美味しいだけじゃない!黒糖は栄養素たっぷり

最近は黒糖や黒蜜を使ったスイーツが人気ですね。

砂糖なので太る…

そんなイメージを持った人も多いと思いますが、実は多くの栄養素を含んでいて美容効果もあるんですよ。

そんな人気上昇中の黒糖の効果をご紹介します。

黒砂糖の美肌への効果

アトピー性皮膚炎などのアレルギーを改善してくれる

黒砂糖に含まれている天然のオリゴ糖には、体の免疫力を高める効果があるためアレルギーに対抗する力を備えることができます。

乾燥を防いで肌に潤いを与えてくれる

黒砂糖はビタミンやミネラルが豊富なため、肌の潤いをしっかりとキープしてくれます。

シミやシワなどを予防してくれる

黒糖に含まれるミネラルには抗酸化作用が含まれているため、肌の老化を遅らせる働きがあります。

肌を白くしてくれる

黒糖に含まれる黒糖オリゴはメラニンを生成する酵素を阻害してくれます。

そのためため、シミやソバカス、色素沈着にも効果が期待できます。

黒糖の上手な取り入れ方

栄養素がたくさんの黒糖を食べる方法としてはアイディア次第で無限大です。

こんな食べ方が手軽でおすすめです。

お菓子としてそのまま食べる

固形のものは、ポリポリそのまま食べてもおいしいです。

飴玉みたいな感覚で手軽に摂取できますよ。

お菓子作りの砂糖代わりに

お菓子作りで使う砂糖を黒糖に変えてみましょう。

クッキー、ケーキ、パンケーキなど黒糖風味のスイーツが出来上がります。

お湯で溶いて黒蜜を作ってもいろいろ使えますね。

料理に使う

煮物を作る際の砂糖を、黒糖に変えてみましょう。

普通の砂糖で作るよりもコクが出て美味しいですよ。

パンに塗って食べる

粉末になってる黒糖ならパンに塗って食べるとおいしいですよ。

おすすめは、マーガリンを塗った上から黒糖をパラパラと振りかけて食べる方法です。

ちょっとカロリーは高くなるので、おいしいからと言って食べ過ぎは注意です。

黒砂糖を肌に塗る方法

黒糖は食べるだけでなく、肌に塗っても美肌効果を発揮してくれます。

黒砂糖と水でカンタンパック

黒砂糖と水を1:1の割合で鍋に入れ、とろみがでるまで弱火で煮込みます。

そしてそれを冷まして、肌の上にのせ5分ほど置いたあと、水で流しましょう。

シミが気になる方や美白をしたい方にオススメのパック方法です。

【ポイント】

※電子レンジでチンしてもOKです。

※水の代わりに日本酒や泡盛を使ってもいいそうです。

黒糖でスクラブパックする方法

黒砂糖にハチミツを混ぜてパックを作ります。

鼻の上など毛穴の汚れが気になるとこに塗ってクルクルと優しくマッサージしましょう。

5分ほど置いたら、水で洗い流します。

普段の化粧品に混ぜて使う方法

黒糖500g+水1リットルを鍋でコトコトに詰めます。

全体的にとろみがついたらOKです。

これを洗顔料や化粧水など普段使っている化粧品と混ぜて使うだけ!

感想がひどいときは、大目に使うのがおすすめです。

市販のパックと併用する方法

必要なのは先ほど紹介した黒糖の液と、市販のパックです。

洗顔後の清潔な顔に黒糖液を顔に伸ばします。(スプーン1/3くらい)

その上から市販のパックを置いて待ちます。

パック後は水で流して完了です。

市販のパックをするだけの時より、しっとりモチっとした肌になります。

髪のトリートメント剤としての使い方

黒糖はお肌だけでなく髪にも美容効果を発揮してくれます。

肌の乾燥が気になる季節は、髪の毛の感想も気になりますよね。

そんなときは髪にも黒糖を使ってみてください。

コンディショナーまで終わった後の髪に、先ほどの黒糖を馴染ませます。

少し待って洗い流すだけです。

待っている間に、タオルなどで頭全体を覆ってあげるとさらに効果的ですよ。

しっとりサラッとした髪のに仕上がります♪

効果的な黒糖の選び方

黒糖はスーパーなどでも購入することができますよね。

手軽に手に入る黒糖ですが、買うときは原材料をチェックしましょう。

黒糖の中には黒砂糖(さとうきび)100%のものもあれば、黒砂糖以外に糖蜜やショ糖などが含まれているものもあります。

スーパーなどで売られている黒糖は、黒糖以外の糖類が含まれているものが多い気がします。

黒砂糖の美容効果を最大限にするために、黒砂糖100%のものを選びましょう。

まとめ

黒糖の美容効果についてまとめてみましたがいかがでしたか?

食べて美味しい黒糖に、そんな美容効果があるなんて驚きですよね!

黒糖は家にストックしておくと、食べるだけでなく化粧品としても役立つ便利な食材です。

食べてもよし、塗ってもよしな黒糖をうまく使って、美肌を保ちましょう♪

 

 

スポンサードリンク