白湯活はじめてみませんか?

白湯は、乳幼児や体の弱い人にいいといわれていましたが、最近ではダイエットや健康にもいいと話題で、白湯を習慣にする女性が増えています。

白湯にはどんな効果があるのか?どんなタイミングで飲んだらいいのか?

白湯についてまとめてみました。

ただのお湯じゃない!白湯についてのあれこれ

白湯ってなに?

白湯は、水を沸かして冷ましたものです。

いったん沸騰させることでカルキなどの不純物が取り除かれて、口当たりも柔らかく飲みやすくなります。

白湯の作り方

①水を火にかけて、10~15分ほど沸騰させ続けます。

②沸騰後は室温で50度くらいまで冷ます。

【ポイント】

10~15分加熱し続けることが大事です。

長く加熱することで不純物がとんで、体に優しい白湯になります。

白湯を飲む目安の量

白湯を飲む量は1回150~200mlが目安です。

それを1日1リットル程度飲むのが理想です。

あくまでも目安ですので、自分に合った分量でいただきましょう。

無理して飲む必要はありません。

白湯の魅力的な効果やメリット

白湯を飲むことで女性に嬉しい色んな効果やメリットがあります。

ダイエット効果

白湯を飲むことで血流が良くなり、脂肪が燃焼されやすくなります。

白湯を習慣化することで、太りにくい体質になります。

冷え対策になる

日ごろから、コーヒーや緑茶などのカフェインが含まれたものを飲んでいる人は、体が冷えやすくなります。

カフェイン飲料を白湯に変えることで冷え解消が期待できます。

むくみが解消できる

体内の水分が少なくなることで、身体に水を貯えるためにむくむことがあります。

なので、身体に必要な水分を積極的に摂ってあげることがむくみの解消につながります。

手足や顔のむくみが気になる人は、白湯をのむ事を習慣化してみましょう。

便秘が改善できる

水分摂取を習慣づけることは、腸内環境をよくしてくれる効果があります。

便秘気味の人は水分不足が原因の場合も多い為、水分は積極的に摂るようにしましょう。

身体を冷やさないために、白湯を飲むのがぴったりです。

特に冬は水分の摂取量が激減しますので、意識的に増やしていきましょう。

肌トラブルが減る

肌がキレイな人は腸がキレイな証拠です。

白湯には腸の働きを促進する効果や、腸の毒素を浄化する働きがあるので美肌にも期待ができます。

免疫力がアップする

白湯を飲むと、身体が温まり体温が上がります。

体温が上がることで全身の機能が活性化し新陳代謝や免疫力のアップにつながります。

人間は体温が1度下がっただけで、免疫力が数十パーセントも下がるそうです。

よく風邪をひく人は免疫力が低い証拠なので、白湯飲むことを習慣づけるといいですね

費用がかからない

他のドリンクは多少なりとも、お金はかかってしまいます。

しかし白湯なら、水道代と光熱費だけなので節約の意味でもかなり優秀な飲み物です。

白湯を飲む効果的なタイミング

白湯の効果を最大限に発揮するには飲むタイミングも重要です。

朝起きたら飲む

白湯は朝の起き抜けに飲むのが一番効果的だと言われています。

朝一番は内臓の機能も弱まっているので、一杯の白湯を飲むことで内臓が活性化し消化器官が元気になります。

また、寝ている時に大量の汗をかくので水分補給の効果もあります。

起床後15分以内にゆっくり飲むことがおすすめです。

朝に白湯を飲んで身体が温まってきたら朝食を摂るようにしましょう。

あまりに熱かったり、大量に飲むと胃に負担がかかるので、ゆっくりと一杯だけ飲むようにしましょう。

就寝前に飲む

夜なかなか眠れないという場合は、夜に飲んでみてください。

白湯には身体を温めリラックスさせる効果があるので、内臓が温まり眠りやすくなります。

不眠症や冷えで寝れないという方には、夜の白湯がおすすめです。

食事前や食事中に飲む

食事の際にも150mlほどの白湯を飲むことで、消化吸収をサポートしてくれます。

トイレに行くたびに飲む

失った水分をすぐ補給する為に、トイレに行くたびに白湯を飲むのもおすすめです。

可能なら1日1リットル飲む

一度に飲む量はコップ1杯程度(150~200ml)が適量です。

これを一日に1リットル程度飲むと、デトックス効果が高くなります。

ただ、無理は禁物なので体調に合わせて調整しましょう。

まとめ

白湯の飲み方や効果についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

水を沸かしただけの白湯にこんな効果があるなんて、驚きですよね!

モデルさんや女優さんがこぞって飲んでいるのも納得な効果です。

特別な材料もなく、すぐ始められるのも魅力ですよね♪

あなたも、まず寝起きの1杯から始めてみませんか?

 

 

スポンサードリンク