職場でバレンタインチョコはあげるべき?会社でのマナーは?

2月のビッグイベントといったら「バレンタインデー」です。

本命に上げるチョコに悩む一方、会社に勤めているOLの場合、会社で渡す義理チョコについて悩んでしまいませんか?

まず悩むのが、そもそも「バレンタインにチョコやお菓子を渡すか、渡さないか」ではないでしょうか?

女性の立場からしても、チョコを選ぶのが面倒だったり、男性の数が多すぎて経済的に負担だったり…

と正直、会社で義理チョコをやりたくないという人も多いです。

そこは、個人の自由です。

渡してもOKですし、渡さなくてもOKです。

ですが、物をもらってイヤな気分になる人はいませんよね。

ちょっとでも何か貰えるだけでも嬉しいという人もいますし、

チョコを渡すことで今後の職場での仕事がやりやすくなるような気がします。

なかなか職場の人に日頃の感謝を伝える機会もないので、年に1度のお礼の意味でバレンタインに何か渡すと思えばいいかもしれませんね。

会社での義理チョコの予算や渡すべき人は?

会社であげる義理チョコの相場は?

義理チョコの相場は500円~1,000円程度の金額が主流で無難だと思います。

職場の上司にはもう少し値の張るものを渡した方が方がいいのかな?なんて思うかもしれません。

でも、金額が高くなれば貰った方も負担になってしまいます。

上司にも立場やプライドがあるので、貰った金額以上のものを…と思う人が多いのです。

もし、少し差別化した方がいいかな…と思った場合は2,000円以下に留めておくことをおすすめします。

会社で義理チョコを渡す相手は?

社内でも好き嫌いなどあって渡す相手に悩むかもしれませんが、渡すなら同じフロアやチームなどは男性全員に平等に渡しましょう。

事務所などワンフロアになっている場合は、全員に渡した方が無難です。

気を使わせない渡し方のポイント

バレンタインチョコを会社で渡すベストなタイミング

バレンタインの日は、朝一のタイミングで配ってしまうのがベストです。

朝以外の場合、うっかり私損ねたりするとその後のタイミングが難しいです。

急な予定が入ったり、出先から直帰したりと、渡せないままという可能性もあります。

朝出社したら、すでに出社している男性から順に渡していけばいいと思います。

男性の方も「もらえるのか、もらえないのか」のソワソワもなくなりますし、早い段階で貰ってた方が助かりますよ。

基本は平等に同じものを渡す

義理チョコをあげる場合は、全員に同じものを渡すようにしましょう。

味や色の違いくらいなら問題ありませんが、全く違う種類のものだと、差をつけられたと誤解される事もあります。

社内や部署内で、キライな人がいたとしても、ここは大人になるべきです。

相手の人数が多い場合はまとめて渡すのもアリ

人数が多い場合のおすすめの渡し方には2パターンあります。

【パターン①:差し入れ感覚で渡す】

渡す人数が多くて金銭的な負担が大きくなりそうな時は、たくさん入った詰めあわせみたいな物がおすすめです。

ケータリングのように社内の目立つ場所に置いておいて「皆さんでどうぞ」一言メモでも添えておくといいですね。

上司やリーダー的な人に「皆さんで食べてください」と渡すのも良いと思います。

【パターン②:女子社員全員で渡す】

女子社員全員で「女子社員一同からです」と言って配るのもありかと思います。

これに対してお返しの時も同じように、男性社員全員からといって渡すことも出来ますよね。

お互いに負担にならず、気を使う事も少なくなるのではないでしょうか?

相手が少人数の場合はみんなが揃った時に渡す

逆に人数が少ないくて、一人づつ配るという場合はできるだけ全員が揃っている時に渡すのがベターです。

その方が特別感がなく、義理という意思表示ができるので勘違いされずに済みます。

バレンタインの男の本音に迫る!

義理チョコをもらう側の男性はどう思っているのでしょうか?

知人の意見などをまとめてみると…

【もらって嬉しい派の意見】

・ちょっとしたものでも貰ったらうれしい。

・甘いものが好きだからうれしい。

・チョコを持って帰ると家族が喜ぶ。

・気にかけてもらってる事が確認できた気がしてうれしい。

・忘れ去られてないんだと安心した。

【もらってうれしくない派の意見】

・お返しが面倒…。

・無理してまで渡してほしくない。

・形式的で意味がないと思う。

という意見がありました。

賛否ありますが、大体の人が、ちょっとしたものでも貰ったらうれしいという気持ちになるようですね。

いくら形式的だといっても、もらえなければ何だか気になるでしょうし、物をもらってイヤな気分になる人はいないですよね~

まとめ

会社での義理チョコの渡し方についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

義理チョコとはいえ、周りへの気配り方が重要です。

義理チョコもあとで色んな誤解やトラブルが起きないように、渡すタイミングには気をつけましょう。

バレンタインの義理チョコ文化は、義務のようになってしまいがちですが、日ごろの感謝の気持ちを伝える場にするといいですね^^

 

スポンサードリンク