会社で貰った「友チョコ」や「義理チョコ」のお返しに悩んでいませんか?

昔は女の子が好きな人へチョコを渡す習慣だったはずのバレンタイン。

最近は、感謝の気持ちを込めて友チョコや義理チョコを男女関係なく渡す習慣になってきてますよね。

子供社会だけならまだしも、近頃は会社という大人の世界にまで浸透してきている始末。

そんな習慣が無い世代からすれば、ホワイトデーのお返しは本当に困ってしまいます。

お返しはするべきか?どんな物をあげたら良いか?

調べてみました。

”お返し”って本当に頭を悩ませます。

職場の女性社員から貰ったバレンタインの「友チョコ」や「義理チョコ」。

1人1人に丁寧に梱包されたチョコならまだしも、袋詰め菓子のうちの小さな1個を渡された場合など・・・。

返すべきか?

返すとしてもどの程度の物にするか?

結構深刻に悩んじゃいますよね。

ネットでもそういった悩みが沢山ありました。

「お返しはいりませんから!」と言われたとしても、「はい。そうですか」ってわけにはいかない。

という意見がほとんど。

やっぱりだいたいの人はお返しについて頭を抱えているみたいです。

面倒でも「しない」はNG!

考えれば考えるほど面倒になってくるお返し選び。

ですが「しない」は避けた方が良さそうです。

だって、もしも自分はしなかったのに、自分と同じ立場の人間がお返ししていたら…。

「自分もお返しすれば良かった!」ってなりますよね。

気にしないとは言っても、「そういえばあの人はくれなかったな~…」という印象は残ってしまうもの。

自分が女性だからこそハッキリ言います!

女性って本当に欲深で厄介な生き物なんですよ・・・苦笑

 

友チョコ&義理チョコの喜ばれるお返しランキング

それでは実際にどんな「お返し」が選ばれているのか?

男性がするお返しで多い物。

女性がするお返しで多い物。

逆に貰ったら困る物。

をそれぞれランキングでご紹介します!

男性編

1位:クッキー
2位:チョコレート
3位:ケーキ

男性社員が女性社員にお返しする場合は、オーソドックスなホワイトデーアイテムが好まれるようです。
クッキーやチョコレートは定番ですね♪
また、出先からのお土産感覚でケーキを買ってきて貰えると、女性社員は仕事の士気が上がるもの♪
「今日はホワイトデーだから特別にケーキね」ってお土産を渡されれば自然だし好感があると思います。

女性編

1位:デザートをおごる
2位:ハンドクリーム、マニュキアなどのコスメアイテム
3位:お菓子・スイーツ

女性が女性へお返しする場合、男性と大きく違うのは「一緒に楽しむ事が出来る」という点のようです。
相手へ渡すだけだと気を使わせますが、「私も食べたかったから」とお茶に誘えばコミュニケーションもはかれるし、何より自然にお返しが出来ます。
また、手頃なコスメアイテムも同性から贈られると嬉しいですよね。

貰ったら困る物

1位:下着
2位:手作りのもの(男性にかぎる)
3位:色気のない日用品(ティッシュ、歯磨き粉、トイレットペーパーなど)
4位:ジョークグッズ

逆に貰ったら困る物もピックアップ!渡そうと思っていた人は今すぐやめましょう!
確かに1位2位は本命でも無い人から貰うと引きますね。
3位4位はバレンタインの気持ちをバカにされたような気持ちになってしまうかも…。
女性相手にジョークグッズは絶対ありえません!

相場は?

ちなみに、義理チョコや友チョコのお返し相場は「貰った物と同じくらい」でした。

冒頭にでてきた袋詰め菓子の小さな1つのお返しであればチロルチョコで済ませたという意見もありました。

本命でない場合、あまり張り切ったお返しもおかしいみたいです。

考えれば考えるほどお返しって難しいですね・・・(^_^;)

 

ようは気持ちが大事なのです!!!

本当の1位は「お返しはいらない」

貰って嬉しいお返しランキングは上記の通りになりました!

是非参考にしてみてくださいね♪

ですが本当は・・・真の1位は男女共に「お返しはいらない」だったんです。

ただ、なんの参考にもならないので除外させて頂きました。笑

友チョコや義理チョコを渡すほとんどの人は、心から「お返しはいらない」と思っているみたい。

そうだったとしても、やっぱりお返しを貰うと嬉しいですよね。

相手にもよりますが、いつも仕事のサポートなど助けて貰っている相手であれば、小さくてもお返しはしてあげましょう。

そうでなくても、「自分にチョコをくれてありがとう」という気持ちは少なからず返したい物です。

 

「本命チョコ以外でバレンタインにあげるもの|間違えない選び方6選」

 

調べてみて感じた事

いかがでしたか?

私は、ただの「お返し」にも皆さん色々考えてプレゼントを選んでいるんだな~というのが分かりました。

その他にも、友チョコや義理チョコについてこう思っている人が多いみたいです。

友チョコや義理チョコを受け取る人のほとんどは「面倒くさい」

特に男性の場合は「友チョコ」や「義理チョコ」はやめて欲しい!

というのが正直な感想みたいです。

本命であれば別ですが、友チョコや義理チョコを喜ぶのは学生時代まで。

大人になってまではいらない!という苦痛な叫びが多かったですね。

よっぽどお世話になっていてどうしてもあげたい!!

というのであれば仕方ありませんが、気を使わせるかな…と思う相手であればプレゼントするのを止めるのも優しさなのかもしれません(^_^;)

お返しの負担にならないように相談すると良いかも

女性社員全員からの義理チョコだった場合は、お返しも男性社員全員で相談して決めるのも手です。

実際、私の会社では男性全員からと女性社員はケーキを頂きました。

あまりに社員が多くて相談出来ない場合は、身近な人と「いくらくらいの物をあげるのか?」相談しておくと良いですね。

正直面倒なバレンタインとホワイトデー。

ですが、よくよく考えれば気持ちを現すのが苦手な日本人にとって、感謝の気持ちを相手に示すチャンスの日なのかもしれません。

どうせなら悲鳴をあげるより楽しむ方向で考えたいですね。