冬は乾燥してるのに洗濯物が乾きにくい!?

冬は空気が乾燥しているので、洗濯物も乾きやすいはずだと思いますよね!

なのに、冬は夏に比べると洗濯物が乾きにくいと感じる人も多いでしょう。

冬は気温が低いため、空気中に水分を含める量(飽和水蒸気量)が少なく、夏に比べると洗濯物が乾くまでに時間がかってしまいます。

そして冬は厚手の服を干す機会も多いので、余計に乾きにくいと思ってしまうのです。

洗濯物が乾かないって、結構なストレスですよね。

そんな、悩みのタネを解消出来る冬場の洗濯物の干し方をご紹介します。

天気で判断!今日は乾く?乾かない?

洗濯物は、天気でずいぶんと乾き方が変わります。

晴れの日

1日ずっと晴れている日は、10~15時の日差しが強い時間帯を外さなければそこそこ乾きます。

ただ冬は日没が早く、湿度が上がり始めるのも早位です。

少し油断するとあっという間に洗濯物が湿ってしまうので、余裕を持って早めに取り込みましょう。

曇りの日

基本的に、曇りの日は洗濯物は乾きにくいです。

極端に湿度が上がって湿るということもないので、朝から日没まで干しておいても大して変わりません。

気温に応じてそれなりに乾く…といったところでしょうか。

晴れ→曇りの日

午前中晴れていて午後から曇るような手亜鉛器の日は、

2時間位でもしっかり日が差せば、ある程度の水分は乾きます。

曇り→晴れの日

午前中は曇っていて午後から晴れるような天気の日は、

正直、午前はあまり期待できませんが、昼からの日差し次第!

15時までの晴れ具合によって、ある程度乾くことが見込めそうです。

昼頃に、「晴れてきたから急いで洗濯!」でも、少しは乾かせると思います。

冬場の洗濯物の乾きやすい干し方

冬は夏に比べて、洗濯物が乾きやすい時間帯がぐーんと短いです。

という事は、できるだけ短い時間でスピーディーに乾かすのがポイントです。

風通しを良くすること

洗濯物を少しでも早く乾かすには、「風通し」が一番重要です。

洗濯物と洗濯ものを密着させずに、間隔を開けて干すことで時間が短縮出来ますよ!

・ズボンやスカートは筒状にして干す

・フード付きの服は逆さまにして干す

・太めのハンガーを使って干す

・タオルはピッタリ半分におらず、わざとずらして干す

・ジーパンなどのボトム類は裏返しにして干す

など、少しでも多くの面積に風が当たるように工夫しましょう。

脱水を2回してから干す

洗濯物を干す前に、もう1度脱水をしてみましょう。

脱水が1回多いだけで、乾く時間が短縮されます。

これは冬だけでなく、年中効果的な技です。

脱水回数が多い分、シワになりやすいので、干す際にはしっかりシワを伸ばして下さい。

デリケートな衣類は脱水回数を増やすのは、避けた方が無難です。

アイロンをかけてから干す

湿ったままの洗濯物に軽くアイロンをかけてから干してみましょう。

水分が蒸発して、乾きやすくなります。

また、アイロンの高温によって雑菌が死滅してニオイを防ぐ効果もあります。

洗濯物のニオイが気になる際は、特に有効な方法です。

部屋干しの時なんかにもいいですね。

ただし、デリケートな衣類には向きません。

アイロンをかけても大丈夫か、衣類のタグを確認してから行いましょう。

日中では乾かなかった場合どうする?

冬の洗濯物あるある「この洗濯物乾いてる?」

”冬の洗濯物あるある”のひとつ、

「まだ湿ってる?」

「冷たいだけで、乾いてる?」

と、乾いているか判断できない場合がありますよね。

判断に迷った時、こんな方法で確認が出来ます。

≪洗濯物が乾いているか確認する方法≫

1.乾いた手をドライヤーで温める

2.洗濯物の乾いているか確認したい部分を、温めた手で強く3秒ほど握る

洗濯物が乾いていない場合、手のひらに湿り気を感じます。

手がカラッとしていたら、乾いてるということです。

日中だけじゃ乾かなかった場合は部屋干しで仕上げる!

干し方の工夫をしても、日中に洗濯物が乾ききらないのも”冬の洗濯物あるある”です。

乾燥器などあれば一番いいのですが、そんな家庭ばかりではありません。

そんな時は、室内で追加干ししましょう。

暖房をきかせた部屋で、部屋干しして仕上げます。

できるだけ狭い部屋で干した方が効率的です。

扇風機や除湿器などを併用すると更に早く乾きますよd(*^ω^*)

まとめ

冬場の洗濯物の干し方についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

洗濯物が乾かないと、洗濯物も溜まるし、匂いも気になるし…

デメリットしか感じませんよね。

でも、ちょっとのコツで、かなり乾きやすさは変わります。

早く乾いてほしいのに、今までただ干しているだけだった…。

という方は、紹介した方法をを参考に実践してみてくださいね。

 

スポンサードリンク