重曹とクエン酸を使い分けるてスッキリきれいに!

最近は、ナチュラルクリーニングやエコ掃除など流行ってますよね。

環境のことを考えて、毎日使う洗剤を自然に優しいもを使うのはとてもいいことですね^^

重曹やクエン酸を使ったお掃除はよく知られているますが、どちらもよく似ています。

「この汚れにはどっちが効くの?」

「どう使い分けたらいいの?」

など、迷うことはありませんか?

それぞれ得意とする汚れが違うし、使用する上での注意点も違います。

それぞれの特徴や長所、短所を知っておくと、使い分けもスムーズに行えますよ!

今回は、重曹とクエン酸の特徴や使い分けについてご紹介します。

重曹の特徴と使い方は?

重曹の特徴や得意とする汚れとは?

重曹とは、炭酸水素ナトリウムまたは、重炭酸ソーダとも言われます。

水に浸すと、シュワーっ炭酸のように溶けていきます。

重曹は「弱アルカリ性」で、掃除では酸性の成分のものを中和させて落としやすくなります。

キッチンの油汚れや皮脂汚れに絶大な効果を発揮します。

キッチンの掃除には欠かせないアイテムですよ。

重曹で落ちる酸性の汚れ

重曹のアルカリ性の効果で、

・油汚れ

・鍋などの焦げ

・排水口のぬめり汚れ

・生ごみの悪臭

・茶渋

・水垢、湯垢

・手あか汚れ

家のいろんなところで重曹の力を発揮できます。

重曹を使ったお掃除方法

重曹の使い方には3パターンあります。

汚れの度合いで使い分けてみましょう。

重曹水スプレでお手軽掃除を!

水100ccに小さじ1の重曹を溶かすして使います。

重曹スプレーを使う汚れは、

・ガスレンジ

・レンジ廻りの油汚れ

・キッチンの床

・キッチン家電

・電子レンジ

・電気ポット

・ドアの取っ手

・手すり

・フローリング

・カーペット

など、通常の汚れはだいたい落ちます。

重曹ペーストはコンロ周りに最適!

重曹3:水1の割合でよく混ぜ合わせ、ペースト状にして使います。

重曹ペーストを使う汚れは、

・コンロ

・コンロ前や横の壁

など、重曹スプレーでは落ちにくい汚れにはペーストを使いましょう。

重曹の粉で頑固な油汚れを掃除!

汚れがとてもひどい場所には、重曹の粉を直接振りかけて使いましょう。

・排水口

・換気扇、レンジフード

・コンロの五徳

など、ベトベトの油汚れや排水口のぬめり汚れに効果的です。

クエン酸の特徴や使い方は?

クエン酸の特徴や得意とする汚れは?

クエン酸は「酸性」の物質で、アルカリ性の汚れを落とす効果があります。

アルカリ性の汚れと言えば、水回りが主です。

キッチン、トイレ、お風呂などの掃除に便利です。

ちなみに、自宅にあるものでは「お酢」が同じ効果があります。

しかし、お酢を使うのは臭いが気になるのでお掃除には「クエン酸」を使うのがおすすめです。

クエン酸で落ちるアルカリ性の汚れ

クエン酸は、

・水垢

・石鹸カス

・トイレの黄ばみ

・トイレの臭い

・たばこのヤニ

を落とす効果があります。

クエン酸を使ったお掃除方法

クエン酸水スプレーとして掃除に活用

クエン酸100ccにクエン酸小さじ1を加えて溶かします。

スプレーに入れておくと、便利です。

・洗面所やお風呂の鏡

・バスグッズ

・キッチン家電

・トイレの便器

などにスプレーし、しっかり拭き取りましょう。

汚れを落とすだけでなく消臭効果もあるので、トイレのお掃除にもぴったりです。

取れにくい水垢汚れを落とすには

水垢には、クエン酸スプレーをしただけでは落ちない頑固なものもあります。

そんな時は、クエン酸水をスプレーしキッチンペーパーを張り付けて、上からラップをかぶせておきましょう。

少し時間をおいてから、拭き取ると汚れが取れやすくなります。

スプレー液をとどめておくのが難しい場所にはこの方法がおすすめです。

洗濯で黄ばみや汚れ落としに

クエン酸は洗濯でも万能な力を発揮します。

洗濯の際にクエン酸を一緒に入れて洗うことで、洗濯物の黄ばみを落としてくれます。

また、部屋干しの時のイヤな臭いも防いでくれます。

さらに、洗濯物を柔らかくする効果もあります。

アレルギー持ちの人が、柔軟剤代わりに使うことも多いそうです。

環境にも優しい洗濯ができますね。

トイレの頑固な黄ばみ汚れそのまま使う

頑固なアルカリ性の便器汚れには、クエン酸の粉を振りかけて、ブラシでこすりましょう。

トイレの黄ばみ汚れ、臭いの原因になるアンモニアはアルカリ性ですので、クエン酸はとても効果的です。

普段の臭い消しに、クエン酸スプレーをシュッとひと吹きするのもおすすめです。

重曹とクエン酸の注意点について

重曹とクエン酸は、それぞれの注意点も全く違います。

【重曹の注意点】

・アルミには使えません。(変色するため)

・重曹には研磨作用があるので、漆を使った食器、宝飾品など、キズが気になるものには向きません。

【クエン酸の注意点】

・クエン酸は塩素系の洗剤と混ぜると有毒ガスが発生します。
トイレハイターなどの塩素系洗剤と混ざらないように要注意です。

・鉄製品は錆びてしまうので使用しないようにしましょう

・大理石を溶かしてしまうことがあります。

まとめ

重曹とクエン酸の特徴や使い分けについてまとめてみましたがいかがでしたか?

重曹とクエン酸、それぞれの特徴を知っておけば、いろんな場面の掃除に生かせますね!

汚れがスっと落ちる様はとっても楽しくて掃除もはかどりますよ!

年末の大掃除にも大活躍でしょう!

最近は、ドラッグストアや100均でも手軽に購入できますので、ぜひ試してみてください♪

 

スポンサードリンク