敏感肌の人は敏感肌用の日焼け止め選びも慎重に!

ドラッグストアやコンビニにある日焼け止めを適当に購入していませんか?

そんな選び方をしたら肌荒れを引き起こしちゃうかも!?

特に敏感肌の人は危険です!!

紫外線からお肌を守ってくれる日焼け止めだけど、実は、刺激の強い成分がたっぷり入っている商品がほとんどです。

健康的なお肌の人なら良いですが、敏感肌の人には負担が大きすぎます。

肌に直接付けるものだから、敏感肌の人には敏感肌用のお肌に優しい日焼け止めを見極めたいですね。

敏感肌用の日焼け止めを選ぶ時のポイント

敏感肌とは、ちょっとの刺激にも反応してしまう過敏な状態のお肌のことです。

刺激の少ない低刺激の物を選ぶ事が基本です!

1.紫外線吸収剤フリーの物を選ぶ

日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線錯乱剤」の2種類があります。

紫外線吸収剤…吸収剤そのものが紫外線を吸収して熱エネルギーなどに変化させて肌表面から放出させ、肌内部に紫外線の悪影響が及ぶのを防ぐ。

紫外線錯乱剤…紛体で肌の表面で受けた紫外線を乱反射させて逃がし、肌内部へ侵入するのを防ぐ。

上記のとおり、化学変化によって紫外線を吸収させる「紫外線吸収剤」の方が肌への負担が大きいと言われています。

そのため『紫外線吸収剤不使用』、『紫外線吸収剤フリー』の物を選ぶ事をオススメします。

2.添加物が少ない物を選ぶ

添加物はお肌への刺激になってしまいます。

その為、なるべく配合されていないものを選びましょう!

添加物には、「香料」「着色料」「アルコール」「エタノール」「シリコン」「パラベン」「防腐剤」などがあります。

最近はナチュラル思考が高くなっているので、商品に無香料・無着色・低刺激などの表記がされている事が多いです。

成分表記を見て、これらがなるべく入っていない商品を選びましょう。

3.お湯や石鹸で落とせる物を選ぶ

日焼け止め成分が強いと専用のクレンジングを使わないと落とせません。

クレンジング剤は肌への負担が大きいので、なるべく避けたいところです。

普段使っている石鹸や洗顔料で落とせるならば、肌に余計な負担をかけずに済みます。

さらにお湯だけで洗い流せるタイプは、なお良いですね。

出来るだけ肌負担を減らすためには、あまり成分が強くない日焼け止めの方がよさそうです。

4.SPF/PAの数値は低めの物えを選ぶ

日焼け止めにはSPFやPAといった表示があります。

これらは、UVカット効果の強さを表しています。

最大値がSPF50、PA++++ですが、効果が強いほど肌への負担が大きくなってしまいます。

日常生活で使うのならば、SPF30、PA++くらいで十分です。

日焼け止めクリームの効果を発揮する塗り方

どんなに優れた日焼け止めも、ただ塗るだけじゃその力も十分に発揮できません。

せっかく見つけた自分に合った日焼け止めを活用するためには、正しい塗り方についても知っておきましょう。

適量だけをつけること

日焼け止めの適量は、顔に塗る場合で500円玉の大きさくらいの量です。

日焼け止めに設定されているSPFの数値は、測定テストによって決められています。

(※皮膚1平方センチメートルにつき、2mg)

ケチって薄く塗っていても、本当の効果は発揮できません。

かといって、厚塗りすればプラスになるわけでもありません。

適量が一番!という事ですd(*^ω^*)

こまめに塗り直すこと

日焼け止めは出来れば2~3時間おきに塗り直すのがいいと言われています。

メイクをしている顔に塗り直す場合は、出来れば拭き取り用化粧水などでメイクを一度落としてから塗り直すのが理想です。

どうしても難しい場合は、最低限ティッシュやあぶらとり紙で皮脂を取り除いてから塗り直しましょう。

皮脂や汗が肌に残っていると、せっかく塗り直した日焼け止めが落ちやすく効果も薄れてしまいます。

敏感肌にオススメの日焼け止め化粧下地

日焼け止めクリームといっても、体用、顔用とありますよね。

どちらかと言えば顔用を重視して選ぶ人が多いと思います。

そこで、私の愛用している敏感肌用化粧下地をご紹介します。

私が愛用している日焼け止め化粧下地はコレ!

「ナチュラグラッセ メイクアップ クリーム」



(写真は旧モデルデザインです。)

ナチュラグラッセは、無添加化粧品の中でも安心の日本製!

ということで、色んなアイテムを愛用中です。

このメイクアップクリームの特徴は、色むら補正効果が高いこと!

3種のパールによって、肌の色調を調整してくれます。

ナチュラルメイクでOK、という日は、このメイクアップクリームに、パウダーをはたくだけで完了してしまいます。

それくらいカバー力のある下地なんですよ。

それでいて、3種の植物エキスが配合されてて、化粧しているのにスキンケアができるというスグレモノ!

そして、石鹸で落とせるのでその点もお肌のためにうれしいポイントです。

シットリとして伸びがいいのも、私が気に入って使っている点です^^

まとめ

敏感肌用の日焼け止めクリームについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

日焼けが気になるけど、敏感肌だからUVケアが出来ない!と悩んでいる人が多いですよね。

でも最近は、肌に優しいクリームがたくさんあります。

ポイントをチェックしながら、アナタに合う日焼け止めクリームを見つけて下さい。

 

スポンサードリンク