大量のみかんを腐らせてませんか?

みかんが美味しい季節ですね♪

みかんは箱買いしたり、大量にもらうことも多いですよね。

しかし、油断してたらいつの間にか傷んで腐ってしまったり、カビが発生していたり…

なんて経験は、ほとんどの方が経験しているのではないでしょうか?

意外と長持ちせずお困りの人も多いはず。

ミカン農家である実家の父に、ミカンを長持ちさせる方法を伝授してもらいました。

最後まで腐らせない!みかんが長持ちする方法

みかんは上手に保管できれば、常温で2~3週間美味しい状態が保てます。

まず、みかんの傷みをチェックする

腐ったみかんが1つでもあると、まわりのすぐに腐っってしまいます。

まずは、傷んだみかんを取り除くことが大事です。

みかんを一つ一つ箱から取り出して、傷みんでいるみかんがないかチェックします。

傷んだり腐っているみかんは取り除いておきましょう。

この時、段ボールやミカンが濡れていたらしっかり乾かしておきましょう。

また、キズが入っているみかんは傷みが早いので別にしておいて早めに食べちゃいましょう。

通気性のいいカゴに保管する

みかんを長持ちさせるには、通気性をよくするのが一番です。

保管するには、スーパーの買い物かごのような風の通る入れ物に保管しましょう。

カゴがない場合は、段ボールの下に新聞紙をひいて、箱の側面に小さな穴をあけておきます。

新聞紙が湿気を吸って、通気性もアップしてくれますよ。

ヘタは下にして保管する

カゴや段ボールに入れる際は、ヘタの部分を下にして入れます。

みかんは圧力がかかっている部分から傷んでいきますので、硬いヘタの部分を下にする方が圧力がかからず傷みにくいんです。

1列並べたら上に新聞紙を置き、またみかんを1列並べて新聞紙、というように1段1段あいだに新聞紙を挟むと、より傷みにくくなります。

風通しのいい場所に保管する

みかんの保管場所で重要なのは、「涼しく通気性が良い場所」です。

暖房ガンガンのお部屋や日の当たる場所はNGですよ!

暖房を使ってない廊下や玄関などがおすすめです。

みかんを冷蔵庫で保存する方法

冬でも温かい地方や温かい時期にみかんを買った場合、冷蔵庫で保管すれえば長持ちさせることが出来ます。

みかんを冷蔵する場合は乾燥に注意!

冷蔵庫は低温に保たれていて、カビの心配がありませんので、長期保存には向いています。

その半面、乾燥しやすい空間です。

みかんは乾燥に弱いので冷蔵庫で保存する場合は、

・新聞紙、キッチンペーパーで1つ1つ包んで保存する。

・ビニール袋に入れて保存する。

・ラップに包んで保存する。

など、乾燥対策をしましょう。

冷蔵保存するとどれくらいもつ?

冷蔵保存で1ヵ月程度持つので、冷蔵庫での保管はおすすめです。

ただ、冷蔵庫に余裕がある場合に限られますね^^;

みかんを冷凍保存する方法

みかんをもっと長持ちさせたい場合は、冷凍保存がおすすめです。

おすすめの冷凍方法は2つあります。

みかんを皮のまま冷凍する方法

①皮付きのまま軽く水に濡らして金属トレイに並べて急速冷凍します。

②表面が白く凍ったら、もう一度水で濡らして再び冷凍します。

③ジップロックに入れて、できるだけ空気を抜いて保存します。

表面を濡らして凍らせることっで乾燥を防ぐことが出来ます。

みかんの皮を剥いて冷凍する方法

皮を剥き、軽く水洗いしたあと一つ一つラップに包んで冷凍させます。

ひと手間手間をかけれるなら、ひと房ずつ分けた状態で冷凍しましょう。

そうすることで、食べる時に分ける手間がなくかなり楽です♪

冷凍ミカンの食べ方

冷凍みかんを食べる際は、自然解凍させましょう。

完全に解凍させてもおいしいですが、個人的には半解凍くらいになった状態が好きです。

シャーベットみたいで美味しいですよ♪

みかんを冷蔵保存するとどれくらいもつ?

冷凍したみかんは、3ヵ月くらいは美味しくいただけます。

それ以上経っても少し味は落ちますが、6ヵ月ほどは大丈夫ですよ!

新鮮なみかんを選ぶポイント

たくさんのみかんを長持ちさせるためには、購入するとき新鮮なミカンを選ぶことが大事です。

私も小さいころから収穫したてのみかんを見てきましたが、採れたての新鮮なミカンは、皮に水分や油分があります。

みかんは「皮にハリ・艶があるもの」を選びましょう。

また表面にキズがあるとそこから傷んでくるので、キズがないかもチェックです!

まとめ

みかんを長持ちさせる方法についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

長持ちさせるにはひと手間かかりますが、せっかく買った(もらった)みかんですから最後まで美味しくいただきましょう♪

 

 

スポンサードリンク