シャワーにも効果的な浴び方がある?

アナタは入浴派ですか?シャワー派ですか?

入浴とシャワー、どちらがいいかといわれれば断然入浴でしょう。

冷え性、便秘、ストレスなど、美容や健康などに対して、入浴の方が効果があるといわれています。

でも…

「入浴する時間がない」

「ひとりだからお湯を溜めるのがもったいない」

など、入浴の方が身体に良いのは分かっていてもシャワーで済ませてしまうことってありますよね。

そんなシャワーでも、浴び方によっては身体に良い効果があるんですよ。

シャワーの効果的な浴び方をご紹介します。

シャワーでも体を冷やさない!効果的な浴び方は?

シャワーを浴びながら「足湯」

シャワーを浴びながらの「ながら足湯」がおすすめです。

足は第二の心臓と言われていますが、足湯をすると血液の巡りが良くなり代謝が上がります。

この方法は、冷え性改善や疲労回復に効果的です。

シャワーで、髪や体を洗っている間、お湯を溜めた洗面器の中に足を入れます。

お湯の温度は40℃前後で、足のくるぶしまで浸かれるとベストです。

また、足湯には肝臓の負担を和らげる効果もあるので、内臓の疲れを癒してくれます。

シャワーで全身リンパマッサージ

リンパマッサージは、滞ったリンパの流れをスムーズにし、体内の老廃物や余分な水分などを効率的に排出し代謝を上げます。

普段リンパマッサージは指圧で行ないますが、シャワーの水圧でも十分な効果が期待できるんです。

シャワーの温度は40℃前後にします。

ちょっと強めの水圧で気持ちいいと感じるくらいの刺激で行ないましょう。

リンパマッサージのポイントは、

足のつけ根

やひざの裏

脇の下

首や鎖骨

この順番に、心臓に遠いリンパ節から心臓方向に一方通行にシャワーをあてていくことです。

それぞれ、シャワーを当てる時間は30秒~1分くらいです。

鎖骨は、体の外側から内側に向けて当てていきます。

首は、耳下から首元に向けて円を描くようにあてましょう。

最後は首の後ろをしっかりと温めると、全身を効率よく温めることができますよ。

ホットタオルで温熱効果UP

冬だとシャワーがかからない部分は寒いと感じますよね。

そんなときは、体を冷えさせないためにタオルを使います。

タオルを肩にかけてシャワーを浴びる事で、温熱効果を逃がしません。

でも肩にのせたままにしておくとタオルが冷えてくるので、お湯を定期的にかけて温度を保ちましょう。

冬の露天風呂で、タオルを頭に巻いている光景をよく見ますよね。

実はこれ「頭の保温」の為に、お湯に浸けた温かいタオルを頭にのせているんです。

それの応用ですね。

ちゃんと湯船に漬かれなくても、シャワーで効果的に身体を温めて、疲れや冷えを改善できますよ。

冬でも脂肪燃焼しやすい身体をキープするのにも効果的です。

温冷で代謝UP

熱いお湯と冷たいお湯を交互にかける方法も効果的です。

つま先から足の甲にかけて、42度くらいの熱めのお湯を10~20秒、勢いよくかけます。

次に20度くらいの冷たい水を同じように10~20秒間勢いよくかけます。

これを、5セット行いましょう。

この方法で足のむくみも解消され、全身の血液の巡りがよくなったのを感じると思います。

お湯と水を交互にかけるのは、頭にも効果的なんです。

42度くらいの熱めのお湯を3分間頭にかけ、その後に20度くらいの冷水で30秒ほど冷やします。

これを3セット行う事で頭重感を和らげてくれます。

寒い冬にはちょっと辛い方法ですが、我慢した後に感じる効果は嬉しくなりますよ♪

朝シャワーが効果的!その効果と浴び方は?

朝シャワーでしゃきっとした目覚めを!

出勤前にや学校に行く前にシャワーをあびるのもいいといわれています。

特に低血圧の人は、朝シャワーをあびることで仕事効率をあげ、意欲的になる効果があります。

朝シャワーを浴びることで、顔の血行もよくなってむくみも軽減されます。

肌の調子も整い、化粧ノリがよくなりますよ。

効果的な朝シャワーの方法

朝起きたら、まずコップ1杯の水を飲んでからシャワーを浴びましょう。

シャワーの温度は、41度くらいの熱めがおすすめです。

「首→肩→背中→全身」の順に勢いの強めのシャワーをゆっくり当てます。

トータルで5分以内におさめましょう。

短めに入る事で交感神経が優位になり、脳は働きやすくなります。

シャワーを浴びる時間が長くなると、副交感神経が優位になり眠気が襲いやすくなるので注意です!

まとめ

シャワーの効果的な浴び方についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

湯船につからなくても、効果的に代謝UPするのは難しくありませんので、ぜひ普段のシャワータイムに取り入れてみてください。

そして、休みの日など、時間が取れる時はゆっくりとお風呂に浸かって日頃の疲れを取りましょう^^♪

 

スポンサードリンク