足湯で心も体もフレッシュしよう♪

足湯にはたくさんの身体にいい効果があることをご存知ですか?

足裏は第二の心臓といわれるくらい、大切な血液循環に関するポンプのような働きをしています。

血液循環のこの機能が低下してくると、体内の発病要因にもなります。

今や健康や美容のために取り入れたり、、医療施設や高齢者施設でも取り入れられていますよね。

足を温めるだけで得られる効果はびっくりするほど多いんです。

足湯の効果と、効果的な入り方についてご紹介します。

足湯の効果

冷えの緩和

一度足が冷えると、靴下を履いてもこたつに入ってもなかなか温まらない、という人も多いと思います。

血液は心臓から全身に向かって送られるので、末端である足先は特に冷えやす箇所です。

足の冷えを取るには入浴も効果的ですが、入浴までは出来ない場合もありますよね。

そんな時こそ足湯です。

足だけを重点的に温めてあげることでも全身が温まってきます。

血流が良くなるので体温が上がり、冷え性も改善します。

むくみの改善

むくみも血流と深い関係があります。

むくみの原因は血流の悪さも原因のひとつです。

足は心臓から離れているため代謝や血流が鈍くなりやすいため、老廃物が貯まりやすいのです。

細胞の中で不要な水分は血液の流れによってリンパ管や静脈に戻り体の中をめぐるのですが、血流が滞ると水分もうまく流れずに溜まった状態になります。

これが”むくみ”となるんです。

足湯で体が温まると血流が良くなるので、ふくらはぎや足に溜まっている老廃物や不要な水分がしっかりと排出されてむくみが改善されます。

デトックス効果

体内に、老廃物や毒素などが溜まってしまう原因は血流が悪いことと関係があります。

足湯で血流を良くすると、老廃物が肝臓で解毒されて排出されやすくなります。

便秘と下痢

足湯をすると副交感神経が活発になります。

副交感神経が活発になると腸の働きが良くなり、便秘解消に効果があります。

内臓機能が上がる

≪肝臓≫

肝臓は、24時間365日熱を生み出し続けている働き者の臓器でもあります。

足を温めると肝臓が熱を生み出すことを助けることができるので、肝臓の負担軽減になります。

≪腎臓≫

足湯をすると腎臓も温まります。

腎臓は冷えに弱いので、温めてあげることで腎臓の機能が回復します。

こによってむくみ緩和にも効果的です。

≪胃腸≫

足湯は副交感神経が温まり、それによって胃腸の働きが活発になります。

肩こり・腰痛

血流が悪いことが原因の、肩こりや腰痛は、足湯で血行を良くすることで痛みや重みが軽減できます。

リラックス効果

足湯はお風呂や温泉に入るよりも、気軽にできますよね。

足湯に入るだけでリラックス効果が期待できます。

また、全身をリラックスさせる効果のある副交感神経を高めます。

心身がリラックスできると、ストレス解消にもなります。

良質な睡眠が得られる

足湯でリラックスすることで、寝付きもよくなり良質な睡眠がとれます。

お風呂や温泉に入れない時は、夜、足湯に漬かるだけでも、気持ちよく眠れます。

美肌効果

足湯で血液の流れが良くなると、身体の中で良質なタンパク質の、合成がされやすく、ターンオーバーも活発になります。

肌の新陳代謝が順調になると、美肌に近づきます。

自宅でできる、足湯の効果的な入り方とは?

準備するもの

・足湯桶(バケツ、たらいなどでもOK)

・差し湯用のポット、もしくは水筒

・タオル2枚

・ひざ掛け1枚

・ミネラルウォーター(水分補給用の水や白湯)

・靴下

・温度計

・時計

足湯の入り方

① 桶に40℃くらいのお湯をはり、20分ほど足をつけます。(足首が浸かるぐらい)

② お湯の温度が少しずつ下がってきてしまうので、と思ったら差し湯をして快適な温度に保ちましょう。

③ 膝が冷えると体温が下がってしまうので、足湯をしている間はなるべくひざ掛けをしましょう。

④ 20分経ったらタオルで足を拭き、温まった足が冷めないうちに靴下を履きましょう。

※お湯をふき取る際は、指の間までしっかり拭き取ります。
水分が残っていると、冷えにつながります。

足湯はどれくらいの頻度でやったらいい?

足湯は毎日やっても大丈夫!

むしろ継続して毎日やった方が冷え体質の改善になります。

体の不調を本気でどうにかしたい!というときには毎日、朝・夜の1日2回行うとさらに効果的です。

足湯にプラスαでさらに効果的に!

せっかく効果のある足湯なので、もっと効果的に足湯を楽しんでみませんか?

プラスαの、方法をご紹介します。

アロマの香りでリラックス効果倍増!

足湯には高いリラックス効果が期待できるのです。

更に、それにアロマの香りをプラスすると効果が倍増します。

香りは、その時の気分や症状に応じて使い分けるといいですよ。

オイルは1,2滴たらすだけで十分な効果がありますので、入れすぎには注意してください。

≪ストレス解消・リラックス≫

・ラベンダー

・オレンジ

・ジャスミン

≪むくみ解消≫

・レモン

・サイプレス

・ゼラニウム

足マッサージで冷え取り効果倍増!

冷え取り効果を期待する場合、足湯のあとに足の裏やふくらはぎをマッサージをすると効果が高まります。

血液の循環はますます高まり、体の機能アップにもつながります。

足の気になるニオイに緑茶をプラス!

足の裏は汗腺が集中しているため、思っている以上に汗をかきやすい部分です。

足湯に浸かるとき緑茶を入れることで、嫌な臭いの原因菌の働きを抑えて、臭いを軽減してくれます。

最初に熱湯で緑茶を十分抽出させておいて、それを足湯に混ぜましょう。

お酒を入れて血流アップ!

お酒に含まれているアルコールには、体を温める効果が期待できます。

飲んで温めるだけでなく、皮膚から吸収しても温め効果が持続する優れモノなんです。

日本酒風呂に入る美容法もあるくらいですから、足湯にもかなり効果が期待できます♪

飲みきれなかったアルコールや、料理酒でも大丈夫です。

足湯にアルコールをプラスしてみましょう。

まとめ

足湯の効果的な入り方についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

足湯に、こんなに沢山のうれしい効果があるなんて驚きですよね!

すぐにでも始めたい!と思った方も多いのではないでしょうか?

ゆっくり時間がとれる休みの日にでも、是非試してみてください♪

 

スポンサードリンク