その体調不良、ただの老化じゃないかも!

健康診断や検診は定期的に受けていますか?

30代になってから、20代の頃とは違う体調の不良や疲労に戸惑う女性も多いのではないでしょうか?

年齢を重ねるほど病気のリスクは高まります。

更に、30代の女性は公私共に忙しく、負担がかかりやすい時期でもあります。

体調の不良を、単なる老化と軽く考えていると、恐ろしい病気を見逃してしまうかもしれません。

30代女性がかかりやすい病気についてご紹介します。

30代女性が病気にかかりやすい理由

30代は最も忙しい時期だから

女性の30代は、何かと人生の転機になりやすい時期です。

・キャリアアップの為の資格取得

・責任ある仕事を任される

・転職

・結婚

・育児

など、アラサー女子は仕事もプライベートもとにかく忙しい人が多いのです!

仕事と家事の板挟みになることもありますね…

20代の頃までは、若さと気合で乗り切れたことでも、アラサーになると疲れが溜まってきたり、疲れが取れなかったり…

この溜まった疲れが、いろんな病気を招いてしまうのです。

ホルモンバランスが原因

女性ホルモンは20歳頃から分泌量が増え始め、30歳くらいでピークを迎えます。

ですが、現代の30代の女性は、日常生活の忙しさがピークになることです。

本来なら女性ホルモンが沢山分泌されるはずが、疲労やストレスが溜まりホルモンバランスを崩してしまいがちです。

それによって、人によっては更年期障害の様な症状が出てしまう事もあります。

若い頃の代償が現れる時期だから

30歳前後は、若い頃無茶してきた代償が現れてくる時期でもあります。

例えば、

・遊びや勉強で睡眠不足が続いていた

・食事制限による無理なダイエット

・偏った食生活

・限度を超えた飲酒

など、過去に無茶をした経験はありませんか?

一度ならまだしも、何度も繰り返していたり、今でも同じような生活を続けていると、体にはかなりの負担がかかっています。

若い頃は疲労の回復も早いので自覚症状が出ないことも多いですが、内臓や細胞へのダメージは確実に蓄積しているんですよ。

それが、30代になって表に出てくるというわけなんです。

30代女性がかかりやすい病気とは?

月経に関係する病気

ホルモンバランスが崩れやすい30代女性に多い病気は、月経に関連する病気です。

・生理不順

・過多月経

・無排卵月経

・排卵困難

・月経前症候群(PMS)

このような月経関連の病気が、ホルモンバランスの乱れによって起こりやすくなります。

また、この様な生理中の異常は病気のサインの場合があるので、婦人科で検査を受けたほうがいいかもしれません。

・生理痛が以前よりひどくなった

・レバー状のかたまりが増えた

・出欠量が極端に増えた(または減った)

子宮や卵巣に関連する病気

ホルモンバランスが乱れてくると、生理の周期に乱れが出るだけでなく、子宮や卵巣に関連する病気のリスクも高まってきます。

・子宮内膜症

・子宮筋腫

・乳がん

・子宮頸がん

・子宮体がん

場合によっては命に関わる病気が増えてくるのもちょっと不安なところです。

これらの病気は、初期だと自覚症状がないことも多く早めに気付くのが難しいので、定期的に健診を受けることが望ましいです。

若年性更年期障害(プレ更年期)

更年期障害は、通常は40代後半から50代前半くらいの女性に起こる症状ですが、現代ではホルモンバランスの乱れ方、低年齢化の傾向にあります。

「若年性更年期障害(プレ更年期)」と言われています。

症状としては通常の更年期障害と同じで、

・イライラする

・のぼせ

・疲労感

・立ちくらみ

・頭痛

・末端冷え性

など、起こりやすくなります。

30代で更年期のような症状が出てきたら、早めに婦人科に相談してみましょう。

自律神経失調症

仕事も私生活も忙しく、様々なストレスがたまりやすい年代でもあります。

・不眠または過眠

・イライラが増えた

・食欲がない、または過食気味

・ささいなことで不安になる

・冷えやのぼせ

・疲れやすい

・風邪などの病気にかかりやすくなる

などの、症状に悩まされている人は、自律神経のバランスが乱れているかもしれません。

放置していると”うつ病”になってしまうこともあるので注意しましょう。

疲れたら休む、これに限ります!

骨粗しょう症

骨粗しょう症は骨の中身がスカスカになって強度が落ち、簡単にヒビが入ったり折れたりしてしまう状態のことです。

女性は女性ホルモンの働きによってカルシウムを溜めにくく、男性よりも骨粗しょう症になりやすいと言われていて、患者の8割は女性だそうです。

特に、以下のような生活習慣がある方は注意が必要です。

・小食

・乳製品が嫌い

・あまり外出しない

骨密度を高くするにはカルシウムをはじめ、ビタミン・ミネラル類など摂ることが大事です。

また、カルシウムの吸収率を上げるにはビタミンDが不可欠です。

ビタミンDを生成するためには太陽の光を浴びることが必要なので、あまり外出しない人も骨粗しょう症になる可能性が高いです。

まとめ

30代女性がかかりやすい病気についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

30歳になると日々忙しさや体質の変化から、色々な症状が出やすくなります。

定期的に健診を受けるなどして、自分の体の状態を知っておくことが病気を未然に防ぐことにつながります。

忙しくストレスの多い日々を送る女性ほど病気にかかりやすくなるので、時間がないと先延ばしにせず、きちんと検診を受けましょう。

 

スポンサードリンク