ダイエット中でも安心!夜食には太らないメニューを♪

夕食を食べたはずなのに深夜になってお腹が空いてしまうこともありますよね。

でも、夜食は太りやすいイメージがあって我慢する人もいるでしょう。

でも、夜食を我慢できなくなる時もありますよね。

そんなときは、「太らない夜食メニュー」を食べてみてはいかがでしょうか?

夜食が太りやすいのはなぜ?

夜は代謝が抑制されるから

夜は自律神経の副交感神経が優位になるため、代謝が抑制されます。

なので、食べた分のエネルギーを消費することなく溜め込んでしまい、結果脂肪になってしまいます。

夜はエネルギー消費が低いから

食事をとると熱を発生してエネルギーを消費します。

このエネルギー消費は朝が一番高く夜になるにつれてどんどん低くなります。

そのため、深夜に食事をしてもあまりエネルギーが消費されないのです。

夜はエネルギーよりも脂肪になりやすいから

血糖値を上昇させて体を活動的にしてエネルギーの消費を促す”副腎皮質ホルモン”といいます。

このホルモンは、夜になるほど分泌量が減る特性があります。

こういう原因もあって、夜はエネルギー消費が低いのです。

太りにくい夜食のポイント

消化・吸収のよいものをとる

夜は朝の排泄に向け、腸が活発に動きます。

このときに胃の中に食べ物が残っていると、腸の働きが低下してしまいます。

なので、夜食ではなるべく消化、吸収の良いものを食べるようにしましょう。

冷凍食品や缶詰を使って手軽に

夜遅く帰ってからの料理は面倒ですよね…。

そこで役立つのが冷凍食品や缶詰の利用です。

いろいろな種類があるので、工夫して使ってみると便利ですよ。

水分の多いものを食べる

汁物など水分の多い食べ物は満腹感を得やすいので、夜食にはおすすめです。

糖分は控えめに

夜は活動量が減るので食べ過ぎてしまうと、脂質を溜め込んでしまいます。

寝る直前の食事になってしまう場合は、できるだけ脂質の少ないものを選ぶようにしましょう。

夜食にぴったりの簡単ヘルシーなメニュー

ツナ雑炊

コンビニでも手に入れられるツナ缶は安価でとてもおいしい食品ですよね。

ツナ缶を使うことで出汁が良く出て旨みが効いた雑炊を作ることが出来ます。

材料も少なて、工程も少ないので簡単に作れるのでおすすめです。

【材料】

ツナ缶 1缶

玉ねぎ 1/2個

コンソメの素 2個

水 600㏄

ご飯 お茶碗山盛り1杯

塩コショウ 少々

【作り方】

① ご飯は一度水洗いしておく。

② 鍋にお水とコンソメを入れる。

③ 玉ねぎをスライスし鍋に入れたら火が通るまで軽く煮る。

④ 玉ねぎが煮えたらご飯とツナ缶を入れ、ご飯が水をすうまで煮込む。

⑤ 塩コショウで味を調えて完成!

※お好みでネギなどの薬味やレモンをかけてもおいいですよ。

※溶き卵を混ぜいれてもOK!

ヘルシー野菜たっぷりスープ

料理が得意でない人でも工程が少ないので簡単にチャレンジできます。

また、お肉を入れたりするとさらに満足感のあるスープになりますよ。

作り置きすると料理の大幅な時短にもなる、おすすめの一品です。

【材料】

豚バラ肉薄切り 50グラム

もやし 1/2袋

ニラ 1/4束

キャベツ 1枚

しいたけ 3個

ウェイパー 大さじ25g

醤油 小さじ1

塩こしょう 少々

【作り方】

① お湯を沸騰させている間に具材を食べやすい大きさに切っておく。

② お湯が沸騰したら豚ばら肉を入れ出てくるあくを取る。

③ ニラともやし以外の食材をウェイパーと一緒に鍋に入れすべてに火が通るまで煮込む。

④ 火が通ったら、もやしとにらを入れ火が通ったら器に盛り付けて完成!

【ポイント】

おすすめの具材でご紹介しましたが、好きな具材なんでもOKです。

冷蔵庫に残ってる具材を使えば、冷蔵庫内の整理にも役立ちますよ!

しっかり食べてスッキリ痩せる!脂肪燃焼スープダイエットのやり方

ヘルシーお豆腐お茶漬け

夜食にご飯は罪悪感が…という方にピッタリ!

ご飯を使わないお茶漬けも意外とおいしいですよ^^

ご飯代わりにお豆腐を使っているから低カロリーで安心です。

意外と満足感もあるのでとてもおすすめです!

【材料】

豆腐 1/2丁

お茶漬けのもと 1パック

梅干し 1個

昆布だし 適量

ネギなどの薬味 適量

【作り方】

① 昆布だしを使いだし汁を作っておく。

② お豆腐を深めの皿に入れ、浸かるくらいのお水を入れて電子レンジで2分加熱する。

③ 加熱したら水を切り、お椀に移し替えお茶漬けのもと、梅干しを入れだし汁をかける。

④ お好みでネギなどの薬味をかけたら完成。

【ポイント】

だし汁を作るのが面倒だったら、お湯だけでもOKです。

ピリ辛冷奴

全てコンビニで材料が揃うお手軽レシピです。

豆腐と納豆は食べると満腹感があり、食べ過ぎ防止を促してくれ太りにくい体作りをサポートしてくれます。

また、栄養価がかなり高いレシピですので健康的な夜食におすすめです。

とても簡単に作れるのに居酒屋で出てくるような手の込んだレシピに見えます。

酒のアテにもぴったりですよ。

【材料】

豆腐 1/2丁

納豆 1パック

コチジャン 小さじ1

みりん 小さじ1

砂糖 小さじ1

醤油 小さじ1/2

ごま油 適量

【作り方】

① コチジャン、みりん、砂糖、しょうゆ、ごま油をよく混ぜタレを作っておく。

② 豆腐を皿にのせ、出来上がったタレを周りにたらさないようにし豆腐の上にかける。

③ タレをかけたら納豆をよく混ぜ豆腐の上に綺麗に乗せる。

※仕上げに小ネギやカイワレ大根をちらしてもおいしいですよ。

まとめ

夜食にぴったりのメニューについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

規則正しい生活リズムや食生活を送ることが一番なのですが、働いているとなかなかそうも言っていられないのが現状ですよね。

そんな時、夜中に食べても太りにくい食べ物を知っておけば、心強いのではないかと思います。

いくら太りにくいとはいっても、毎晩食べていてはただのデブ活になってしまいます。

どうしてもガマンできない!というときの方法としておいたほうがいいですね。

 

スポンサードリンク