シャワーと入浴あなたはどっち派?

あなたはシャワー派ですか?入浴派ですか?

現代では、忙しい日常に流されて、バスタイムを毎日シャワーだけで済ませて済ませてしまう人は多いと聞きます。

実際私もシャワー派ですが…

”湯船に浸かる方が体にいい”と聞く人も多いと思いますが、実際にどんな効果があるか知ってますか?

シャワーと入浴の効果や違いについて比較してみました。

シャワーvs入浴 からだへの効果の違いは?

保温効果を比較

【入浴】

湯船にゆっくり浸かると、体が芯から温まり、汗も適度に出ます。

入浴剤などを使用すると、更に保温効果が高まります。

冬の寒い季節は特に活用してみるのもいいですね。

【シャワー】

さっとシャワーを浴びて済ませる事が多いことと、シャワーのお湯はあまり広い範囲に一度にかかりません。

そのため、保温効果はあまり期待できません。

新陳代謝を比較

【入浴】

湯船に浸かると発汗も促され、毛穴の老廃物などがきれいになりやすいです。

また、新陳代謝が活発になることで、カロリー消費など美容面でのメリットが多いです。

【シャワー】

短時間で済ませる事や、表面を流すだけで済ませがちなので、新陳代謝の促進効果は入浴に比べると格段に劣ります。

疲労回復・リラックスを比較

【入浴】

湯船に肩まで浸かった場合、体重は通常時の約1/10程度にまで軽くなります。

体重を支えてくれている筋肉や関節が、その役割から解放され休むことができ、疲労回復やリラックス効果が期待出来ます。

また、ゆっくり湯船に浸かると全身の血行が促進され、体の凝りなども楽になります。

【シャワー】

髪や体を洗ってサッパリすることはあっても、入浴ほど疲労回復やリラックス効果は期待できません。

体臭対策への効果を比較

【入浴】

湯船に浸かると血行が良くなり発汗も促進させます。

その働きが、体臭の原因になるアンモニアをを減らしてくれ、体臭予防に非常に効果があります。

【シャワー】

汚れやニオイを洗い流すという面では、一旦ニオイは無くなりますが、一時的なことで根本の対策には期待できません。

衛生面を比較

【入浴】

入浴すると隅々までお湯が当たるので、綺麗になりやすいです。

しかし、お風呂に貯めたお湯は多少の雑菌は含みます。

そのため、手術後やケガがある際は勧められない場合もあります。

【シャワー】

きれいな新しいお湯を浴びるシャワーは、雑菌を避けたい場合に有効ですね。

外傷がある時や手術後は、シャワーを勧められることがあるのは、そのためです。

バスタイムの水道代やガス代を節約するには?

シャワーにしようかお風呂にしようか悩む時、金銭面で選ぶ人も多いですよね。

実際に、経済的にどっちが節約になるのでしょうか?

16分以内ならシャワーがお得

一般的に、浴槽にお湯をためるよりシャワー方がお得だと思いますよね。

ですが、シャワーも長い時間使っていたらそれだけお湯を使いますね。

シャワー16分と湯船一杯は同じくらいの水量なんです。

ということは、シャワーを16分以上使えば湯船に入るよりお金がかかってしまう事になります。

16分も使用しない人ならシャワーの方が節約できますね。

使用時間16分という事を考えると、1人暮らしの人はシャワーの方が効率的ですね。

水道代、ガス代の節約方法

バスタイムにかかるお金を節約したい場合は、こんな節約法もあります。

【シャワーの場合】

シャワーは手短に済ませばそれだけ節約出来ますね。

さらに、節約したい場合は”節水用のシャワーヘッド”に交換するのも効果的です。

機種にもよりますが、約40~60%もの節水効果が望めるそうです。

節水できるということは、その分お湯を消費しないわけだから、ガス代の削減にも繋がります。

安い製品なら1,000円台で売ってあります。

ガス代と水道代をまとめて節約できるので、元をとるのもすぐでしょう。

取り付けも簡単ですよ^^

【湯船の場合】

湯船のお湯を溜めれば、家族で入れるので経済的ですね。

しかし、何人も入るとお湯がぬるくなってきます。

追いだきしたり、お湯を足したりすれば、それだけ水道光熱費がかかるわけです。

なるべくお湯が冷めない対策が必要です。

・フタで保温をする

・換気扇を止める

・ぬるくならないうちに家族で連続して入る

など、工夫してみましょう。

入浴後は洗濯に再利用するなどすれば、更に節約できますね!

まとめ

シャワーと入浴の効果や違いについて比較してみましたがいかがでしたか?

シャワーは手軽ですが、健康や美容の面を考えるとやはり入浴が断然効果的ですね。

経済的な面をとるか、健康面をとるか、悩むところではありますが…

特に寒くなったこの季節は、ゆっくりお風呂に浸かる日を作るのもいいですね♪

 

スポンサードリンク