが”お祝い”について。

お祝いの席に手ぶらでは行けない、初節句のお祝いに、いくら包めば良いのか全く分かりません(´Д`;)

叔母の立場からは、どれくらいのお祝いが相場なのでしょうか。

今回は、世間一般では女の子の初節句にどんなプレゼントが贈られているのか、また金額の相場はどのくらいか、について調べてみました。

初節句にはどんな意味があるの?

初節句とは子供が初めての節句のことです。

男の子は、5月5日の端午の節句

女の子は、3月3日の桃の節句

この日に、成長と健康を祈るというものです。

端午の節句の意味

「端午の節句」は、

・男の子が安全に健康に生きて行けるよう祈願する

・男の子が将来出世をしたり、立派な人物に成長するよう祈願する

このような願いを込めて、f命を守る武具としての鎧・兜や、滝を登った唯一の魚と言われる鯉を象ったこいのぼりを飾り、お祝いをします。

昔から男の子は、幼い頃から「強く生きていくこと」を望まれ、健康や出世を祈って「端午の節句」としてお祝いをされてきたのですね。

桃の節句の意味

3月3日はちょうど桃の花が咲く頃で、その桃の花には「魔除けの力」があると考えられていたそうです。

そのため、女の子が生まれて初めての桃の節句には

「健やかな成長」と「災厄除け」の願いを込めて家族皆でお祝いの儀式をするということです。

贈られる雛人形にも

・子供が健康で優しい女性に育つように

・災いが降り掛からないように

という願いが込められてます。

初節句のお祝いはお金がいのか物がいいのか?

叔父叔母の立場としては、初節句には何を贈るのがいいいのでしょうか?

雛人形については基本的にはおじいちゃんおばあちゃんが用意することがほとんどでしょう。決まりではないですが、奥様側のご両親ということが多いようですね。

叔父叔母としては、やはり、お祝い金を包むのが一般的なようです。

初節句で包むお祝い金の相場は?

初節句のお祝いは地域性がかなりあるので、まずはご自分の地域の相場を確認してみるのが良いでしょう。

一般的には、このような相場があります。

孫の初節句   :3万円~30万円

甥・姪の初節句 :5千円~1万円

親しい友人・同僚:3千円~5千円

孫の場合は雛人形をを贈ったりすることが多いので、上を見ればキリがない額になっています。(^^;

叔父叔母として甥や姪に初節句にお祝いを包むのであれば、5000円~10000円程度が相場になるようですね。

祝いの席に招待されると、祝いの膳にお金がかかるので、相場よりも、多く包まなければと思う人も多いようです。

しかし、お祝いをもらう側は、祝いの席に招待するのがお返しになるので、多く包む必要はないようです。

ただ気になるようなら、お菓子など手土産に持っていくのもいいですね^^

初節句のお祝い金を渡すタイミング

お祝いのホームパーティーにお呼ばれするのであればそのタイミングがベストです。

そうでない場合、一般的には、

初節句の2~3ヶ月前から10日前までに渡すのが良い

とされているようです。

そして、ご祝儀袋についても悩みそうですが、

のし→あり

水引の色→紅白

水引の結び→超結び

表書き→「御祝」「初節句御祝」「初雛御祝」等。

のルールになるようです。

このあたりのルールは本当に難しいですね^^;

物を贈る場合は何がいい?

プレゼントを贈るなら何が喜ばれるか、気になりますよね~。

一番いいのは、直接聞いてみることです。

なぜなら、初節句を迎えるまでに、”お宮参り”や”お食い初め”など、おもちゃなども、沢山もらって揃っている場合も多いからです。

洋服に関しても、サイズは聞いてみないとわかりません。

必要な物を贈ってもらえた方が、長く使ってもらえます。

品物の金額は、5000円~10000円程度が一般的のようです。

聞くタイミングがなかったり、どしても悩んで決められなかったりする場合は、商品券やギフト券などを贈るのも喜ばれますよ^^

まとめ

叔母の立場としての、初節句のお祝い相場についてまとめてみました。

地域性のあるお祝いなので母に相談してみたら、私の地域ではお金を渡すのが無難なようでした。

相場も一般的な金額だったので、10000円包みました。

悩んだら周りの人に聞いてみるほうがいいですね。

古きよきしきたりのる初節句。

伝統の行事だからこそ、しっかりとマナーを知って、どのようにお祝いをするかあらかじめ家族で話し合っておくといいですね。

お祝いの気持ちを大切にして、みんなで楽しく初節句の日を過ごしましょう♪

スポンサードリンク