節分の意味や作法知っていますか?

2月の行事と言って思い浮かぶのが「節分」です。

ニュースなどで、鬼に粉した子供が泣き喚く子供の姿や、勇敢に立ち向かって必死に豆をぶつける子供達が毎年のように流されますね。

小さい頃から身近な行事ではありますが、豆まきの正しいやり方や意味をきちんと知っているかと言われたら、自信を持って答えれない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、以外と知らない、豆まきの正しいやり方や節分の由来などについてまとめてみます。

節分の由来や豆まきの理由とは?

節分はなぜ2月3日になったの?

節分とは元々、読んで字のごとく「季節を分ける」という意味です。

昔は季節の分かれ目の立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日を指していました。

しかし、江戸時代以降には立春である2月4日の前日、2月3日をを節分というようになったと言われます。

冬から春に季節が変わるこの時期は、新年を迎えるのと同じくらい大事な時期とされ一年の境としていたとも言われています。

なぜ豆まきをするの?

昔、季節の分かれ目は「邪気」が入りやすいと考えられていました。

邪気を追い払わなくては、次の農家の収穫は落ち込んでしまう、そういった農民たちの考えから、邪気を払うための”豆まき”が行われるようになりました。

穀物や果実には、邪気を払う霊力があると考えられていたため、大豆を使って豆まきを行っていた。

という事になります。

節分のマナー知ってますか?正しい豆まきの作法とは?

豆は炒ったものを使う

節分に撒く豆は、炒ったものをでなければならないのをご存知ですか?

生の豆を使うと、捨て忘れた豆から芽が出てしまって縁起がよくないとされるためです。

豆まきは夜に行う

正式には豆まきを行う時間は決まっていません。

保育園や学校などではお昼に行っていると思います。

ですが、鬼は夜にやってくるとされているため、豆まきは夜行うのが理想です。

玄関に焼嗅(やいかがし)をかざる

鬼が入ってくるのを防ぐために、、柊(ひいらぎ)の小枝に焼いた鰯(いわし)の頭を挿した、焼嗅(やいかがし)を玄関先に飾る。

これは行う人は少ないですが、正しいしきたりの一つです。

・柊の葉のとげが鬼の目を刺すので門口から鬼が入ることができない。

・鰯の臭いで鬼が近づかない

という意味合いがあります。

行う人は少ないようですが、正しいしきたりの一つです。

豆をまくの人は誰でも良いわけじゃない

豆を撒くのは、その家を預かる一家の主人の役目です。

または、その年の厄年の人がいる場合は、その人が撒くと良いと言われます。

掛け声をかけながら豆をまく

鬼を追い払うといっても、戸が閉まっていると鬼が外に出てくれません。

家の玄関や窓を開けて、「鬼は外!」と豆をまき、鬼が戻ってこないようにすぐに戸や窓を閉めます。

その後「福は内!」と部屋の中に豆を撒きます。

撒かれた豆を自分の数え年の分食べる

撒いた豆は、一年の厄除けを願いながら自分の年齢より1個多いく豆を食べます。(※数え年の分)

豆は食べると健康(まめ)になるという意味合いがあります。

正しい豆まきのやり方

節分の豆まきの由来や作法がわかると、豆まきを行う際の心構えが変わりますよね。

せっかくだから正しい方法で豆まきをやってみよう、と思った方も多いのではないでしょうか?

しかし、豆まきの方法は地域によって異なるようですが一般的な豆まきのやり方をご紹介します。

【豆まきの方法】

①玄関の内側から撒く

玄関の内から外に向かって「鬼はー外!」と言いながら3回撒きます。

豆を撒く人以外は、少し後ろで掛け声だけそかけましょう。

②各部屋の窓から撒く

次は、各部屋の窓から外へ玄関ろと同じ要領で3回豆を撒きます。

この時も、豆を撒く人以外は、少し後ろで掛け声をかけましょう。

③玄関の外側から撒く

玄関に戻って、玄関の外から家の中に向かって「福はー内!」と言いながら3回撒きます。

この時も、豆を撒く人以外は、少し後ろで掛け声をかけます。

④各部屋で撒く

部屋に撒く時は、部屋の入り口から部屋の中に向かって「福はー内!」と言いながら3回撒きます。

豆を撒く人以外は、少し後ろで掛け声をかけましょう。

⑤豆を食べる

豆まきが終わったら、自分の満年齢+1の数の豆を無言で静かに食べます。

茶碗に豆を入れ熱いお茶を注いで、お茶だけ飲んでもいいとされています。

数が多くて食べれないという方には、この方法がおすすめです。

⑥片づける

食べ終えたら、ほうきや掃除機などで、豆を片づけましょう。

豆まき後の片づけが簡単になる工夫

豆まきで一番厄介なのは終わった後の豆拾いですよね…

少しでも簡単に豆拾いができるおすすめの方法をご紹介します。

アパートやマンションの場合はベランダに投げる

マンション暮らしをしている家庭は共有スペースに撒くのは控えましょう。

後で掃除をする事も考えると、窓を開けてベランダの外から、内側に向かって豆まきをするのがおすすめです。

小分けにした大豆を投げる

いくつかの大豆を小袋などに入れた状態で豆まきをすれば、後片付けも簡単です。

地域によって殻付きの落花生を撒く地域もあるようです。

大豆よりは後片付けも簡単そうですね。

豆を拾うのも遊びの一貫にしてしまう

誰が一番多く大豆を拾えるか?といったゲームにしてしまいましょう。

子供は進んで豆拾いを手伝ってくれる可能性が高いですよ。

豆まきをする場所にビニールシートを敷いておく

あらかじめ、豆まきをする場所にビニールシートを敷いておけば、片付ける際にビニールシートごと豆を集められるので便利ですね。

まとめ

節分や豆まきの由来や方法についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

節分の、マナーや作法は今ではほとんど曖昧になっていますよね。

あまり作法にこだわらず、楽しくコミュニケーションの一つとして行うのもいいのかもしれませんね。

しかし、なんとなくやっていた豆まきも、正しい意味合いを知ると心構えも変わりますよね。

日本人なら、一度は正式な方法で行ってみたいものです。

機会があれば、是非行ってみてください^^

 

スポンサードリンク