ちょっと待った!その症状インフルエンザかも!

毎年12月~3月にかけて、決まったように流行りだすインフルエンザ…。

「のどが痛い。風邪かな!?」

「でも、ひょっとしたら…」

と初期症状だと、ただの風邪なのか、インフルエンザなのか分からないときってありますよね。

風邪とインフルエンザって、どう違うのでしょうか?

インフルエンザと風邪との大きな違い

インフルエンザって何?

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスが喉や気管支、肺などに感染することによっておこる感染症です。

インフルエンザの症状は、

・高熱(38度以上)

・全身の痛み

・全身のだるさ

・寒気

・頭痛

・喉の痛み

こんな症状が突然襲ってきます。

インフルエンザは前兆がない

「鼻水が出るようになったな…」「微熱が続く」というような穏やかな体調の変化は風邪の可能性が高いです。

しかし、インフルエンザは前兆がなく突然症状が現れます。

風邪っぽい症状が起きているのを感じる間もなく、突然の高熱が出ます。

インフルエンザウイルスは感染力が強く速いスピードでするのが大きな特徴です。

インフルエンザの初期症状にはどんな特徴がある?

突然の寒気

全身が震えるような寒気に襲われます。

インフルエンザウイルスに感染した体は、ウイルスと戦うために熱を必要とします。

そのため体を震わせて体温を上げようとする症状です。

頭痛

インフルエンザウイルスが増殖を始めると、頭が重たく感じるようになります。

そして、インフルエンザの初期症状としてガンガン割れるような痛みが襲ってきます。

普段の頭痛となんだか違うな…?と感じたら、インフルエンザの初期症状かもしれません。

のどの痛み

のどの痛みは風邪の症状の代表的なものなので、インフルエンザの特徴的な症状ではありません。

インフルエンザは全身での症状がおこるので、のどの痛みは判断が難しいところです。

ですが、ウイルスは喉から感染することもあるので、普段と違った感じがあったらインフルエンザを疑った方がいいでしょう。

インフルエンザかも!?と思った時の対処方法

インフルエンザかも!?と思ったらすぐ病院に!と思いがちですが、実はインフルエンザの症状が出てすぐは、判断ができません。

ウイルスが十分に増えていない状態で検査しても陰性になってしまうことがあるためです。

また、タミフルなどのインフルエンザ薬は、発症後48時間以内に服用しないと効果が薄くなります。

なので、発熱などの症状が出て24時間たった後、受診するのが一番いいタイミングになります。

では、病院に行くまでにどう過ごしておくべきか、まとめてみます。

換気をする

窓を閉めっぱなしにすると、ウイルスが充満してしまいます。

時々換気をし空気を入れ替えましょう。

適度な湿度を保つ

乾燥した空気は、インフルエンザウイルスが過ごしやすい環境です。

室内は、加湿器を使ったり部屋に洗濯物を干すなどして、室内の湿度を50~60%に保ちましょう。

50~60%に保ちましょう。

水分をこまめに摂る

呼吸した際に体内に入るウイルスを減らすために、のどを潤しとくことが大事です。

また、熱発によってたくさん汗をかくにで、脱水を防ぐためにも水分はたくさんとりましょう。

マスクをする

インフルエンザウイルスを飛散させないように、マスクを着用しましょう。

また、呼吸の度に口の中やのどの潤いは逃げていきます。

呼吸による乾燥を防ぐ為にもマスクは必要です。

市販薬は使用しない

インフルエンザの時に出る高熱は、ウイルスと戦うために大切な熱です。

これを市販の鎮痛剤や解熱剤でむやみに下げてしまっては、体がウイルスと戦うことが出来なくなります。

また、インフルエンザ感染中に市販薬を服用すると、副作用が出ることもあります。

合併症など引き起こしてしまう恐れがあるので、市販薬は絶対に服用しないようにしてください。

体は温め、頭は冷やす

高熱で大量の汗をかきます。

体を冷やさないよう、体をふいたりこまめに着替えをしましょう。

頭痛は頭を冷やすことで和らぎます。

氷枕や冷感シートなどで、頭だけを冷やすようにしましょう。

安静にする

インフルエンザ感染中はとにかく寝るのが大事です。

高熱で辛く眠ることが出来ない時でも横になって目を閉じておくだけでも効果はありませう。

ウイルスと戦うため、体を休ませましょう。

まとめ

今回は、インフルエンザの初期症状や風邪との違いについてご紹介しました。

インフルエンザは、いくら予防していても感染してしまうこともあります。

もしかしたら…と思ったら無理せず、まず医療機関を受診しましょう。

とはいっても、インフルエンザにかからないことが一番ですよね。

日ごろから、手洗いうがい、インフルエンザ流行の時期にはマスク着用など予防しておくことも大切です。

 

 

スポンサードリンク