身体は手で洗うとメリットがいっぱい!

毎日洗う自分の身体、皆さんはどのように洗っていますか?

タオルでゴシゴシ洗う、という人も多いと思いますが、実はそのゴシゴシが肌に大きな負担をかけてしまっています。

実は美肌を目指す人の技として”身体は素手で洗う”を実行している人が多いんです。

身体を素手で洗うメリットやデメリットなどについてまとめてみました。

身体を素手で洗うとこんなメリットが!

「手」で体を洗うことはメリットがいっぱいあるんです!

肌に優しい

乾燥肌の人や肌の弱い人には、ボディタオルの刺激は肌に強すぎます。

垢や汚れをこそげ落とすようにゴシゴシ洗うよりも、やさしく手洗いしたほうが肌には断然いいです。

乾燥を防げる

余計な刺激がなくなるので、肌の潤いを保てるようになります。

たっぷりの泡でお肌の潤いを守りながら、優しく丁寧に洗ってあげましょう。

細かい変化に気づきやすい

手で身体を洗うということは、毎日身体を触ることになりで小さな変化に気づくことができます。

「ちょっと肉がついた?」「トレーニングの成果が出た?」など

変化に気づくことができれば、急に太ったと焦ることもないかもしれませんね。

肉付きが気になったらそのままマッサージすることもできますよね。

バリア機能を守る

タオルなどでゴシゴシとこするように洗っていると、肌の表面を傷つけて、元々肌が持っていたバリア機能が失われてしまいます。

バリア機能がなくなると、炎症やできものなどトラブルが起きやすくなります。

洗顔するときのように、しっかりと泡立てて泡で汚れを落とすようにしましょう。

肌が柔らかくなる

ナイロンタオルなど、固い素材のもので身体を洗っていると皮膚も硬くなっていきます。

踵や肘、膝などよく擦れる場所が固くなりがちなことを考えたらわかりますよね?

さわり心地のいい皮膚を作るためにも、柔らかい手で洗ってあげるのがベストです。

身体を手洗いする時のデメリット

メリットがあれば、やはりデメリットもあります。

身体の手洗いに対するデメリットとしては、こんな点があります。

手で洗うと汚れ落ちてる気がしない

いくらメリットがあっても、肝心の汚れが落ちていなかったら意味がありませんよね。

でも大丈夫!

泡を肌にのせると、泡の網目の中に汚れが吸い取られていきます。

ナイロンタオルに石鹸をなすりつけ、泡立てないままゴシゴシするより、ふんわりとした泡でを肌にのせるだけの方が、ずっと洗浄力があるんです。

現代は身体がそう極端に汚れることも少なくなったので、手洗いでも十分なんです。

石鹸の泡立ちが悪い

手で石鹸を泡立てるのは大変です。

でも、泡立てネットを使ったり、泡立ての時だけナイロンタオルを使う事で解決!

洗うのに若干時間がかかる

タオルやスポンジで洗うのに比べると、洗う時間が若干長くなってしまいがちです。

個人的には、気になるほどの差はないと感じますが…

洗った実感を感じにくい

慣れないうちは、洗った実感を感じにく、物足りない感じがします。

でもこれは、すぐに慣れます。

逆に、タオルなどで洗った方が違和感を感じる様にもなます。

背中など手が届きにくい

身体が固い人は辛い部分です^^;

洗い残しが気になる場合は”背中だけはタオルを使う”など、素手とタオルを使い分けてもいいかと思います。

美肌になれる!?肌に優しい体の洗い方

体の手洗いは泡が命!

体を手洗いする時は、しっかり泡立てた石鹸で洗う事が大事です。

石鹸やボディーソープは、泡立てネットでっかり泡だてましょう。

泡だてネットがなければ、ナイロンタオルでも結構泡立ちますよ。

洗顔する時の泡のように、細かいふんわりとした泡が理想です。

その泡で体をなでるようなイメージで洗います。

ひどい汚れでなければ、それだけで汚れは落ちます!

優しく洗った後は、シャワーなどでしっかり流しましょう。

泡立てネットの扱いには注意

泡立てネットを使う場合には、清潔な管理をしておくことが重要です。

水気が残っている状態にしておくと、細菌が増殖してしまます。

せっかく優しく体を洗っても肌トラブルを起こしかねませんよ。

泡立てネットの正しい使い方としては、

・使用時にはしっかりネットを濡らす。

・水を少しずつ足しながら泡を作る。

・最後は水気をよく切り、きちんと乾かす。

シンプルな事ですが、美肌を目指すためには気をつけて下さい。

まとめ

身体を手洗いする美容方法についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

身体なら大丈夫かなと思いついゴシゴシ洗ってしまいがちですが、皮膚の作りは身体も顔も同じです。

顔を洗う時と同じように身体も優しく扱ってあげましょう。

美意識の高い芸能人やモデルさんたちも、手で体を洗っている方が多いそうです。

肌に負担をかけない事で美肌を保っているんですね^^

特別なケアをしなくても、毎日のちょっとした努力で自宅でも簡単にケアができます。

これは、実践しない手はありませんね♪

 

スポンサードリンク