披露宴の服装に困った!秋はどんな服を選ぶべき?

秋になると、結婚式にお呼ばれする機会も増えてくると思います。

秋の結婚式にお呼ばれした時、服装に迷いませんか?

夏のままの服装ではちょっと寒いし、かといってコートを着ていくほどでもない。

パーティーの服装を選ぶのには一番難しい季節かもしれません。

今回は、秋の披露宴に相応しい服装の選び方やマナーについてまとめてみました。

秋らしさはカラーで決まる!秋の披露宴にオススメのドレスの色は?

秋にはブルーなどの爽やかな寒色系のカラーは、少し寒々しい印象になります。

深みのある”暖色系”の服がおすすめです。

秋にピッタリのカラーをご紹介します。

定番のネイビー

結婚式の服装では定番ともいえる「ネイビー」。

秋のシーズンは特に人気の色です。

ネイビーは誰にでも似合いやすく、着やせ効果もあります。

しかし、人とかぶりやすいのが欠点です^^;

アクセサリーや小物などで、他と差を付けてみましょう。

ベージュやブラウン系

ベージュやブラウン系のカラーなら、秋らしく上品でシックな印象を与えてくれます。

特に、ジャンパンゴールドやベージュは、シックで落ち着いた印象の中にも華やかさがあり素敵にコーディネート出来ますよ。

ボルドーなどのレッド系

ボルドーなどの赤系のカラーはまさに”暖色”ですね。

シックな雰囲気と華やかさがちょうどよく混ざった、秋ならではの上品華やかカラーです。

ブラウン系よりも、女性らしい印象になります。

グリーン系

秋のパーティーは明るいグリーンとは違った、深いグリーンがお勧めです。

明るいグリーンを選んでしまうと、少し秋らしい印象からズレてしまうので注意しましょう。

少し青みの入ったで、ダークなグリーンが秋らしくシックで素敵です。

クールな大人女子という印象のカラーです。

マスタードカラーのドレス

落ち着いた秋のカラーの中でも、ちょっと明るい印象のカラーです。

定番のブラックとの相性がいいので、秋の披露宴や及ばれなどには活躍すること間違いなしです。

コーディネートで差をつけよう♪秋のコーデポイントは?

秋のパーティーは、羽ものが便利!

過ごしやすい気候の秋ですが、披露宴にノースリーブのドレスを1枚で着るのはNGです。

肩を隠すために何か羽織らなければなりません。

ボレロ、ショール、などありますが、最近人気なの七分袖のジャケットです。

秋でも寒くなく、結婚式らしいきちんと感も出せます。

ボタンにビジューがついていたり、襟にフリルがあったりオシャレなデザインのものも多いので、かたすぎずパーティーらしい雰囲気が出せますよ。

秋はドレスの素材に注意して!

春や夏にふさわしい「シフォン系の軽やかドレス」は、秋冬にはちょっと寒々しい印象を与えてしまいます。

秋には、シルクやサテン、ベロアなどがベターです。

特にベロアのドレスは上品さやエレガントさが増すのでおすすめですよ。

メイクや小物で秋らしく演出!

秋らしいカラーのメイクにしてみたり、髪を秋のカラーに染めてみたり、落ち着いたイメージにしてみましょう。

ネイルを秋色にするのもおすすめです。

もっと秋らしさを出すなら「小物」で演出するのもいいですね。

髪飾りを、ゴールド系のシュシュや髪飾りにしてみたり、暖色のドレスカラーにあわせてみるのもオシャレです。

披露宴ファッションでこれはNG!

ファー素材の羽織は避けるべき

ファーの羽織りは少し前に流行りましたよね。

ゴージャスで、防寒性もあって、ふわふわ可愛いファーはつい選んでしまいますよね

しかし、ファーは動物の殺生を連想させるので結婚式で好ましくありません。

当時、なぜ流行ったのかは謎ですが…。

ゴージャスで秋らしい雰囲気を出したいときは、ボリュームのあるストールがオススメです。

暖かく、見た目もふんわりとしたフォルムで、ファーのようにゴージャスに見えます。

カジュアル素材の上着はNG

コットンなどのカジュアルな素材は結婚式には好ましくありません。

結婚式での服装では、シフォンやシルク素材のものを選舞踊にしましょう。

光沢があってエレガントで女性らしさも際立ちますよ!

全身白のコーディネートはNG

白は花嫁さんのカラーなので、タブーです。

ベージュやシルバーなども全身が白っぽく見えるので避けた方がいいです。

濃い色のバッグや靴などを合わせて、全身白になることを避けると大丈夫です。

しかし、披露宴の時は出来るだけ白は避けましょう。

全身黒っぽくなってもダメ!

全身黒っぽくなると「喪服」をイメージさせるので、結婚式ではNGです。

黒のドレスを着る際は明るい色の羽織やバッグ、靴などを合わせましょう。

ブーツはNG

秋になるとブーツを履きたくなりますが、結婚式のお呼ばれにはNGです。

ヒールが5cm以上のパンプスが基本です。

スエードやエナメル素材のものを選ぶと上品ですね。

しかし、パンプスでも、つま先の見えるオープントゥのサンダルはふさわしくありません。

黒いタイツはNG

お呼ばれではベージュのストッキングが定番です。

秋も深まってくると足元が寒くなってきますが、黒タイツを履くのはNGです。

基本的には、ベージュのストッキングです。

また黒ストッキングでも、ラメや模様が入ったパーティー用の黒ストッキングはOKです。

ちなみにネイビーのドレスに黒ストッキングが合いやすいので、コーディネートしてみると秋らしくなりますよ。

まとめ

秋のお呼ばれの服装についてまとめてみました。

秋は、夏の明るい開放的なイメージからシックなイメージに変えることが大事ですね。

せっかくお呼ばれして華やかな場に行くのですから、魅力を最大限引き出せるようコーディネートしてみましょう♪

 

 

スポンサードリンク