体の冷えは生姜で解消!

寒い季節になり、冷えに悩む人も増えてきていると思います。

身体の冷えに”生姜”を食べるといい言われていますよね。

生姜を取り入れた生活を送ることで、身体が温まり冷えも改善されてきます。

しかし、ただ生姜を食べればいいというわけではありません。

実は、生姜の食べ方によって効果・効能は様々で、食べ方によっては逆効果にも…。

冷え症対策の為にはどんな食べ方が効果的なのか?まとめてみました。

ただ食べればいいわけじゃない!生姜は食べ方で効果が変わる?

冷え症にいいといいわれる生姜ですが、実は食べ方次第では逆効果の場合もあるんです。

食べ方別に、生姜の効果・効能をご紹介します。

生姜を生で食べる場合の効果

生姜を生で食べる場合は、すりおろして薬味として使う事が多いと思います。

(うどん、そうめん、冷奴、馬刺しなど)

生の生姜には”ジンゲロール”という辛味成分がたくさん含まれています。

”ジンゲロール”は血行を促進したり、体の表面温度を上げる働きがあります。

また、体内の温度を下げる効果もあるので、風邪の引きはじめや悪寒がする場合など、生姜を生で食べると効果的なんです。

ただ、風邪でなく冷え性の人は冷えが悪化してしまうので生で食べることはおすすめできません。

また、生の生姜を食べ過ぎると腹痛や下痢、皮膚の炎症、流産などの危険性があります。

生の生姜は、薬味として少し食べるくらいがちょうどいいですね。

生姜を加熱して食べる場合の効果

生の生姜に含まれる”ジンゲロール”は、加熱をさせると”ショウガオール”という辛味成分に変わります。

この”ショウガオール”代謝を上げる効果があります。

代謝を上げて、身体を温めてくれます。

生姜を乾燥させて食べる場合の効果

乾燥生姜に含まれる成分が、血行を促進させ体をじっくりと芯から温めてくれます。

手足の先もぽかぽかになるので、特に末端冷え症の人にも効果抜群です。

また、数時間の温め効果もあるので、冷え症対策にはうってつけです。

乾燥生姜は日持ちもしますし、寒い時期は家に保管しておくのもいいですね。

冷え性対策に効果的なのは”乾燥生姜”

先に生姜の効果についてご紹介しましたが、冷え性対策として摂るに”乾燥生姜”が一番効果的です。

スーパーなどで購入してもいいですが、自分で作ることも出来るんですよ。

乾燥生姜の作り方

①生姜を皮のままスライサーで薄切りにする。

②キッチンペーパーでしっかり水気を摂る。

③耐熱の皿の上に重ならないように並べる。

④100度のオーブンで50分熱します。

⑤カリカリになったら出来上がり!

カリカリにならなかったら、少し時間を長くしてください。

他の作り方としては、

レンジ(600W)で8~9分ほど。

天日干しで、1~2日でも作れます。

乾燥生姜の効果が一番実感できるタイミング

生姜の効果は、一日のうちで朝が一番実感できます。

生姜の効果は食後3時間ほど続きます。

朝から摂取することで、昼間の新陳代謝が活発な時間に最大限に燃焼効果が発揮できます。

乾燥生姜の上手な取り入れ方

乾燥生姜を、ミルやミキサーでパウダー状にしておくと便利ですよ!

粉末の乾燥生姜を、紅茶、ココア、味噌汁やスープなどに入れていただくと、手軽ですし長続きしやすいです。

特にココアは冷え症にいいといわれているので、ココア×生姜の組み合わせは抜群にいいんです。

乾燥生姜は生の生姜に比べ風味が格段に落ちるので薬味としては物足りませんが、飲み物に入れるには最適ですよ!

作り置きができるので、多めに作って保存しておくといいですね。

生姜はどれくらいとったらいい?

生姜は効果が高い食べ物である分、体への刺激が強くなります。

目安として、1日5~10g程度にしておきましょう。

生姜を摂りすぎると、胃腸の表面を荒らして腹痛や肌荒れの原因になります。

乾燥生姜なら小さじ一杯程度が適量です。

毎日少しづつ摂取し、食べ過ぎには気をつけましょう。

冷え症対策だけじゃない!生姜の嬉しい効果

ご紹介したように、生姜は冷え症対策に効果抜群!

だけど、効果はそれだけではありません。

体があたたまると、血液の流れが良くなります。

その結果、こんなうれしい効果もあるんです。

・免疫機能が活発になる

・代謝を高める

・病気になりにくい

・ダイエット効果

・太りにくい体になる

・消化促進

・殺菌作用

・咳止め

など…

嬉しいことだらけです!

生姜は漢方にも使われているほどですから、効果はお墨付きですね。

まとめ

生姜を使った冷え性対策についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

身体が冷えると免疫力が下がって病気にかかりやすかったり、痩せにくかったり、いいことはありません。

本来なら、運動などして血流をよくして改善していくのが一番ですが、なかなか続かなかったり、そんな時間が取れない人も多いでしょう。

そんな時は、ぜひ乾燥生姜がを活用してみてください。

冷え症じゃなくても、身体を芯から温めることは健康な身体作りにつながります。

生姜を日常に取り入れて丈夫な体を目指しましょう♪

 

 

スポンサードリンク