年末の大掃除中途半端で終わってませんか?

そろそろ年末の大掃除が気になる時期になってきました。

家中きれいにして年を越したい、と思う気持ちはあるものの何かと忙しい年の瀬…。

思うように進まなかったり、時間が足りなく中途半端になったり、心残りのまま新年を迎えることもあるのではないでしょうか?

今回は、効率よく大掃除を進めるための手順やポイントを紹介します。

掃除の基本は手順にある!

大掃除を無駄なく手早く行うためには、手順が大事です。

不要なものは、大掃除前に片付けをする

大掃除をしている最、あれこれ要らないものが出てくる事ありますよね。

しかし、それとは別に、あらかじめ処分したいと思っている不要なものがある場合は、大掃除を始める前に処分しておきましょう。

不要物やゴミが増えすぎると、スペースをとり掃除の邪魔になります。

年末になるとゴミの回収スケジュールも普段と変わってくるため、年の瀬が押し迫る前に計画的に処分を進めておきましょう。

掃除は上から下へ行う

ほこりは、上から下へと落ちてくるものです。

”床を徹底的に掃除しよう”と頑張っていても、床掃除の後に棚や照明器具の掃除をすると、またホコリまみれになってしまいます。

そうならないために、掃除する順番は「高い位置から低い位置へ」を基本に行っていきましょう。

掃除は外から内へ行う

”上から下へ”の基本を紹介しましたが、横の軸で考えた場合、外から内に向かって掃除したほうが効率的です。

拭き掃除や掃除機などは、部屋の隅から始めて中央に向かって行います。

窓拭き掃除も同様で、「網戸→サッシ→窓枠→窓ガラス」と外側から掃除しましょう

一番汚れが目立つ窓ガラスがきれいに仕上がります。

大掃除をお効率よく進めるには”計画”が命!

今日はここを掃除しよう、と思いつきで大掃除を始めると、すべてが中途半端で終わってしまう可能性があります。

無計画で始めるのではなく、しっかり段取りを決めておきましょう。

手順1:掃除する場所を決める

大掃除をしたい場所を、実際に書き出してみましょう。

例えば

キッチン…冷蔵庫、レンジフード、シンク周り、シンク下

リビング…カーテン、AVラックの中

お風呂場…天井、壁

など。

普段は手が回らないけど、この機会に掃除したい箇所を、具体的にわかりやすく書いておきます。

終わった箇所からチェックしていくと、やり残しがなく達成感も感じられますよ。

手順2:スケジュールを立てる

手順2で書き出した掃除箇所をもとに、それぞれの作業量や時間を想定して、1日にできそうな事を配分します。

1日にあれもこれも・・・と計画しても、通常の家事に支障が出たり、身体に無理がかかることもあるので、ゆとりを持って計画することが大事です。

「今日はこれだけ!」と決めたら、それ以上は手をつけない。

それくらいの余裕を持ちましょう。

手順3:役割分担を決める

家族と暮らしている方は、家族で大掃除の分担をすればさらに効率的です。

大掃除ともなれば、家具の移動や粗大ゴミの処分など一人では作業が難しい力仕事もあるはずです。

しかし、当日突然に家族に頼んでも、都合が付かないかもしれません。

前もって「いつ、誰が、何をするのか」を決めておくと、スムーズです。

大掃除を最小限で済ませたい…そんなときは?

忙しい年末にまとまった時間が取れないという方はには必殺技があります。

それは”磨けば光る” ものを掃除すること。

ガラスや金属など磨けば光るものを掃除することで、部屋全体が明るい印象になります。

どうしても時間がない!そんな方は以下の3つのポイントを掃除してみてください。

照明器具の掃除をしよう!

照明器具のカバーには、ホコリやススがものすごく付着しています。

例えば、半年間掃除していないと汚れのせいで明るさが1~2割も低下するのだそうです。

大掃除の時しかキレイにしないという方も多いと思いますが、1年間放置いていたら本来の明るさからずいぶん暗くなっていると考えられますね。

照明器具の掃除は、まずカバーを外して中にたまったホコリやススを掃除機で吸い取ります。

その後、水拭きしてください。

汚れが固まって落ちにくい時は、スポンジに弱アルカリ性の洗剤または、重曹水をつけて洗うと取れやすいです。

照明カバーを掃除するだけで、部屋が明るい印象になります。

時間がない時は、リビングの照明カバーだけでも掃除すると、随分スッキリしますよ。

鏡や窓ガラスを掃除しよう!

視界に入りやすい窓ガラスだけでも拭いてみましょう。

中性か弱アルカリ性の住居用洗剤を使って磨きます。

ガラス用ワイパーなど、窓掃除用の道具を使うと拭き跡が残りにくく、短時間で掃除ができます。

洗面所やお風呂場などの鏡も、忘れないように!

時間がない時は、古新聞に水を含ませて磨くという方法もあります。

窓や鏡をきれいにすると、明るく清々しい空間に生まれ変わりますよ!

ステンレスなどの金属類を掃除しよう!

キッチンのシンクや蛇口部分、各部屋のドアノブなど、金属の部分を磨くことで、部屋全体が明るく感じられるようになります。

こうした場所をさっと拭くだけでも、手入れが行き届いた印象になります。

特にシンク周りは水垢で曇りがちなので、ぜひやっておきたいポイントです。

まとめ

大掃除の効率的な手順についてまとめてみました。

大掃除を効率的に行うには、ある程度割り切ることも必要です。

多少気になる汚れが残ったとしても、時間がかかるようなら深追いしないこと。

1カ所に固執しないで次に進むことも大切です。

少しずつ計画的に初めて、スッキリした気持ちで新年を迎えたいですね♪

 

 

スポンサードリンク