冬を快適に過ごすには湿度が重要!

寒い冬は大嫌いです。

そして、寒いだけじゃなく『乾燥』までしてしまうので、更に嫌いです。

30代にもなると、乾燥は大敵!

冬をいかに快適に過ごすかって、寒さ対策はもちろんですが、乾燥対策もかなり重要になってきます。

冬を快適に過ごせる、湿度や加湿方法についてまとめてみました。

冬を快適に過ごせる為の湿度や室温

快適な室内での湿度・温度はどれくらい?

冬の室内での適切な湿度は、40~60%。

温度は18~20℃といわれます。

最近は、高気密高断熱住宅が増えて室温は保ちやすくなってきましたが、その反面乾燥しやすくなっているようです。

湿度40%以下になると…

湿度が40%以下になると、お肌や喉、目などに乾燥を感じるようになります。

それだけでなく、インフルエンザウイルスが活発になってしまいます。

更に35%を切ると、静電気が起こりやすくなります。

静電気は髪の毛のキューティクルに悪影響を与えます。

美容の為にも、健康の為にも、乾燥はなんとか回避したいものですね。

湿度60%以上になると…

逆に、60%以上になるとダニやカビにとって過ごしやすい環境になります。

カビにより、喘息やアレルギーが悪化して、不眠の原因にもなります。

乾燥しているからといって、やみくもに加湿するのも危険という事になりますね。

高くもない低くもない理想のゾーンって、結構幅が狭いんですね…。

湿度計はどこに置いた方がいい?

部屋の窓辺やドア近くなど、湿度の影響を受けやすい場所以外は、室内の湿度自体はほとんど変わりません。

しかし、上下の湿度差は出てきます。

湿度計を設置する場所で最適なのは、

・窓やドア付近を避けた壁

・座った時に腰の位置に来るくらいの高さ(床上50~80cm程)

です。

乾燥を気にする割には、家に湿度計がない方も多いと思います。

そこまでシビアになる必要はありませんが、家に一つ置いておいて気になる時にはチェック出来るといいですね。

加湿器がなくても湿度を上げる方法

特定のシーズンしか使わないアイテムなので、出来れば頼らず加湿出来る方が一番いいですよね。

そこで、加湿器を使わず部屋の湿度を上げる技をご紹介します。

やかんを沸かす

手早く加湿するなら、やかんがおすすめです。

暖房にストーブを使っているお宅なら、やかんをかけておけばOK!

上記で室内が加湿され、更にお湯も沸かせて一石二鳥です。

ストーブがない家庭は、お湯を沸かす時だけでも部屋で電気ケトルを使用してみましょう。

濡れタオルを干す

濡れタオルをハンガーに下げておくだけで、室内の湿度が上がります。

洗濯ものを部屋干しするものイイですね。

ただ洗濯ものの量によっては、加湿し過ぎてしまう場合もあるので気をつけましょう。

カーテンに霧吹きをする

カーテンに霧吹きをすると、手軽に加湿器になります。

霧吹き過ぎると、カビの原因になるので気をつけましょう。

室内に観葉植物を置く

植物には保温加湿の作用があり、「天然の加湿器」とも言われます。

植物は動けない分、自分でこまめに周囲の環境を調整するのだそうです。

加湿に適した植物を探さなくても、一般的に「観葉植物」といわれるもので大丈夫!

植物には空気清浄作用もあるので是非置いておきたいアイテムですね。

マスクをする

お部屋全体じゃなく、ピンポイントな加湿ならマスクがおすすめです。

顔の周りが保護出来るので、風邪予防や顔の乾燥予防にもなります。

外出時など乾燥する環境だった場合に備えて、1枚バッグにひそませておくといいですね。

部屋の湿度を下げる方法

乾燥とは逆に、湿度が上がり過ぎてしまった場合には除湿してあげましょう。

もちろん除湿機で人工的に湿度を下げるのが手っ取り早いですね。

でも案外除湿機って持ってる人少ないです。

頻繁に登場するものでもないので、わざわざ買うのも…

という人の為に、除湿機に頼らない除湿テクニックをご紹介します。

窓を開けて換気をする

晴れた日は窓を開けて部屋に風を通してあげましょう。

部屋の玄関と窓など、空気の入り口と出口でを開けて風が通る道を作ってあげることが大事です。

時間がない場合でも、5~10分程度でも窓を開けておくだけでも、だいぶ違います。

実は雨の日でも(雨が降り込まなければ)換気をしてあげることで、室内の空気がスッキリします。

エアコンの除湿機能を使う

除湿機がなくても、エアコンがある家庭は多いと思います。

エアコンの除湿機能は部屋の空気を吸い込んで、空気中の水分を室外に排出してくれます。

冬は部屋が冷えすぎないように注意しましょう。

新聞紙をひく

湿度が高い時は部屋に新聞紙を置いたり、敷いておくと湿度が下がります。

ただ、見栄えとしては新聞紙だらけになるので、抵抗がある人も多いかもしれませんが…

見た目を気にしなければ、手軽で有効な手段ではあります。

まとめ

冬を快適に過ごせる湿度や加湿方法についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

特別な機械がなくても、手軽に湿度調整が出来ます。

美容の為にも、体の為にも、適正な湿度に保って快適に過ごしましょう♪

 

 

スポンサードリンク